思考は現実化するの要約、まとめ 継続は力なり。成功への近道は続けて行く事

 

こんにちは、つっちーです。

今日は「思考は現実化するの要約、まとめ 継続は力なり、成功への近道は続けて行く事」
というタイトルにてお話させて頂きます。

よろしくお願いします。

思考は現実化するを読んでいると、
自分の目標を紙に書いたりとか、
自分が達成したい事を、
繰り返し繰り返し宣言したりとか、
それを10分間続けたり。

自分の頭の中でイメージをする事を、
30分毎日やりましょうとか、
色々とやらなければいけない事があります。
それを毎日続けて行くって事が、
大事になってきます。

それに対して、
「それを諦めず続け、頑張って続けて行きましょう!」
という意味合いを込めた言葉が、
非常に自分の心にグッとくるものがあったので、
今日はその言葉を紹介させて頂きます。

この言葉は本の中の161ページに書かれています。
 

このようなことを実行するのは、
最初のうちはバカバカしく思う人もいるかもしれない。
だが、そんなことは気にしないことだ。
 
最初のうちは、どんなに抽象的で非現実的なものに思えても、
ためらってはならない。忠実に、勇気をもって実行して頂きたい。
 
そうすれば、やがて精神的にも実際的にも、
まったく新しい世界が開けてくることになる。
 
※出典「思考は現実化する 161ページ」(きこ書房)
 

ナポレオン ヒル きこ書房 1999-04-01
売り上げランキング : 2167

by ヨメレバ

 

この言葉の「このようなことを実行するのは」
という、このようなことっていうのは、
1番最初にお伝えしたように、
改めて自分の目標とか願望を紙に書いたりとか、
それを繰り返し繰り返し宣言していく事、
自分の頭の中でイメージを広げて、
それが実現するように、
自分の感情とか思いを込めて宣言したり、
イメージしたりするっていう事ですね、
そのような出来事っていいますか、
実行する事になります。

◆思考を現実化させていく為に繰り返す事の重要性

こういった事って正直に言うと、
すごく抽象的でフワフワしてる部分ってありますよね。
同じ事を何回も何回も、
繰り返し宣言していくって、
「本当にそんな事して、実際に結果出るの?」
とかって思う部分がありますし。

自分の頭の中のイメージって、
実際に目の前に形に表れている訳でも無くて、
本当に頭の中の、脳みその中で描いている事なので、
具体的ではなく、抽象度高いですよね。

なので、そういった事を続けて行って、
本当に結果が出るのかなとか、
こんな事やっても、
意味ないんじゃないかなって思ってしまいがちです。

僕もそういう部分があって、正直に言えば、
過去、何度も途中で辞めてしまった事がありました。

でも、そういった事がありながらも、
この「思考は現実化する」を、
何回も何回も何回も読んでいった中で、
やっぱりこれはやらなければダメだなと、
もう1回チャレンジしてみよう、
って事を読むたびに思って、
今は自分の生活の中に、
ちゃんとそういう事する時間を組み込んでるので、
毎日毎日それを行ってる状況があります。

それをした事によって、
自分が達成したい目標とか願望っていうのを、
実際に達成できている、
それを実行できているという状況があります。

この言葉の通り、
本当にこういうのするのって、
最初はバカバカしく思えると思います。
僕もそうだったから分かります。

でも、そこを乗り越えて、
本当に勇気をもって続けていく事。
どんなにふわふわしていて、
抽象的であっても、
絶対にあきらめないで、
それを継続していく事が、
自分自身の新しい世界に
繋がっていくという状況があります。

◆見たら信じるのではなく、信じるから見れるようになる

コンサルタントや
自己啓発系で有名なセミナー講師
ジェームススキナー氏がいます。

スティーブンコビー博士で有名な7つの習慣の本を、
日本に持ってきて、
和訳した方だと記憶しています。

確か、ジェームススキナー氏の
本の中かDVDの中で言っていた事なんですが、
そういうふうにふわふわした事とか、
抽象的な事を誰かに説明した時に、
相手の人から、「じゃあそれを見せてくれ!」
「ジェームスさんがそれをみしてくれたら私は信じるよ!」、
っていう返事が返ってきたらしいんですね。

でも、ジェームスさんは
「そうじゃない!」と、
「あなたが信じるから見るようになるんだよ!」って言ってた訳です。
要するに信じるとか信念とか、
願望とかっていうイメージとかっていう、
そういった、ふわふわした物を信じるから見えるようになると。

ちょっと宗教っぽいですけど、
でも、自分の頭の中のイメージとか、
思考とか信念を信じると、
そういった物はより明確にハッキリしてくる。
より具体化出来た時に初めて現実世界においても、
しっかりと見えてくる状況がある、
そういった事を伝えたくて、
この言葉を伝えてる状況があります。

◆諦めてしまいがちな事を、諦めないようにする為の魔法

本当に最初こういう事続けて行くってのは
バカバカしく思えるし、
フワフワしてるし抽象的だし、
改めてこんな事やっても意味あるのとか、
こんなんやってもしょうがないだろうみたいに、
思ってしまいがちなんですが、
そこを本当に勇気をもって、
ずっと続けて行くって事を胸に、
それによってちゃんと結果出てきます。

そのように、
「諦めてしまう事」を、
諦めないようにするための魔法の言葉。

「諦めてしまいがちな事」
「途中で辞めてしまいがちな事」
って、僕らが普通に生活していたら多いんですが、
それを一つ踏みとどませる、
食い止めるための言葉として、
すごく良い言葉だなと思って、
今日は紹介させて頂きました。

途中で辞めそうになったりとか、
あきらめそうになった時も是非、
この言葉を思い出して、
一緒に頑張っていけたらなと思います。

今日もありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】