家の中や在宅で仕事をしたいなら電脳せどりがお勧め

 
こんにちは、つっちーです。

今日は「家の中や在宅で仕事をしたいなら、電脳せどりがお勧め」
というタイトルにてお話していきます。

よろしくお願いします。

電脳せどり、
やっぱりおすすめですね。

僕は一番最初店頭から初めて、
電脳を経て、
今は卸メーカ―開拓、
というスタンスでやってるんですけれども。

店舗に行って買い物すれば、
お店の人と仲良くなれ、商品に関する情報や知識を得られる、
店舗のメリットはあるんですけれども、

やっぱり電脳の方がラクですし、
自分一人でやるとか、
そういった状況があるんだったら、
「とりあえず始めてみる」という状況に関しては、
電脳せどりがお勧めです。

というのも、
それはイコールAmazonの利便性を
改めて再認識する状況があるんですね。

そこについて、
まあ結論から先に言うと、
僕らAmazon使っていると
「Amazonってめっちゃ便利」
と思うじゃないですか。

商品注文したらすぐ届くし、
小さな物から1個でも届けてくれる、
その利便性っていうのは、
お子さんがいて、
小さい子がいて中々手が離せない、
体が悪いとか病気で中々外出れない。

介護があるとか、
家庭の事情だったりとか、
家にいてもボタン一つで商品届けてくれるっていうありがたみ、
簡単さ、ハードルの低さ、便利さが、
非常に使えるわけじゃないですか。

ていうのと同じように、
それぐらいの同じ感覚で、
自分たちでも商売できるっていう状況がある、
と言う事なんですね、
そこについて詳しく話していきます。

改めてAmazonの良さっていうのは、
繰り返しになりますけれども、
子供が小さくて家にいなきゃいけないとか、
体が悪いから中々外出れないし仕事もできない。

もっと言えば人と会うのが嫌だとか、
うつ病だったりとか、
まあご両親とかご家族の介護があるとか、
何らかの事情で外出れないとかっていう人が、
まあこの世の中にはいっぱいいるわけですよね。

で僕ヤマト運輸で働いている友達がいるので、
その友達に聞いた話なんですが。

大きな集積所、
荷物の集積所から荷物がバーンって送られてくると、
Amazonの箱に入ってる商品がバーッて来る。

でもあれだけの物量なんで、
なかには箱が破れちゃって、
中が見えちゃうような商品もあるんですね。

それはもう、
不可抗力で仕方ないんですが、
その中身を見てみると、
「こんなものまで運ばなきゃいけないの?」
って彼は思うらしいんですね。

というのも、近くのドラックストアとか、
スーパーとかで買えるような物まで、
わざわざアマゾンで注文して送られてくる。

でも、実態に届けにご自宅まで行って、
ピンポーンって鳴らすと、
インターホン越しに子供の声が聞こえてきて、

でドア開けると、
子供がバーッて走ってきて、
「ヤマトさーん」とか言ったり
そういう状況で、
さらに、ちいちゃい赤ちゃんを抱えて、
お母さんとかが出てくると。

で、そういう状況を見ると、
あー、この状況だったら外に出れないな、
外出は難しいな・・・、
っていう事を思う。感じるっていう話をしていて、
そういった利便性がすごくよくて、 
Amazon使ってる状況がある訳ですよね
みんな。

中々体がしんどくて、
外でれないお年寄りがいたりとか。

まあそういった状況が、
商品を購入する一般消費者の
僕らでもあると。

ていう事は、
自分で電脳せどりして、
商品を販売する側に回ったら、
全く同じ利便性を使える、
っていう事が伝わりますかね?

例えば、同じように、
電脳で家でポチポチポチポチ商品を調べていて、
で、「あっ、Amazonとこのお店で価格差がある!」
と。

であるならば、
電脳で仕入れて自宅まで送ってもらって、
で、自宅で商品を検品したり梱包して、
それをヤマトさんとか佐川さんとか、
まあ配送業者の人に、
家にとりに来てもらって出品する。

そういった事が出来れば、
それはもう家から出ずして、
仕事ができるわけじゃないですか。

今どこかに雇用される、
っていう状況を考えた時に、
クラウドワークスとか、
ランサーズとかインディードとかっていう形で、
どこかから仕事を引っ張ってくる、
在宅でできるっていう方法があるんですけれども。

ライバルとか競合がすごく多くて、
中々仕事貰いたくてももらえない、
っていう状況があるんですね。

でそれを考えた時に、
自分でせどりやれば、
商品見つけようと思えばいくらでも見つかるんで、
全然そっち側でやるより簡単なんですね。

しかもああいう所、
要するにクラウド型で人材を募集するっていうか、
外注の仕事を受けるってなると、
それなりにスキルが必要なわけですよ。

例えば
私はこういったデザインが出来ますとか、
ホームページ作れますとか、
プログラム言語組めますとかっていうのは、
じゃあ一般の普通の人が出来るかって言ったら無理ですよね。

勉強しなきゃいけない、
その勉強するのに金も時間もかかるし、
はっきり言ってめんどくさいですよね。

だったら、ただ数字だけ見て、
あ、こっちが安くてAmazonが高いとか、
そういうのを価格差を見つければいいだけなんで。

何も技術とかスキルもいらずに、
ただ普通にネットショッピングしているだけで、
パソコン見てネットサーフィンしているだけで、
価格を抜けるようになる、
利益が出るようになる、
儲けられるようになる。

そういう事が出来る電脳せどりっていうのは、
なりよりも強いわけですよ。

だからネットが発達して、
この利便性、
その商品が買えるのが楽になったっていう事は、
自分たちがビジネスする事も、
楽になったわけですね。

で、その部分を是非活用してもらいたいなと、
思って今回お話させて頂いています。

今までね、家にいて中々家にいるから稼げない、
外に出られないって事がストレスになったりとか。

そこで悩んだりとか、
金銭的な困窮っていう状況があった中で、
上手く活用すれば、
他の動画とかブログでも言ってるように、

5万、10万稼いで、
家計の足しにしたり、
本当に切り詰めている状態っていうのを抜け出せます。

とある本に書いてあった事なんですけれども、
お金がカツカツできゅーきゅーの状況っていうのは、
それを我慢して我慢して我慢して、
耐えて耐えて耐えてずっと生きていくよりも、
なおした方が早いです。

なおせます。簡単に、
しかも素早く、
これは明確に言えます。

で、その努力、
一歩踏み出す勇気があるんだったら、
絶対にそれを選択した方がいいです。

ずっと体調悪いより、
2,3日寝て、
直した方がいいですよね。

例えば、
風邪ひいちゃって、
でも忙しくて中々ゆっくり休めずに、
その風邪が1週間も2週間も、
中には1か月も長引いて、
その間ずっと体調悪く生活するより。、

2、3日すいません、
風邪ひいちゃったんで会社休みます。

その2、3日休んで万全に直してきますって言って、
もう速攻で病院行って、
注射打ってもらって、
ある程度診療費を払って2、3日寝て、
バッて回復した方が、
絶対そのあとの期間、
健康に過ごせるわけだからいいわけじゃないですか。

しかも、風邪をこじらせて
1週間ぐらい休んで、その分の給料もらえないより、
病院行って、治療費払って短時間で治した方が、
断然コスパいいですしね。

それと全く同じように、
お金ない、お金ない、お金ない・・・っていう生活が、
1か月、2か月、半年、1年、
長い人は5年10年って続いていく訳ですよ。

そんな人生送るより、
稼ぎ方を勉強した方が、
早いです。

今の状況抜け出すには、
その意味では、
本当にせどりはすごく簡単で、
何よりも商売の基本なので、
そこを是非実践していただいて、
このお話もそのきっかけになれば僕としてもうれしいです。

今日もありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】