Amazonからのアンケートに答えておけば、販売や売り上げが10%有利になるぞ

こんにちは、つっちーです。

今日は「Amazonからのアンケートに答えておけば、販売や売り上げが10%有利になるぞ」
というタイトルにてお話していきます。

よろしくお願いします。

Amazonでせどりをしている、
セラーのアカウント持ってる人だったら。

その登録してあるメールアドレスに、
Amazonからのニュースレター、
って届くと思うんですよね。

その内容っていうのは、
「今度こんな事を考えていますよ。」、
「次回は、こんなサービスを展開していきますよ。」
とか。

「こういった試みをしようと思っています。」

って言った形で、
セラー向けにサービスを拡充するとか、
色々考えてますよ、
っていう案内が来ると思うんですけれども。

その一番最後にですね、
アンケートがあるのって知ってましたでしょうか?

「このアンケートに答えてください」
みたいなのがあって、
それに答えると5分10分ぐらい時間を取られるんですけれども、
そういったアンケートがあります。

このアンケートって、
ニュースレターだけじゃなくて、
セラーセントラルの画面の中でも、
たまに出てきます。

そういったアンケートには、
僕は答えておくべきだと考えています。

それをやっておけば、
販売の売り上げが10%有利になるぞ、
って言ったんですけれども、
まあそれぐらい有利になったらいいな、
って期待を込めて、
それはお伝えした部分があります。

どういう事かっていうと、
Amazonからしたら、
僕ら一人一人のセラーの意見っていうのは、
貴重な意見というか、

「どういった事を考えてるのかな?」とか、
「どういったのが必要なのかな?」っていう事を聞くための、
非常に優秀な有効な手段であって、
そこで集めた情報をもとに、
運営を考えていく。

どういった方向に進めていったらいいのか、
っていうのを考えている訳ですね。

だからそういった意見を、
僕らが届けるっていうのは、
すごく大事な事なんですけれども。

それ以上に、
自分のアカウントが活きてるかどうか、
っていうのを判断される状況もある。

この人はレスポンスは早い人なのか?
ちゃんとこっちが投げかけた事について、
返してくれる人なのか?

っていうのを判断されてる状況があるとも考えられます。

Amazonっていうのは、
コンセプトとして、
地球上で最もお客様を大切にする会社、
っていう理念をもとに運営してる訳ですけれども。

僕らセラーっていうのは、
お客さんでもあり、
その商品をさらに販売していくお客様もいるので、
お客さんだけど販売者でもある、
Amazonの一つとも言える訳です。

そういった僕らセラーが、
Amazonからのアンケートに、
早く答えるか、答えないかっていうのは、
ある意味で、消費者であるお客様に対しても、
少しでも早くレスポンスをする、
応えられるセラーさんなのかどうか?

っての判断されてる。
という状況があるって伝わりますかね?
わかりますかね?

というのも、
Amazonはセラーセントラルの中で、
お客様からの質問を頂いたりとか、
問い合わせを頂いた時っていうのは、

どれぐらいの時間でレスポンス返してるのか、
っていうのを常にチェックできる状況があります。

その中で、
その返事が遅ければ、
アカウントの停止だったりとか、
削除だったりとか、
そういった危険性がはらんでいるわけで。

なので、お客様への返事っていうのは、
早く返さなければいけない。

そういった状況があるならば、
Amazonからの問い合わせに対しても、
僕ら早く返した方が有利になるってわかりますよね?

逆の立場になって考えてみた場合、
僕らがAmazonだった場合、
アンケートを投げました。

それに対してちゃんと真摯に返してくれる、
セラーさんなのか、
それともそういったアンケートには全く返さない、
非協力的なセラー、売り主なのか、
っていうのはAmazonはやっぱ常にチェックしていて、
それをデータで管理している訳ですよね。

あれだけの会社がそこを管理してない、
っては逆に考えにくいと考えるならば。

僕らがアンケートをもらった時に、
それをすぐ返すのかすぐ返さなのか、
っていうのでAmazon側からすれば、

「あ、この会社はアンケートを送ったらちゃんと返してくれる会社さんだな。」
「この会社さんはアンケート送っても全然返してくれない、
うーんちょっと協力してくれない残念な会社さんだな」

って判断されるのは、
まあ言うまでもないですよね。

そういった数値をデータ化して、
反映してても全くおかしくないですよね。

だってAmazonからしたら、
少しでもレスポンスが早くて、
良い対応をしてくれる会社さんから、
一般消費者のお客様が商品を買ってくれれば。

何かあった時にその会社はすぐに対応する、
っていう事が想定されるっていうか、
分かっている訳ですから。

そういった会社さんから、
商品が売れてった方が、
より良いわけですよね。

そういった感じで、
フィルターをかけてるっていうか、
スクリーニングっていうんでしたっけね。

まあ、より良い、
より素早く対応する会社・セラー・個人事業主から、
売れるようにアルゴリズムを変えて、
その人がショッピングカートを取る、
っていう状況があると考えるのが、
ごくごく自然じゃないかなと思います。

さらにですね、
僕らが見えるアカウントの状況、その評価、
お客様から頂いた評価とはまた別にですね、
Amazon内部で評価システムがあるっていうのが、
多分あるんじゃないかなと思います。

というか、きっとあるはずです、
じゃないと急にねアカウント停止くらったりとか、
他の人がアカウント停止くらってるのにもかかわらず、
自分のアカウント停止くらわないみたいな、
そんな状況もあるんですね。

どういう事かっていうと、
同じ案件、同じ内容で、
同じ対応をしたにもかからわず、
僕はアカウント停止されなかったんですね。

ちゃんとセラーセントラル方と、
セラーセントラルの中で、
Amazonのアカウントスペシャリストとか、
チャットでやり取りするとか、
電話でやり取りする方と、
やり取りをして事無きを得た案件があったんですけれども。

他の人、
せどらー仲間とか他のブログとか見てて、
同じ案件、でアカウント停止とか、
アカウント削除くらったみたいな、
そんな人もいるんですね。

そこにはやっぱり、
じゃあ明確な差がある訳で、
じゃあその人の評価がどれぐらいだったのかっていうと。

表向きの評価は、
お客様から頂いている評価は、
100%とか99%で悪くないんですよね。

でも、よくよく聞いてみると、
「アンケートとか答えてた?」
とかそういう話を聞くと、
「いや答えてなかった・・・」
とかっていう状況があるんですね。

先ほどもお伝えしたように、
逆に僕らがAmazon側だったら、
やっぱりアンケートを送ったりとか、
何かあった時にレスポンスが早い人。

お客様だけじゃなくて、
Amazonに対しても、
レスポンスが早い人っていうのはやっぱり、
印象いいですよね、
当たり前ですけど。

Amazonの内部、
Amazonの中の人からしても、
やっぱりそういったセラーさん、
会社さん、個人事業主さんは、
Amazonからだってもちろん評価がいいわけですよ。

だからですね、
アンケートに答えておけば、
販売や売り上げが10%有利になるぞって、
期待をこめている部分もあるんですけれども。

10%どころかですね、
アカウントが削除される、
削除されないみたいな、
そういった部分にもかかわってくるとなると。

これ一本でやってる人とかは死活問題で、
せどりとか出来なくなって、
Amazonで販売できなくなったっていったら、
また勤めに出なきゃいけないみたいな、
そんな状況がある訳で。

そこを考えると、
いい意味でAmazonに従順になるというか、
素直な対応をする、
そういった事が大事だなと思って。

アンケート一つとってもですね、
変な事というか、
「めんどくせーや・・・」とか、
ちゃんとしたビジネスとして考えずに進めてしまうと、
あまりよろしくない状況があるよ、
っていうのをちょっと伝えたくて、
今日はお話させて頂きました。

たかがアンケートされどアンケートみたいな、
そんな状況がありますし、
他にも色々Amazon側からメッセージを発信してる状況っていうか、
そういった事があるので。

そういった部分を見逃さないように、
今回のお話から、
そういった所を気をつけて頂ければと思います。

今日もありがとうございました。

◆追伸
アマゾンとやり取りをする時は、
ちゃんとした言葉遣いを心がけ、
ビジネスライクな文章で返すようにしましょう。

なかには、感情的になって、
アマゾンテクニカルサポートの人にたいして、
暴言を吐いたりしてしまう人もいるようですが、
そういった事は、絶対にしないように!

そのような行為を繰り返せば、
アカウント停止やアカウント削除の対象になってしまう可能性が
大きくあがってしまう事でしょう。

自分がされて嫌な事は、相手にもしない事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】