思考は現実化するの要約、まとめ 自己啓発書を読んだら行動しろ

 

こんにちは、つっちーです。

今日は「思考は現実化するの要約、まとめ、自己啓発書を読んだら行動しろ」
というタイトルにてお話させて頂きます。

よろしくお願いします。

思考は現実化するの、
25ページ目に次のような言葉が書かれています。

忘れないで頂きたい、力となるのは単なる知識ではなく応用された知識なのである。
自己啓発書を読んで学習する事の目的は行動する事にある。
一つのアイデアやノウハウに根差した行動である。
 
本の中に理解できない概念が出てきても心配する必要はない。
理解できるものを行動に移しさえすればよいのである。

 
※出典「思考は現実化する 25ページ」(きこ書房)
 

ナポレオン ヒル きこ書房 1999-04-01
売り上げランキング : 2167

by ヨメレバ

と書かれています。

本当にこの通りで、
僕もすごく身に染みる、
身に覚えがある部分があります。

◆自己啓発書は、読んだら行動しないと意味が無い

自己啓発書って読むと、
すごく心が躍ってわくわくして、
「あーやっと自分が成功するための本に出合えた!」
「成功するために、これをすればいいんだ!」
っていうふうに思うものの、
じゃあ実際に、
それを行動に移してる人はいるかって言ったら、
かなりの割合でいなくなってしまうんですよね。

マーケティングの中の3つのノットっていうのがあって、
それにも通じる部分があるんですが、
3つのノットっていうのは、
「not read」
「not believe」
「not act」
っていう3つのノットがあります。

これは読まない、信じない、行動しない、
という物になるんですが。

◆人間の行動を3つのノットに当てはめてみる

まず、自己啓発書、
いい本があったとしても、
本読まない人って、もすごく多いですよね。

本読んでいないと知識が入ってこないので、
知識を身につけられない以上、
自分は変わりようないですよね。

せっかくいい本読んだとしても、
その本の内容に対して、
「本当かよ…」とか。
「いやー、本当にこんなにうまくいくのかなー」
みたいな感じで信じない。

そこを信じて、
「あ、この本すごくいい本だ」
「書かれている事は真実だ」と思っても、
行動しない訳です、
アクション起こさない、
行動しなければ、やっぱり何も変わりませんよね。

例えば、
僕ら誰でも体を鍛える方法は知っている訳です。

腕立て伏せして、
腹筋してスクワットすれば、
大概の人はかなり体が作れる、
筋肉もついて健康的な肉体になれるわけです。

でもじゃあ、それを毎日やるか、
1日10回でもいいから自分の健康のためにやるかって言ったら、
やらない人がほとんどですよね。

行動しない、
アクション起こさない、
そんな人がほとんどなんですよね。

だからそうなってしまわないようにという意味で、
この文章が書かれている状況がある訳です。

◆やる事を絞って限定すれば、人間は行動する

他のブログ記事でも書きましたけど、
この「思考は現実化する」の内容って、
すごくいい事がたくさん書かれてます。

たくさん書かれてるが故に、
どれからやっていいのかなっていう、
迷いが生じてしまう部分があります。

なので僕は要約、まとめの他の記事で、

「目標を持つこと」
「計画を立てる事」
「期限を決める事」
「仲間と協力者を作る事、マスターマインドを作る事」

という形でお伝えさせて頂きました。

他にもいい事とか、エッセンスの部分、
これを入れるべきだ、
これをやるべきだっていう事は、
他にもいっぱい書かれてるんですけど、

あんまりにも数が多くなってしまうと、
どれからやっていいのか、
わかんなくなっちゃうんですよね。

ファミレスとか行って、
ファミレスのメニューっていっぱいあるから、
どれを選んでいいのかわからなくなってしまう、迷ってしまう。

それっていうのは、
メニューを選ぶっていう行動を起こせないって事なので、
そうじゃなくて、
この言葉にも書かれているように、
とにかくわかる所からやってみればいいよ、
といっている訳です。

◆日本人の多くが持つ”完璧主義志向”

日本人のいい所でもあるし、
悪い所でもあるのが、
完璧主義な部分です。

僕もその部分にはすごく悩んできた。
苦しんできましたし、
今もその部分は少しあります。

でも、現状においては、
「とりあえず間違っててもいいから、
完璧じゃなくてもいいから、
進んでみよう、やってみよう」
っていうふうに考え方が変わったんですね。

それは本当に運良く、
常に成長し続けているビジネスの師匠に
出会った事によって、
そういった考え方に変わったんですが、
だから、その部分を伝えてる一言でもあるんです。

本読んでると、
すごくいい言葉に出会って、
じゃあ、読んでくのが楽しくなるんですよね、
この「思考は現実化する」とか、
自己啓発書って。

でも、そうじゃなくて、
そこで一旦本を置いて、
横に置いといて、
その場ですぐに実践してみる事、
っていうのも大事になってくる、
むしろそっちの方が大事だって言えます。

◆とにかく行動→思考→行動→思考

本当にさっき伝えたように、
筋トレの例えの様に、
みんなその方法でやればよくなる、
それは分かってるんですよ、
でも、行動しない、
行動できないって人が多い。

でも、そうじゃなくて、
一旦その本を横に置いたり、
そのアクションを起こす時間を確保するために、
何よりも行動が大事なんで。

インプットした知識、
自分の頭に入れた知識を忘れないためにも、
実践する、実践する事がアウトプットになって、
身に付くっていう部分もあるので。

是非ですね本当に読んで、
頭の中に入れた知識、
インプットした知識をアウトプットするって事、
行動に起こすって事を、
今日は肝に銘じてもらえたらなと思います。

インだけでは忘れてしまうんで、
知識ってインプットしただけだと忘れてしまうので、
それをちゃんと行動に起こすという形で、
アウトプットする、アクションする。

僕もこのように、ブログ書いてやってますけど、
インしたものを書いたり、音声で喋ったりするのも
アウトプットしてる訳ですね。
これも行動の一つです。

この本に書かれてる事を実践しようと思って、
他の本とかにも書かれているんですけど、
とにかく行動、アクションを起こすという事を、
実践してる状況がある訳で、

この音声とかブログが完璧じゃなくて、
完璧じゃない物を世に出して、
それでこれを通してですね、
目を通してる、耳で聞いてるあなたが、
「あ、こんな完璧じゃなくてもいいんだな」
っていう事を理解してもらうために、
僕も行動に起こしてるんで。

是非ですねあなたも、
行動を起こすって事、
一緒にチャレンジしていければなと思います。

今日もありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】