思考は現実化するの要約、まとめ 億万長者の富豪となれば選択肢は100倍増える

 

こんにちは、つっちーです。

今日は「思考は現実化するの要約、まとめ、億万長者の富豪となれば選択肢は100倍増える」
というタイトルにてお話していきます。

よろしくお願いします。

「思考は現実化する」の、32ページに書いてある言葉を紹介します。

富豪となる事をためらう事はない。
富を上手く活用して人々の役に立ち、
そしてまた、あなたの能力を最大限に活かすことは素晴らしい事だ。
 
これを拝金主義と混同してはならない。
富は手段であって、決して目的ではないのだ。
 
※出典「思考は現実化する 32ページ」(きこ書房)

 

ナポレオン ヒル きこ書房 1999-04-01
売り上げランキング : 2167

by ヨメレバ

という言葉が書いてあります。

◆お金稼ぐ事は、汚い事でもなんでもない

本当にその通りだなと思う部分があって、
日本ってお金を稼ぐことってすごく汚い事とか、
やらしいことって思いがちですよね。

そういう教育をしているので、
多くの方が、そういう考えになってしまうのは、
しょうがない状況があります。

でもお金って、
無いよりあった方がもちろんいいですよね。

僕確か父親だったか、
他の人だったかちょっと覚えてないんですけれども、
「知識と金はいくらあっても邪魔にならない」
って言われたことがあります。

それ小さい時に言われたんですけど、
「あ、そうなんだ」と、
確かに子供ながらに、
知識とか知恵とかって、
別にあっても邪魔にならないし、
お金も無いよりあった方がそれはもちろんいいですよね。

◆お金持ってれば選択肢100倍以上増えるぞ

この資本主義の日本おいて言うならば、
お金ないよりもお金あった方が、
色々な選択肢が持てる状況があります。
それは100%言い切れます。

例えば東京から大阪に、
仕事で移動しなきゃいけないとか、
すごく尊敬してる人がいるから会ってみたい、
自分を変えるために、
その人の話を聞きに行きたいとなったとしましょう。

そうなった時に、
じゃあ自分はお金持ってません、
0円ですってなったら、
選択肢として考えれるのは、
歩いていくか、
それかヒッチハイクぐらいですよね。

お金が無いからチャリもないし、
車もない訳ですから、
そういった選択肢が取れない訳です。

でも、お金があれば、
飛行機でも行けるし、
新幹線でも行ける。

別にちょっと、
ゆっくり旅しながら行きたいって事であったら、
鈍行電車で行ってもいいし、
車で行ってもいいし。

行こうと思えばチャリでも行けるし、
バイクでも行けるし、
何でも方法がありますよね。

そういうふうに手段が取れる、
選択肢の幅が広がるっていうのは、
非常に自分の利便性を上げますよね。

例えば、大学に行きたかったけど、
家が貧乏だったから、
行けなかったっていう人もいるでしょうし。

世の中には、お金が無い事によって、
選択肢を狭められてしまって、
やりたいことが出来ないとか、
あれやりたかったけど夢をあきらめたみたいな、
そんな話も大いにある訳です。

◆自分が金持ちになる事をためらうな!

自分が富豪になる事、
お金持ちになる事をためらってしまうというか、
何か「お金、お金、お金」って言ってると、
すごく卑しく聞こえてしまうし、
「なんかあいつ金の亡者かよ」みたいな。

そんな形に捉えられてしまう、
そういった形で受け取られてしまうから、
お金を稼ぐことを大っぴらに言えない、
出来ない人ってすごく多いんじゃないかなと思います。

でも、改めてお金があるから、
色々な選択肢が取れるし、
それを上手く活用すれば、
人のためにもなる訳です。

◆お金がある事で人の役に立てる可能性が大幅に上がる

例えば、僕らが食べてるオレンジ。
確かオレンジはカリフォルニア産が
すごく有名だったかと思います。

他にもバナナ。、
バナナだったらフィリピンとか、
東南アジアといった場所から輸入されて、
日本でひと房100円とか、
めちゃめちゃ安い価格で食べれる訳ですよね。

でもあれっていうのは、
お金を持ってる富豪の人、
要するに資本家、資産家っていう人が、

「じゃあ日本でいっぱい
バナナ食べたい人がいるんだったら、
俺が先にお金出して、船借りて向こうに行って、
現地の通訳雇って、フィリピンの人と交渉して、
バナナ大量に買ってきてあげるよ。」

「それを船に積んで、
日本に持ってきて、
みんなにひと房100円で売ってやるよ!」

っていう事をして僕らの手元に届く訳ですよ。

それってやっぱりお金の力が無いと、
実現できないですよね。

もちろん信念とか熱い思いで、
そういった事を成し遂げた世の中の偉人とかいますよ。
マザーテレサとかキング牧師とか。

でも、やっぱりビジネスとしてやるうえでは、
そういった資本家、資産家の力、
富豪の力を借りて、
僕ら身の回りに色々なものが届く事によって、
すごく便利に過ごしてる状況がある訳です。
 
 
バナナの話に戻ると、
それでたくさん買い付けてきて、
日本に送ってきて、
それを港で陸揚げして、
その陸揚げした後で、今度は工場から、
それぞれのスーパーに送っていくっていうのも、
トラックだったりとか、
そこで飛行機で空輸便が使われるでしょうし、
そういった色んな所にコストがかかってる訳なんですね。

だから、本来、
バナナの原価がじゃあ本当は50円だけど、
でも自分たちがそういうふうに、
直接フィリピンに行ったりして
買えるかっていったら、なかなか難しい状況がある。
言いきってしまえば、買えないワケですよ。

だから、それを代わりにやってくれる
その手間に対して、プラス50円乗っけてお金を払う。
で、その対価、
「持ってきてくれてありがとう」
「僕たちの生活を豊かにしてくれてありがとう」
っていう部分で価値を上乗せして、
その富豪、資産家の人に、
お金を払うっていうのもオッケーな訳じゃないですか。

だって自分一人でバナナ買い付けに行ったら、
えらい金かかりますからね、
多分100円、200円の話じゃないですよ、
多分、何10万とかかかる。
飛行機代とか、
通訳とかでかかってしまうと思います。

◆お金稼いだら人を幸せにできる可能性が段違いで変わる

そう考えると、
自分がお金を稼いで、
そのお金を使って、
色んな人が豊かになる、
幸せになる選択肢が増えるんであれば、
僕もそうだし、
あなたもお金持ちになる事ををためらう必要なんて何一つない訳ですよ。
だってそれによって幸せになる人がいっぱい増えるから。

でも、日本の教育とかっていうのは、
お金は卑しいものだとか、
お金稼ぐのは言ったら”悪”みたいな、
そんな教育とか観念で育つから、
よくないんですよね。

もちろん、お金稼いぐ事自体が
人生全ての目的や目標になってしまってはいけない。
お金を稼いで稼いだお金をどうどう使うか?
それをどううまく活かして、
活用していくのかが大事な訳です。

◆水とお金は似てる。性質は同じ。

水とかもそうで、
1か所に留めておくと、それって濁ってしまう。
腐ってしまうんですけど、ずっと流し続ければ、
水って新鮮なまま綺麗な水ですよね。

例えばダムとか。
ダムに溜まった水とかは、汚く濁ってるけど、
「川に流す」という流動性を生む事によって、
川の水はキレイになる。

また、それ自体がある事で、水力発電に使えたり、
どしゃ降りの雨の時に川が氾濫して、洪水になる事を防いだり、
逆に、雨が降らない時のため池の要素もある。
水が一か所に貯まる事で、大きな力を発揮できる。
 
 
それと同じで
お金も、ただそれを稼ぐことが目的になって
一か所に留めておけば濁る。

だからそうじゃなくて、
稼いだお金をどうやって使っていくのか、
どうやったら他の人が幸せになって、
みんなが豊かになって、
その上で自分も豊かになれるのか、
っていう事を考える必要がある。

それを考えている人が、
やっぱり億万長者になれるし、
富豪になれるし、
まあお金持ちになれるって事ですね。

それによって自分の選択肢も増える
という状況があります。

僕もまだまだその概念、
お金を稼ぐことは卑しいとか、
そういうふうに思ってしまう事が、
100%拭えたかって言ったらそういう訳じゃないでが、
昔に比べたらかなり良くなりました。

それは、お金を使う事によって、
他の人が幸せになる、
他の人が前に進むことの手助けをするために
報酬・フィーを頂くっていうのは、
正当な行為だからです。

◆金を稼ぐ事は、獲物を得る狩りと同じ

色んなブログで僕言ってますし、書いてますけど、
お金稼ぐっていうのは狩りと同じ、
それが出来なくなったら、
自分自身が食べれなくなってしまう訳です、
そうなってはいけない訳ですし、
餓死して死んでしまったら何にもならないですから。

だから改めてですね、
自分がお金持ちになる、
自分が富豪になるっていう事に対して、
それを拝金主義と思って、
ためらってしまうんではなくて、

その稼いだお金をどう上手く世の中に還元して活かしていけるのか、
そういった部分を踏まえて、
是非ですねお金持ちになる事に邁進というか、
進んでいって頂けたらなと思います。

今日もありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】