納品作業に1週間で5時間、年間260時間と考えると無駄だと思わない?自動化して一生ゼロになるなら?

 

こんにちは、つっちーです。

今日は、納品作業に1週間で5時間、年間260時間と考えると
無駄だと思わない?自動化して一生ゼロになるなら?
という事について話して行きます。
 
何でもそうですが、稼ぐために仕事をするとなると、
そこに作業が発生します。
 
せどり、物販もしかり。
特にせどりは、煩わしい作業が多く、
その作業に時間をとられてしまう事が
すごくあります。

なので、その作業をいかに減らしていくかについて、
お話していきます。
 
 

◆まずは自分がやってる作業を人に任せられないかどうかを考える

 
僕はというと、1週間で平均5時間ほど、
商品登録や納品、梱包など
作業に時間をとられていました。
 
年末などのかきいれ時、
荷物がちょーーー大量にある場合は、
心の中で

「めんどくせーーーーーーーー」
「ここまで商品を溜めず、こまめに発送すれば良かったあああああ(泣)」

と思いながらも、

1日8時間以上、
そのような作業をしなければならない状況があり、
かなり疲れた事を覚えています。
 
 
作業を人にまかせるにあたり、
まずそれを人に投げても大丈夫かどうか?
を判断します。
 
 
「納品・梱包作業」は、
マニュアルさえ作れば、誰でもやる事が可能だし、
アマゾンせどりで考えた場合、
 
アマゾンは、僕らせどらーに
商品を仕入れて、アマゾンの倉庫まで送ってくる
梱包作業を任せている。外注化していると言えます。
 
 
そこには、
「商品登録はこのやり方で行ってください」
「段ボールは、160サイズ以内にして下さい」
などなど

アマゾン側が用意したマニュアルが
あるからこそ、スムーズに行く状況があります。
 
 
 
また、お客様から注文が入った時に、
商品の発送をアマゾンがやってくれるサービス。
FBAサービスの使用を設定している場合は、

逆にこちら側が、出荷作業をアマゾンにお願いしている。
すでに外注し、自動化している状況があると言えます。
 
 
そう考えると、
外注化して、作業を自動化するには、
マニュアル化する事がポイントになってきます。
 
 

◆納品・梱包作業を自分でしていた事で、年間130万損していたつっちー

 
改めて、僕は1週間で
平均して5時間ぐらい納品・梱包といった
作業に時間を費やしていました。

年間で言うと、約260時間。
 
 
でも、僕は自分が仕入れの為に動いたら
店舗行っても、電脳せどりでも、

1、2時間で、10000円ぐらい利益が出る商品を
見つけられるので、
安く見積もっても、仕入に集中すれば、
時給5000円は出せます。

その時間が、作業にとられていたと考えると、
1週間の作業5時間×5000円で25000円。

1年では、130時間×5000円で
なんと、130万円も損してた事になるのです。
 
自分で計算してみて、
「げっ、げぇええええええええーーーーーーーーええええええっ」
「まじかよーーーーーーーー」
って思いました。
 
 
じゃあ、その梱包作業を人に任せる。
それを専門にしている発送代行会社に依頼するとなると、
その当時の自分の物量で調べてみたら、
月に2万円ぐらいしかコストがかからなかったのです。
 
1年では24万円。
自分が仕入れに集中して、
作業を任せた場合との差額は、
130万-24万円で106万円です。

自分で計算してみて、
この結果には、マジでマジでビビりました。
驚かされました。

っていうか、ちゃんと数字で出すの
マジ重要だとすっげぇ思ったし、
実感しました。
 
 
しかも、梱包自体は、
直接的な利益を生み出さないし、
めんどくさい以外の何物でもないので、

そんな作業から、
今後、一生おさらばできるのであれば、
任せない手はありません。
 
 
僕は、早速
外部へ委託をし、細かい打ち合わせの後
納品・梱包作業に関しては、自動化を完了させました。
 
その結果、作業に追われる事がなくなり、
非常に好循環になったのと同時に、
そこから利益が増えて行く、という、
良いことづくめな流れになれたのです。
 
 

◆外注化の意識を常に持つ事で、作業からおさらばできて金も稼げる

 
もう一つ良かったのは、
選択肢が減った事で、
自分が考えていた以上に、
時間が増えた事です。
 
それまでは、朝の午前中に仕入れに行き、
商品が溜まってきたから、
午後は家に帰って梱包作業しよう。

と考えていたりしました。
 

仕事と仕事を切り替える時間って、
ほんとバカにならなくて、
その作業をする為に、仕入先から家に帰って・・・と、
場所の移動や準備の為に、
平気で1~2時間はとられます。
 
しかも、仕入れた商品や荷物を持っての移動は
ほんとーに、めちゃめち疲れる。
 
 
でも、仕入先から
そのまま発送代行業者に配送できれば
非常に・・・、というかメチャメチャ楽だし、

仕入に行った出先で、
「梱包作業をしなくても良い」となると、
仕入に集中でき、

1週間分の仕入れがまとめてできたり、
ずっと、利益を生み出す作業にとりかかれ、
結果として、
自分のせどりによる時給も上がった訳です。
(経営者の立場で考えると、時給で話してはいけないけど)
 
 
せどりだけに限らず、
自分で作業をしてしまっている・・・。
 
という状況があるなら、
今すぐにも、その作業を外部に任せる事ができないか?
 
自分がやってる仕事を、
人に任せる事ができないか?
そう考える事がすごく大事になってくるし、
 
僕は、今も常に、
自分がやっている仕事に関して、
マニュアルを作って、誰かに任せる事ができないか?

という、外注化の意識を常に持ってやっています。
 
 

◆外注化する過程で、一時的に売上が下がる葛藤との戦い

 
ただ、僕もすんなりと
それができた訳ではなく、

マニュアルを作って外注化する事にあたり、
その為の一時的な時間が必要だったり、

仕入に使っていた時間を外注化にまわすので、
売上が下がってしまう事に対する葛藤も
メチャメチャありました。
 
 
多分、せどらーさんの中には
外注化や自動化で仕組みを作りたくても、

仕入がいったん止まってしまう事。
それによって売上が落ちてしまう状況に
すごく大きな怖さを感じる人、多いと思います。
 
 
っていうか、何を隠そう僕自身も、
すっごくすっごく、そのような気持ちがありましたし、

仕組みを作る事によって、
一時的にでも売上が落ちるぐらいなら、
今のまま、自分が作業をすればいっか・・・。

と考え、
外注化をやった方が
確実に良いと分かっていながらも、

それを実践する事を先延ばしにしていた
状況がありました。
 

・たとえ一時売上が下がっても、外注化にはそれを取り戻せるだけの破壊力がある

  
しかし、仮に一時
売上が下がったとしても、
その後、利益を生み出す作業に集中する事ができれば、
一気に取り返せるし、

何よりも、今までやってたその作業とは、
一生おさらば出来ます。
 
 
1日ベース、1週間ベースで考えると、
「これぐらいの時間なら、自分でやればいっか・・・」
と考えがちですが、

それが1ヶ月、1年で考えた場合、
どれだけ、時間コストがかかっているのか?
それは膨大ではないのか?
 
もし、大きくお金を稼いで、
自分の時間を自由に使えるようにしたいならば、
経営者として、その部分を考えなければいけない。
と僕は思ったんです。

だって、ずっと作業し続けるの、
めんどくさいし、イヤだもん(笑)
 
 
今まで自分でやってきた場合、
それを人にまかせる。
誰か他の人に仕事を投げる事に対して、
勇気が必要かもしれませんが、
 
自分がそこに割いている時間と、
それによって、年間ベースでどれぐらい時間が
節約できるのかを、数字で計算すると、
ビビるぐらい、非常に分かりやすいです。

実際に、僕が最初に出した
1年間で最低でも作業に使ってる時間が
260時間という結果は、
僕自身を恐怖させて、行動にかりたたせるには、
充分な数字でした。
 
 
 
自分の仕事、作業に無駄はないのか?
いつまでずっと、その作業を続けて行くのか?

僕は自分自身にそれを問いかけて、
外注化、仕組化を完了させる事ができて、
本当に良かったですし、

作業から解放されて、
今は、めちゃめちゃ・・・
めちゃんこ充実してます(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】