思考は現実化するの要約、まとめ 考える行為を実践し望みを叶えろ

 

こんにちは、つっちーです。

今日は「思考は現実化するの要約、まとめ、考える行為を実践し望みを叶えろ」
というタイトルにてお話していきます。

よろしくお願いします。

思考は現実化する(きこ書房)の、
20ページに書かれている言葉があります。
それをご紹介すると、

あなたは、あなたの望む物を何でも手に入れる事が出来るのである。
大自然の法則や他人の権利を侵さない限り、
富でも何でも、すべてあなたの物なのである。
 
そのために支払う対価は物ではない。「考える」ことである。
考えるという事は、じっくり学習し、熟考し、計画するという事を含む、
広い意味合いを持っている。

 
※出典「思考は現実化する 20ページ」(きこ書房)
 

ナポレオン ヒル きこ書房 1999-04-01
売り上げランキング : 2167

by ヨメレバ

◆自分自身がどうなりたいのか?ハッキリ決める事

この言葉を僕は読んだ時に、
「あー俺、自分って考えてるかなー」、
って自問自答したんですね。

考えるって事はすなわち、
思考するって事なんですけれども、

自分がどうなりたいか?
どういった人生を生きていきたいのか?

そういった事を考えながら、
着実に自分の予定通りに、
進めてる人って少ないと思うんですよね。

例えば毎日の忙しさに追われてしまって、
1日の中で考える事、
自分を見つめなおす時間っていうのが、
中々取れなかったりとか。

朝1日の始まる前に、
今日どういうふうに生きるのか?

それを考える時間を取らない、取れないで、
バタバタバタバタあわただしく1日が始まってしまう。
それによって、残りの1日も、
色々な部分でバタバタしてしまって、
物事に追われてしまうみたいな、
そういった事ってあると思うんですよね。

 

◆時間が無いのではなく、計画を立ててないだけ

これはセミナーなどで有名な、
ジェームススキナー氏が、
言っていた言葉なんですが。

「時間が無い時間が無い、とにかく時間がないっていうのはそれは嘘だと」
「あなたは時間が無いのではなく、計画を立ててないから時間が無いんです」と、
「計画を立ててない事の証である」

っていう事を言っていました。

よく僕らというか、
忙しさに追われてしまうと、
計画を立てる時間が無い、
1週間の計画を立てる時間が無い、
1か月の計画を立てる時間が無いとか言いますけど、
そうではなくて、
計画を立ててないから時間が無い日々があるんだよ、
っていう事を言っていました。

やっぱり計画を立てる時間を取って、
その中で自分の1か月、1週間を、
どうやって生きるのかって事を考えなければ、
やっぱり何も変わらないですよね。

1日1日がパズルのピースのような意味合いを持っていて、
そのピースをはめ込んでいくから、
物事を達成できるようになる。

でも、そういった計画を立てずに、
毎日毎日が無駄になってしまっていたら、
そのピースっていうのは、
絶対埋まらないですよね。

っていうように、
この自分の望みとか、
何か得たい物を得るためには、
とにかく考えて思考する事、
これが大事だよっていう事を、
まず最初に伝えてるんだと思います。

◆世の中にある物は思考、考えから生まれている

世の中にある物っていうのは、
結構みんなの思考から生まれてる訳ですよね、
例えば飛行機とかっていうのも、
空を飛びたいって人間が考えて、
その考えを元に具現化していった状況がある。

エジソンが発明したランプもそうですよね。

他にも確かマルコーニっていう人が、
電波を発明したと思うんですけれども、
だから今僕らは携帯電話で電話できたりとか、
電波を受け取ってテレビを見れるという、
そういった状況がある訳です。

そういうのも、
人間の考えからすべて始まってる状況があります。

なのであなた自身も、
あなた自身の人生っていうか、
歩みをよくしていくっていう意味では、
考える時間、思考する時間っていうのは、
すごく重要になってきます。

逆に考え無しでは、
絶対に物事はうまくいかない、
成功する事はないと断言できます。

◆考える、思考してこそ、自分の望みを叶えられる

本当にこの考えるって言葉、
自分の望みを達成するためには、
その代償、対価として、
考える事が必要だよって言われて、
僕自身はすごく、
自分自身の事を見つめなおした状況があったので。

是非ですね、
これ聞いてるあなたも、
考えるという事の重要性について、
改めて認識してもらって、
自分自身の人生っていうのを考えてみる、
自分がいま取り組んでいる事について考えてみる、
っていう事を実践してもらえたらなと思います。

今日もありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】