思考は現実化するの要約、まとめ、ビジョン、イメージングの力を活用せよ

 

こんにちは、つっちーです。

今日は
「思考は現実化するの要約、まとめ、ビジョン、イメージングの力を活用せよ」
というタイトルにてお話していきます。

よろしくお願いします。

「思考は現実化する」の117ページの言葉を紹介します。

マルコーニは、目に見えない電波の力の利用に自分の夢を賭けた。
そして今日のラジオやテレビが生まれたのである。
 
しかし、電線を使う事なく空中に電波を飛ばし通信する事をマルコーニが発表したとき、
友人たちが彼を精神病院に連れて行ったという笑い話もある。
 
注意深く観察すれば、今日の私たちの周りには、
発明のチャンスが昔以上に、いたる所にある事がわかるはずである。
 
※出典「思考は現実化する 117ページ」(きこ書房)

 

ナポレオン ヒル きこ書房 1999-04-01
売り上げランキング : 2167

by ヨメレバ

という言葉になります。

◆マルコーニって何をした人なの?

このマルコーニという人物が、
無線を開発、発明した状況があります。
世界ではじめて、海を越えた無線通信の実験を
成功させて人なんです。

マルコーニって、
日本人にはなかなか馴染みがない名前だと思うんですが、
実は日本がロシアと戦争した日露戦争の時に、
日本側は、このマルコーニが作った無線を
仕様しているんです。

また、「タイタニック号」と言えば、
映画で有名になりましたから、
すごく知ってる人も多いと思うんですが、
タイタニック号が遭難した時に、
あの船にはマルコーニ社の社員が乗っていて、
その遭難の時の信号を無線で出したという、
そういったエピソードもあるんです。

◆ビジョン、イメージングの力を強く持ち、周りに引っ張られるな

 
今回紹介した話は、
僕すごく好きなんですけれども、
なんでかって言うと、
無線っていうのをマルコーニがイメージして、
ビジョンとして持っていた。
だから成功出来て、
無線っていう技術が確立できた訳ですが、
周りの友達は、
彼がおかしくなってしまったんじゃないかという事で、
精神病院に連れていった訳です。

これって色々な事に当てはまるというか、
僕ら普段生活している中でも、
何か自分が夢を追ったりとか、
高い目標掲げて頑張ろうとしてる時って、
必ず周りから笑われたりとか、
「お前頭おかしいんじゃねーの?」とか、
「いやいやいや、そんなん出来る訳ないだろ」みたいな、
そんな事言われる事って非常に多いですよね。

そういった意見とか、
行為に引っ張られてしまって、
「やっぱりそうだよね・・・」とか言って、
やめてしまう事が非常に多い。

人間って元々、
そういった自分の身の回りの人を、
自分の近くに置いておきたい、
っていう性質があるので、
だから無意識に足を引っ張る事を
しちゃうんですね。

だから自分が何か夢を持ったりとか、
頑張ったりとかして、
高い目標掲げてそこに進もうとしても、
周りの人っていうのは、
悪気はないんですけど、
足を引っ張る事になってしまう。

実は心配しているつもりでも、
結果的にそうなってしまう行動をとる。

だからそういった意見に引っ張られないぐらい、
自分のビジョンの力とか、イメージングの力、
そういうのを使う事が大事だよ、
って事を伝えたいんですね。

◆人間は自分が聞きたくない情報は遮断してしまう

僕も最初せどりやる時、
派遣社員で勤めてたんですけれども、
自分で家電量販店とか行って、
商品仕入れて売るとかいっても、
全然誰も信じない訳ですよね。

しかも、ちゃんと売り上げが上がってて、
その数字を友達とか、同僚とかに見せたとしても、
全然信じてくれないし、
「いや、そんなの今だけでしょ上手くいってるの・・・」とか、
「そんな事より派遣社員から正社員にステップアップする。
そういった方向目指した方がいいんじゃないの?」とか、
色々言われたりした訳です。

ていうのも、何でかって言うと、
伝えた同僚たちは、
悪気があってそういうふうに言ってる訳じゃなくて、
もしそれが事実で、
1ヶ月で200万の月商を達成してしまって、
利益も40万ぐらいあがってる。

っていう僕の状況を認めてしまったら、
今までの自分の価値観とか、
概念っていうのが変わってしまう。

今まで自分が頑張ってサラリーマンとして我慢してきた事。
重ねて来た苦労や頑張り、努力してきた事っていうのを、
否定されてしまう訳ですね。

だから、それを受け入れたら、
その人自身の心が崩壊してしまう。
「今まで自分が頑張ってきた事は、何だったのか?」
といった形で、自我が崩されてしまう、壊れてしまうから、
一生懸命その情報を防いで、入ってこないように
遮断しようとするわけです。

だからそういうふうに、
「そんなの出来っこないとか」
「頭がおかしいのはお前だ」とかって言って、
拒絶したりするんですね。

でもそうじゃなくて、
このマルコーニが実際に起こしたように、
ビジョン、
「こういうふうな世の中を目指してるよ」とか、
こういうふうな世界になって行くっていうビジョンを持って、
イメージして、それを実現した事によって、
今僕ら普通に無線使ってる訳ですね。

◆ビジョンを持ち、イメージしたからこそ実現できた

あんまり意識しないかもしれないんですが、
僕たちは普通にスマホ使って、
電波を使って、
スマホで動画見たりとか、
LINEしたりとか、
インターネット見たりとか、
っていう状況がある訳ですね。

マルコーニの時代には昔はラジオとか、
電信っていうメッセージを送るっていうのは、
有線、要するに、
電線を使わなければ、
相手の所にそういった情報届けられなかった時代です。

でもその時代に線を使わずに、
電柱とかを使用せず、電線を使わずに、
電波だけで相手の所にメッセージを届けたい、
っていう事をマルコーニがイメージして、
実際にそれに取り掛かったからこそ、
今僕ら色々な物を電波で受け取ってキャッチできる訳ですね。

テレビも見れるようになってますし、
インターネットもそうですし、
電話もそうですし、
色々な事を電波の力を使って、
活用できてる訳です。

電波の治療とかもありますし、
今色々な部分で活用されてる状況がある。

だから、そういったビジョンの力、
イメージの力っていのは、
すごく大事だよっていう事ですね。

以前のブログ記事で言ったかもしれないんですが、
人間ってイメージしない事には、
その状況って出来ないって言われています。
要するに、人間の頭の中でイメージ出来る、
ビジョンとして思い描ける事に関しては、
何とか具現化して、ツールや道具として作り出す事ができる。

だから、過去の発明とかを見ても、
昔の偉人、エジソンとか、
発明家でいますけど、
あとテスラコイルを作った、
ニコラ・テスラとか、
ジョブズもそうですよね。
スティーブジョブズも発明家、
iPhoneをイメージした事によって、
スマホがこの世の中に出てきた訳です。

そんな感じで、
イメージするって事がすごく大事だよって、
イメージする事、もうそれ自体に力がある。
そういった部分があるので、
ビジョンの力とか、イメージする力、
イメージングの大切さって事を今回は伝えたくて、
お話させて頂きました。

◆ビジョンが見え、イメージが鮮明になるとそこに到達しやすくなる

僕も色々な事普段イメージしてますけど、
派遣社員辞めた時の話をさせてもらうと・・・。

せどりはじめて、すぐに売り上げがあがって、
そこから、がむしゃらに仕入れしまくったんですが、
2週間で100万円の売上を達成した時、

「このペースで頑張れば、月商で200万円行く。
そうしたら、派遣社員を辞めれるかもしれない。」

っていうビジョン、イメージが明確にハッキリと
沸いた状況がありました。

で、その2週間後に、実際に月商200万に到達したんですが、
その時には、
「あ、これで仕事辞めれるな」っっていうのを
ハッキリとイメージ出来た事によって、その1か月後。
せどり始めてトータル2か月で派遣社員を
辞めれたわけです。

そんな感じで、人間ってビジョンが鮮明に見える状態。
ハッキリとイメージ出来ると、すごくその場所や状況に
到達しやすくなるので。

僕はだから、自分が達成したい目標とか、夢とか
そういったものを、まずは紙に書いたりとか、
他にも、よく言われますけど、
写真を壁に貼っとく、
自分の目の届きやすい所に張っとくとか、
そういった事をすると、
本当にその通りになって行く状況があります。

他にも、イメージする為の時間をあえてとったり、
自分の目標とか、今後やっていきたい事などを
見直したりして、しっかりとしたビジョンを持てるよう、
その為だけに時間をとったりしています。

本当に、何度も繰り返しになりますが、
ビジョン、イメージがしっかりしてハッキリしているからこそ、
自分の進む道も明確になり、明確だからこそ行動にも起こしやすい。
そして行動を起こしやすければ、結果にも繋がりやすいので。

是非ですね、
イメージの力の大切さっていうのを理解して、
あなたの実際の生活の中でも、
活用してもらえたらなと思います。

今日はビジョンの力、
イメージングの力についてお話させて頂きました。

今日もありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】