思考は現実化するの要約、まとめを理解し、自分の願いを120%達成する方法1/3

 

こんにちは、つっちーです。

今日は「思考は現実化するの要約、まとめを理解し、自分の願いを120%達成する方法」
というタイトルにてお話していきます。

よろしくお願いします。

ナポレオン ヒル きこ書房 1999-04-01
売り上げランキング : 2167

by ヨメレバ

◆自己啓発系の本なら、これ以外読まなくても良いと断言できる

非常に有名で、名著と言われている、
「思考は現実化する」という本があります。

自己啓発系の本でも、
最高峰といっても過言ではないですし、
僕自身は、この本以外の自己啓発の本って、
読まなくてもいいと思っています。

ていうか、
僕は占い師をしていて、
占いの勉強だったりとか、
お客様がどうしたら気持ちを高めて、
心落ち着かせて、
人生を頑張ってくれるのかっていう部分で、
色々な自己啓発の本を読んだり、
占いの本を読んだりしました。

気持ちを高める方法をアドバイスしたりとか、
それで心をサポートしたり
みたいな事をしてた訳ですが、
本当に、色々な本をたくさん読んできました。

具体的には、
自己啓発系で100冊ぐらい読んできて、
でもこの本には、数年前まで、
なかなか巡り合わずに来たんですね。

でも、この本を読んで1発で
「あ、今まで読んできた本って、これの焼きまわしなんだな」
って思いました。

それぐらい全ての事が書かれているし、
ある意味占い師の仕事って、
ちょっとふわふわした部分がある。
抽象的な概念を伝えて、
それで元気になってもらう、
っていう部分があったりします。

それは、自分自身の中にも
ふわふわとした抽象的な考え方や概念が
あったのですが、
そういった部分や考え方を、
すごく具体的に書いてくれている、
非常にわかりやすい本だと言えます。

今日はですね、
この「思考は現実化する」の本に関して、
自分なりの要約、まとめを、
お伝えしていこうと思います。

◆思考は現実化すると思いますか?

その前にですね、
「思考は現実化する」という本に関して、
ネットで見てみると。

Yahoo知恵袋とか、教えてgooとか、
2ちゃんねるとかもそうなんですけども、

「思考は現実化するって言いますけど、本当にそうなりますか?」
とか、
「思考は現実化すると思いますか?」

っていう質問が多いんですね。

「本当にこれってリアルなの?本当なの?」
「書いてあること本当なの?」

っていう質問が多いんです。

その答えは僕明確に、
「思考は現実化すると言えます、言い切れます!」
これは何でかっていうと…。

僕ら2ちゃんねるとか見てたり、
ネットのまとめ記事とか見てると、
じゃあ例えば、

「かわいい女の子の画像はこちら」とか、
「この件に関する詳細な画像はこちら」

とかっていって、
画像のリンクをしてあって、

それクリックしてとんでったら実は飯テロで、
ラーメンとかお寿司とか、
ステーキの写真がバーッて出てきて、
夜中に見てたらそれ見ておなかすいて、
実際に食べたくなってしまうみたいな事ってありますよね。

それってまさしく、
「思考は現実化する」の1歩をたどってるんですね。
どういう事かというと…。

◆頭の中にイメージが入ってくれば、すでに思考している状況がある

今までその画像を見るまで、
食べ物の画像を見るまでは、
自分はおなか減ってるとかって、
あんまり思ってなかった状況がある。

でも、その画像を見た瞬間に、
ラーメンが食べたくなった、
お寿司食べたくなった、
ステーキ食べたくなった、
牛丼が食べたくなったって言って、

深夜にもかかわらず、
ちょっと近くのラーメン屋さんに行くとか、
カップ麺食べるとか、
みたいな事ってよくあると思います。

だからそれまでは、
ラーメンとかっていう思考、
イメージが頭の中になかった訳ですよね。

でもラーメンの画像を見せられて、
ラーメンをイメージしてしまったが故に、
「お腹が空いたな」っていう気になって、
実際にラーメンを食べたくなってしまう。

もしそこで、あなたの行動において、
カップラーメンを食べるっていう行動をせずに、
「いや、やっぱ夜中だからやめよう。寝ちゃおう。」
って思えば、
それは現実化してないとも言えるんですが、
結構多くの人は、そこでカップ麺とか、
何か食べ物を食べてしまう状況があると思うんです。

だからそこで、
実際にラーメンを食べてしまったならば、
思考は現実化したと言える訳です。

あなたの頭の中に起こったイメージ、
思考、考えですね。
これが現実化してしまった状況があると言える訳です。

ラーメンを食べるとか、
飯テロによって、
何か食欲を掻き立てられるって事は、
それをクリアにする為の、乗り越えるハードルって
非常に低いですよね。

しかも相手がやる事じゃなくて、
自分がそう行動を起こそうと思えばできてしまう。

近くにコンビニがあったり、
近くに牛丼屋さんとかラーメン屋さんがあったりとか、
あとは家にもうカップ麺が用意してあるみたいな、
そんな状況があれば、
お湯さえ注げば3分で出来てしまう、
っていう状況があるので、
そこを乗り越えるハードルがすごい低いですよね。

だから思考は現実化してしまう、
達成できてしまうという状況があります。

◆一度イメージしたら、なかなか手放せない状況がある

他にも僕ら普通にご飯食べる、
お昼お腹がすいて、
何か食べたいなって思った時に。

友達とか同僚とか、

「じゃあ、あそこのおいしい焼き鳥の定食食べに行こう」とか、
「ハンバーグ食べに行こう」とか、
「じゃあ今日は足伸ばして、あそこのおいしいカレーを食べに行こう」

みたいな、そんな事言われたりして、
頭の中にイメージが入っちゃうと、
もうお昼、それ以外考えられなくなってしまう。
それ以外の料理を食べたい、
とは思わなくなってしまいますよね。

例えば、
「ちょっと今日残業あるから夕飯でも食いにいこーぜ」
「王将の餃子でも食いにいこーぜ」
って言われたら、
もう頭の中餃子になっちゃうじゃないですか。

そしたらそれは、
餃子っていうイメージが入ってきて、
その入ってきたイメージ、
頭の中で考えた思考を現実化するために、
思考に引っ張られるような形で、
そのように動いてしまう状況があります。

だからすごく、
僕らの身近にある事、
小さい事にはなるんですが、
思考ってそのように、
現実化する状況があると言えます。

◆なぜ、思考しても現実化しない状況があるのか?

じゃあ何でこれが大きい事、
自分が達成した目標、
かなえたい願望に関しては、
そういった状況が達成されないかっていうと。

例えば、何かの大会で優勝したいとか、
仕事の案件を取ってきたいとか、
営業で仕事を取ってきたいって事に関しては、
相手がいる事ですよね。

例えばじゃあ、
サッカーの試合で優勝するってなったとしても、
自分がサッカーの試合で、
優勝する事をイメージしてたとしても、
相手も同じく優勝する状況をイメージしてる訳です。
勝ちたいっていう事を。

そうなってくると、
お互いの思考のぶつかり合いというか、
どっちの方がちゃんとイメージ出来てるのか、
思考出来ているのか、
って部分の差が表れてくる状況があります。

仕事に関しても、
じゃあ相手の企業にプレゼンするってなった時に、
自分の会社だけじゃなくて、
他の企業さんも、
相手の企業さんにプレゼンするという状況がある。

そうなってくると、
自分が思考してるだけじゃなくて、
相手もいる事なので、
その思考がなかなか叶わないって事も出てくる。

さっきの話に戻ると、
ラーメンを食べる事っていうのは、
自分が動いてしまえば、
非常に簡単に達成できてしまいますよね。

だから、自分がやる事と、
相手がやる事とか、
周りの環境によって、
あなたが思考した事、
イメージした事が、
現実化しやすいか、しやすくないか、
っていう差は明確にあります。

そこによって、
思考は現実化しやすい分野、物事と、
思考が現実化しにくい物事があるっていう事を、
理解しておいてください。

それによって、
なかなか現実化しにくい事にチャレンジして、
結果が出ない、達成しないってなると、

「思考は現実化しないんじゃないか?」
「思考は現実化しない!」
という判断になってしまいがちなんです。

でも、そうじゃなくて、
そこまで思いを強く持ってたのか、
ずっと思い続けられたのか、
考え続けられたのかっという状況がある。

僕自身の「思考は現実化する」という
言葉の解釈については、
上記のように考えている状況があります。

◆要約、まとめをシンプルに4つだ選ぶと・・・

それを踏まえたうえで、
改めてこの「思考は現実化する」を読んで、
僕なりに感じてる、
要約、まとめなんですが、

これもちょっと前提知識という言う意味で、
僕はこの本を読んで、
その中からエッセンスを4つだけ抜き出しました。

その4つっていうのは、

1つ目、目標を決める事
2つ目、計画を立てる事
3つ目、期限を定める事
4つ目、仲間、協力者を作る事

というこの4つ、
シンプルにこの4つを実現する、
その目標として立てる、
決める事によって、
思考が現実化していく状況があると考えています。

何でこの4つなのかという事に関しては、
ちょっと長くなってしまうので、
また次回にお話させて頂きますので、
一旦ここで終了させて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】