思考は現実化するの要約、まとめ 細分化すれば物事は10倍速く進む

 

こんにちは、つっちーです。

今日は「思考は現実化するの要約、まとめ、細分化すれば物事は10倍速く進む」
というタイトルにてお話させて頂きます。

よろしくお願いします。

「思考は現実化する」の69ページにある言葉を紹介します。

大きな問題に直面した時はその問題を1度に解決しようとはせず、
問題を細分化し、その1つ1つを解決するようにしなさい。

 
※出典「思考は現実化する 69ページ」(きこ書房)

 

ナポレオン ヒル きこ書房 1999-04-01
売り上げランキング : 2167

by ヨメレバ

という言葉です。

「思考は現実化する」に限らず、
色々な事において、
細分化するっていうのはすごく重要な事です。

でも、僕も含めて人間て、
目の前に大きな障害というか、
問題が現れた時に、
それを全部まとめて片付けようとして、
挫折してあきらめてしまう、
辞めてしまうって事がよくあります。

なので、細分化する、
という重要性を伝えてる訳ですね。

◆ステーキを細分化すれば、100倍食べやすくなる

例えばじゃあ身近な事でお話すると、
僕お肉とか好きで、
ステーキ屋さんとか行くんですが。

大きいステーキがバンって出されてきたとします、
それってじゃあ300グラムぐらいのステーキがバンっと出されて、
それをカットせずに、
全部そのステーキの丸のまま、一口で
口の中に入れる人っていないですよね。

多分みんな、
一緒に添えられてる、
ナイフとフォークでお肉を食べやすいサイズに切る。
もっと言えば僕なんかは、サイコロサイズ、
一口サイズに縦と横で切ったりします。

それっていうのは、
出されてきたお肉を、
細分化して食べやすくしてるって事ですよね。

でも、改めて、
ビジネスだったりとか、
プライベートでも何でもそうなんですけれども、

自分の目の前に起こった出来事、
問題とかトラブルに関しては、
一気にそれを片付けようとして、
で、挫折してしまう事ってすごく多いと思います。

でも、それって無理ですよね。
 
 
改めて1枚のステーキ、
それ一口で、1回で食べるなんて無理じゃないですか?

それと同じなんですけど、
何故か、目の前で起こる物事に関しては、
細分化しないで取り組んで、
挫折してしまう状況があります。

◆引越し作業を細分化すれば、100倍仕事しやすくなる

他にも
例えば、引っ越しするにあたって、
じゃあ、家にある物を全部、
1つの超でかいダンボールに入れたとして、
それをじゃあ1人で持ち運べるかって言ったら、
無理ですよね。

持ち運びしやすいサイズの箱を20箱とか30箱、
まあ、もっと用意して、
でも、その中に自分が持てる量だけの物を入れたり、
あとで整理しやすいように、
衣類だったら衣類、
小物だったら小物、
例えばお風呂道具だったらお風呂道具、
みたいな形で、
細かく分けで入れるから、
それを持ち運びできる、
持ち運びしやすい状況がある。

家の中にある家財道具も、
全部ダンボールの中に入れて運ぶ、
全部それを持って運ぶなんて事は、
到底できない訳ですよね。

だからダンボールに細かく分けて入れる、
ここは冬物のやつを入れる、
こっちは夏物、
で、こっちはじゃあ下着だけとか、
ここはじゃあ備蓄してた食品だけ入れよう、
とかっていう形で、
ダンボールを小分けにする、
それはイコール細分化ですよね。

そうすれば、物事ってすごく進みやすくなるし、
スムーズに進むわけです。

◆叶えたい物事ほど、細分化せずに挫折してしまう

でも、例えば、
昔占い師してた時に、
よく相談された事としては、
恋愛の事だったりとか、
人間関係だったりします。

じゃあ、例えばよくある話は、
どうしても元カレとか元カノ、
以前付き合っていた、
恋人の事が忘れられなくて、
なんとか復縁したいってなると。

復縁したくてしたくてしょうがないから、
もう1回別れて、
相手が気持ち冷めてるにもかかわらず、
会いに行っちゃったりとか、
夜中に押しかけちゃったりとか、
そういった行動を起こしてしまう訳ですね。

それやったらアウトな訳じゃないですか、
余計嫌われちゃいますよね、
でも、そうじゃなくて細分化する、
その復縁までの過程を細分化する。

例えばじゃあ、まずは、
どうして相手が冷めてしまったのか?
嫌われてしまったのか?
その相手がそういうふうになった気持ちを、
まず自分が理解する所から始まって、

そこをじゃあ直す。
見つめなおしていくっていう
第2ステップに進んで。

じゃあ、第3ステップは、
それを踏まえたうえで自分磨きをしていく。

じゃあ第4ステップは、
自分を変えるために服装だったりとか、
髪型をガラッと変えてみるとかっていう、
そういったステップが必要なんですよね。

でも、起こった問題とか、
何か自分の感情とか、
気持ちが入ってしまう事に関しては、
その4つのステップを全部いっぺんにやろうとして、
もち上げられなくて、
挫折してしまう訳です。

言ったらある意味、
それを引っ越しで例えるんであれば、
1つ1つのダンボールの箱の中に、
それぞれやるべき事が入ってるって事です。

でも、気持ちは分かるんですが、
4つをいっぺんにやろうとするから
持ち上げられなくて、苦しんでしまう…。
 
 
さっきはステップでお伝えしましたけど、
復縁を引っ越しっていう状況に当てはめてお伝えするならば、
じゃあ1個目の箱は、
まずは自分の何がいけなかったのかって反省するっていう事を、
ダンボールとして持ち上げて、
持っていくっていうか、処理するって事ですね。

で、先ほども申し上げたように、
第2の箱、第3の箱、第4の箱。

自分磨きだったりとか、
自分を変えてみる、
外見を変えてみる、
内面を変えるって事と、
外見を変えるって事を、
1個ずつダンボール箱で運んでいくっていう、
そういったステップが大事なんですけど。

自分の目の前に起こった
特に気持ちや感情が入った物事に関しては、
細分化せずに一気にやろうとしてしまう。

で、挫折してしまうみたいな事がすごく多いですよね、
だから、そうしないように、
という意味でのこの言葉だと思います。

◆トライしてダメだったら、また細分化すればイイよ

改めて、「思考は現実化する」の中で紹介されていたので、
僕もそれを踏まえてお話させて頂いたんですが、
別にそれだけじゃなくて、
どんな事にでも言える事ですし。

もし自分がそれをやろうと思って、
「出来ない、無理だ」って思うって事は、
細分化が足りないって事なのではないでしょうか?

だったら、またいくらでも細分化すれば
いいだけです。

ステーキが出てき。
1回切って食べようと思ったけど、
大きかったら、もう1回切り直したりしますよね?

それと同じで、
何か物事にぶつかって挫折してしまった時に、
自分を見つめ直すっていう事、
その項目がじゃあ、100個あったとしたら、
100個いっぺんにやるのは難しいじゃないですか、
そしたら1個目から、
またそこをね細かく細分化して、
1個目からやっていけばいいんです。

その100個に番号を振って、
じゃあ1から100までずっとやってくと。

それは100個もあれば、
その過程とか道のりは大変かもしれないんですけど、
それを乗り越えない事には、
次に進めない訳ですから、
やっぱり1個1個やっていくしかない訳ですよね。

◆細分化すると推進力が発生する利点もある

しかも、細分化する事には他にも良い点があって、
1個、1個、細かく細分化して、
それをタスクとしてこなしていくと、
どんどんどんどん、タスクをこなす事が楽しくなって、
推進力っていうか、
そういったのは働いてきます。
前に進む力ですね。

例えば坂道をボールが転がるように
自転車おもいっきり漕いだら、前に進む力
推進力が発生して、しばらく自転車漕がなくても
進んでいきますよね。

それと同じで、
タスクっていうのも、
細かく小分けしてどんどんどんどん消化していくと、
その消化していく過程がすごく楽しくて、
推進力、進んでく力が働いて、
どんどんどんどん消化できる、
クリアしていく、
タスクをこなしていける状況があります。
 
で、気づいたら問題を乗り越えられていた、
っていうふうな事に繋がる、
問題の解決が見えてくるという状況があります。

なので、細分化するという事の重要性、
今日はこの事についてお話させて頂きました。
 
 
もしかしたらね、
あなたも何かいま大きな問題を抱えていて、
それをどう解決したらいいのか、
処理したらいいのかっていう事を、
すごく迷ったり悩んでいる状況があるかもしれません。

そういった状況に
もしぶち当たってるようであれば、
それをまず本当に本当に細かく細分化してみる。

あなたが食べやすいサイズ、
処理しやすいサイズにまで落とし込んで、
細かく区切ってみてください。

そしたらすごくやりやすくなるし、
実践しやすくなると思うので、
是非ですね、
細分化する事の重要性を理解して、
あなたの成功に繋げて頂けたらなと思います。

今日もありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】