思考は現実化するの要約、まとめを理解し、自分の願いを120%達成する方法2/3

 

こんにちは、つっちーです。

今回は「思考は現実化するの要約、まとめを理解し、自分の願いを120%達成する方法Part2」
という事で前回の続きをお伝えしていきます。

前回は「思考は現実化する」の中で、
4つの部分だけを決めて、
それを実践していきましょうという事で、
お伝えしました。

その4つというのは、

目標を決める事、
計画を立てる事、
期限を定める事、
仲間や協力者を作る事、

というこの4つなんですが。

この4つに関して、
何故それが大事なのかというのを、
僕の体験談も踏まえてお伝えしていきます。

ナポレオン ヒル きこ書房 1999-04-01
売り上げランキング : 2167

by ヨメレバ

 

選択肢が多いと人間は迷う

僕この本、本当に本当にいいと思いますし、
誰かが「何か1冊お勧めの本ある?」って
もしあなたが僕に、
「何か1冊つっちーお勧めの本ある?」
って聞いたら、
もうこれ間違いなく勧めます。

いい事
めちゃめちゃいっぱい書いてあるんですよ、
こんなにいい事書いてあるの?
ってぐらい書いてあるんですね。
でも、正直言うと、
いい事書きすぎてるっていうか、
量多いなって思うんですね。

量が多いと、
人間って迷うんですよ。

例えば、ファミレスいった時、
色んなメニューありますよね、
ハンバーグもあるし、ステーキもあるし、
サラダとかピザとか、スパゲッティもあるし。

中には中華のメニューを出してるお店もあるし、
さらに焼き魚とか、煮物定食とかの
和食メニューもあって。みたいな。

もうグランドメニュー見て、
色んなのあって、
その中からランチで、
じゃあこれだけとか、
1食これだけしか食えないって、
めちゃめちゃ迷いますよね?

改めて人間って迷うんですよ、
選択肢がいっぱいあると、
だから削らなきゃいけないですよ。

僕は削って削って削りまくって、
さっき言った4つに絞った訳です。

この4つ、
まず、目標を決める事の重要性について、
お話していきます。

目標を決めなければ何も始まらない

目標を決める事、
これなんにでも言われてる事なんですが、
やっぱ行き先を決めないと、
目標を決めないと、
中々そこまで行きにくい状況が
すごくあります。

何故ならばそれは、
イメージできないからですよね、
思考を出来ないからです。

思考は現実化するって、
思考して考えたからこそ、
それが現実化する事が可能になる。
イメージ出来た事によって、
それが現実化する訳ですから、
その思考が無い事には、
現実化できない訳ですよ。

目標って例えば、
「お金持ちになりたい」とか、
「幸せになりたい」とかって、
すごく漠然としてて、
ふわふわしてる物ですよね。

お金持ちって人によって、
じゃあ500万円持ってれば十分お金持ちだし、
1億円持ってればお金持ちとも言えるし、
でも中には10億持ってても、
自分は金持ちじゃないみたいな、
そんな人もいる訳ですね。

だからあなたがお金に関して、
考えるんで”あればいくら欲しいのか”
明確な金額を決める事が重要になります。

幸せになるっていうのは、
例えばじゃあ、結婚するという事なのか、
それとも恋人を作るって事なのか、
自分の会社を立ち上げるって事なのか。

他にも持ち家を持つ、
1軒家建てるとかですね、
タワーマンションに住むとか、
高級車を買うとか、
ブランド品のバッグを買うとか、
色々あると思うんですね。

だから幸せになるっていう事自体が、
すごくふわふわしてて、
漠然としてる訳ですよ。

Part1で話した、
飯テロの話に例えるんであれば、
ランチで何か食べに行きたいけど、
何を食べていいか分からないっていう事、
その状態っていうのは、
イメージ、思考が出来ていないという事。
だから食べる目標が決まってない状態と言えます。

何を食べるかっていう、
目標が決まってないんであれば、
それはまず家から出れないですよね。

じゃあ何か食べに行こうかってなった時に、
その食べに行くもの何にしようかって言ったら、
「あー、何にしようかなー…。」
「うーん、どうしよー…」みたいな感じで、
行き先が決まらない訳ですよ。

だからそれはまず、目標決めない事には、
あなたの人生の行き先が決まらない訳ですから、
そこをまず、
明確にしなきゃいけないですよね。

だからまず1個目に大事なのは、
「目標を決める事」、
「行き先を決める事」です。

他に例えるならば旅行に行く時、
どこ行きたいかって決めるのと同じです。

「海外旅行行っていいですよ。」
って言われて、100万円渡されたとします。
このお金を自由に使っていいから、
どこか好きな所に旅行に行っていいよ、
って言われたとして。

「いやー何処へ行こう。うーん、どこ行こうかねー。えーっと、うーんと・・・」

みたいな、行き先決めなきゃ、
旅行に行く事出来ないですよね、
飛行機に乗る事も出来ない。

でもじゃあ、100万円もらって、
じゃあ、「私はハワイに行きたい!」って決めたならば、
まずその目標、
行き先が決まりますよね。

だからまずどこに行きたいのか、
自分の人生がどこに行きたいのか、
っていうのを決める、
目標を決めるって事が、
まず大事になってきます。

目標・行き先を決めたら、次は計画を立てろ

 

2つ目、
「計画を立てる事」

じゃあ行き先が決まったら、
どういうふうに行くか、
っていうのを決める事が大事です。

例えばハワイに行くって決めたならば、
じゃあ、ハワイに行くまで、
どういうルートで行くのか、
っていうのは大事ですよね。

飛行機ありますけど、
JALで行くのか、
ANAで行くのかっていうのもありますし、
何時に出るのかってのもありますし。

じゃあ、羽田空港、
成田空港とか、関空とか、
どの空港から行くのか。

そこの空港に行くまでに、
電車で行くのか車で行くのか、
それともバスで行った方がいいのか、
色々な方法がありますよね、
その計画を立てなきゃいけない訳です。

僕ら結構ですね、
普段計画立ててるんですよね。

例えば会社に行くっていうのも、
じゃあ、会社が東京駅にあるとしましょう。

自分の家から東京駅に行くまでの、
ルートっていうのを計画して、
今、ナビタイムとか、交通系のアプリ、
電車のアプリとかありますから、

そういうのに目的地と自分の最寄り駅とか、
場所を入力したら、
あとこの電車に乗ってください見たいな感じで、
全部出てくるじゃないですか。

っていうのと同じように、
もしじゃあ、あなたが目標を、
月収100万円になるって決めたとして、
じゃあ100万円になるために、
何が必要なのか?

そういった計画を立てる事、
っていうのが重要な訳です。

むしろ計画を立てないと、
そこに行きつけない、
たどり着けないって状況があります、
なので2番目は計画を立てる事ですね。

計画を立てたら、いつまでにやるか期限を決めろ

3つ目、「期限を定める事」
いついつまでにやると決める事です。

僕ら旅行に行く時って、
飛行機の時間とかも決まってますし、
じゃあ○泊○日で行くのかとか、
何日に出発して何日に帰ってくるみたいな、
期限とか、期日っていうのを決めますよね。

会社に行くっていうのも、
そういった状況がある訳です。

もっと言えば学校に通学するとか、
そういうのも同じ状況がある訳です。

また改めて東京駅に会社があったとして、
東京駅に行くという目標を定めます。

そしたら、
そこに行くまでのルートを計画して、
じゃあ9時までに出社しなきゃいけないっていったら、
何時に出るのかっていうのを、
逆算して出勤しますよね、
学校に行くのも全く同じです。

それは期限を定めてますよね、
9時までにやるという、
9時までに出勤する、登校する、
学校に行くっていう事の、
期限を定めてる状況がある訳です。

そこにたどり着くまでに、
何時に出ればいいのか、
何時の電車に乗ればいいのかっていう、
そういった計画を組み立ててる、
そういったシンプルなステップは、
僕ら普段やってるんですよね。

でも、仕事のプロジェクトだったりとか、
プライベートの事だったりとか、
例えばジムなんかもそうですよね、
体鍛えてトレーニングして、
ダイエットするとか、
そういったのって、なかなか続かない…

仲間や協力者を作り、強制的にやらなきゃいけない環境を作る

だからそれを続けるために、
今度また重要になってくるのが4つ目、
「仲間や協力者を作る」という事になってきます。

これは「思考は現実化する」の中では、
マスターマインドを作る、
という言葉で紹介されてます。

マスターマインドっていうのは何かっていうと、
まあ言ったらよく言う、
メンターともいえる事なんですが、
指導者とも言えますね。

でも、そんなに堅苦しく考えなくて、
僕は一緒に頑張ってくれる仲間を募る、
っていう形でいいと思ってます。

何でこれが重要かっていうと、
僕すごく怠け者で、
だらだらだらだらしてしまう人間なので、
あんま人の事言えた立場じゃないんですけど。

人間って本当に、自分一人でやるってなって、
それで出来る人って本当に少ないと思います。
さっきも言いましたけど、
ジム行くとかっていうのが、いい例ですよね。

僕も昔ティップネスとか、
オアシスとかコナミスポーツとか、
まあそういったジムに行ってました。

あとは市区町村っていうか、
それぞれの自治体がやってる体育館。

市の体育館だったり、
区の体育館だったりとか、
町がやってる体育館とか、
自治体がやってる体育館の中に、
1回の使用料が200円とか300円とか、
すごい安い金額で、自分で使える
トレーニングジムとかありますよね。

そういった所も行って、
自分でトレーニングしたりとかもしてました。

でも、はっきり言えば続かないですよ、
今も変わらずジムに行ってるんですが、
そのジムのトレーナーさんは、
前に確かティップネスで、
働いていたと言ってました。

その時に、会員さんの8割ぐらいは来ない、
80%ぐらいは来ないって言ってました。

要するに、
じゃあ100人そのジムに、
入会してたとしてたら、80人は来ない、
残りの20人ぐらいしか、ちゃんと毎日とか、
定期的にジムに来ないという事です。

残りは、来たり来なかったりとか、
全く来なかったりとか、
要するに幽霊会員って事ですね。

登録するだけでも、自分の体や健康を
気にかけてる訳ですから、
すごくいいとは思うんですが、
でも、やっぱり行かなきゃ意味ないですよね。

でも、ジムに行くって別に仕事じゃないし、
仕事で忙しかったり、
プライベートが忙しかったりしたら、
どうしても健康っておろそかになりがち。

「ジム行くの、まぁいっか―」みたいな、
「今日はだりーし、疲れてるからまあ行くのやめよっかー」
みたいな、
そんな感じになってしまう事って、
非常に多いんですよね。

でも、誰かとジムに行く事約束してたとか、
例えば今そういったジムでも、
ライザップが登場した事によって、
トレーナーさんを配備して、
「じゃあ何時から一緒にトレーニングやりましょう」みたいな、
パーソナルで付いてくれる、
マンツーマンでやってくれる、
プログラムがあります。

そういった形で、誰かと約束してたり、
何か決め事をしてると、
それを守ろうとする人間の習性が働くんですよね。

なので、そういった所に必ず参加する、行く。
という状況がある。

それを強制的に、あなたが達成したい事、
掲げている目標を実現するために、
そういった仲間とか協力者を作る、
っていう事がすごく大事だと思います。

結局人は、罰や恐怖が無いとやらないし、動かない

何で僕ら9時に会社遅れずに行くのかって言ったら、
怒られるからですよ上司に。
それで仕事クビになるとかってなったら、
お給料もらえなくなるわけですから、
嫌じゃないですか。

バツがあるから人間って動くんですよ。

人間ってこのバツとか嫌な事とかが無いと、
なかなか動かないんですよね。

仲間と約束していたのにもかかわらず、
友達と約束していたにもかかわらず、
その約束を破るような人っていうのは、
自分の周りから、
仲間とか人間とか離れていきますよね、
それも恐怖ですよね。

だって、人って1人で生きてるようであって、
実は1人で生きていない。

食べるものだって、
誰かが作ってくれたものを食べてるし、
着るものだって、
住んでる家だって、
誰かが用意したものを、
自分がお金払って得ている状況がある。

そう考えると、
家賃払わないとか、
そういった約束を反故にする。

決められていた事を、
守らないような人っていうのは、
誰からも相手にされずに、
言ったら社会的な抹殺が待ってる訳です。

社会的に抹殺されたら、
人間生きていけない訳ですから、
それが怖いわけですよね。

だからそうならないために、
人って相手との約束を何とか守ろうとする、
そういった状況があります。

もう1個人間って、
自分の事をよく見られたいっていう、
本能、本質があります。

それはだから、
さっき言ったような部分に、
付随する面があります。

他の人から
「こいつは悪いやつだ」とかって見られてしまうと、
人間関係が壊れてしまうっていう事に恐怖を感じる。
だから、その習性を活かせっていう意味で、
マスターマインドを作る、
仲間や協力者を作るって事が大事だよって事が、
「思考は現実化する」に書いてあるんだと思います。

いい事たくさん書いてあるけど、とりあえず抑えるのはこの4つ

この4つを重要視して、
要約っていうか、まとめとして、
僕は考えてる状況があります。

他にもですね、
重要な事書いてあるんですよ、
例えば忍耐力だったりとか、
あとはメンタルの部分だったりとか。

他にも本の中に出てくる、
専門的な用語なんですが、
深層自己説得だったりとか、
願望実現のための6か条だったりとか、
そういった色々な諸々の、
本当に大事な事いっぱい書いてあるんですが。

さっき言ったファミレスの例えのように、
これいっぱい全部やろうとするとですね、
多分迷うし、
逆に上手くいかないと思います。

だったらシンプルに、
この4つだけを引き抜いて実践する。

色々な自己啓発本にも書いてあるし、
本当に色んな所で言われる事だと思います。

この4つだけに絞ってしまったら。
改めて別に本を買って、
知りうる知識ではないと感じるかもしれません。

しかし、それぞれに対する解説や、
どれだけ重要なのかの説明について、
「思考は現実化する」ほど、より詳しく書かれていて、
分かりやすい本は無いと言えます。

すっごく分かりやすい。分かりやすいからこそ、
実践しやすい。実践しやすく、行動に移しやすいから、
結果にも繋がりやすい。

そういった、良い流れがあります。

本当に僕が、
この「思考は現実化する」の要約っていうかまとめとして、
ほんとーに、本当の本当の、ほんとーーーに
エッセンスの部分だけ引き抜いて、
「この4つだけやれば成功するぜ」
っていうのをとりあえず引き抜いて、
お伝えさせて頂きました。

じゃあ、この4つ引き抜いたつっちーが、
実際にやってみて、
どうなったのって部分に関しては、
じゃあ、次Part3でお話させて頂きます。

引き続きよろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】