amazonせどり、販売価格はなぜアマゾンでの値段を基準に考えているのか?

 
こんにちは、つっちーです。
今日は「アマゾンせどり、販売価格はなぜ、アマゾンでの値段を基準に考えているのか」
というタイトルにてお話していきます。
よろしくお願いします。

せどりをするうえで、
販売する商品の価格を
アマゾンをベースに考えて話をする人って多いと思うんですよね、
せどらーさんの中でも。

で、それは何でかって、結論から先に言うと
アマゾンだと、とにかく商品が売れていくから
という状況があります。

もちろん、主戦場が楽天の人は楽天で考えるし、
ヤフーで考える人はヤフーで考えるんですけれども。

相対的に見てヤフーや、楽天よりも
アマゾンの方が高値で販売している状況がある。

なので、商品仕入れて
やっぱり商売人、商人(あきんど)であれば、
一円でも高く売りたいですから
そういう意味でアマゾンでの販売価格を基準にしている状況があります。

では、なぜそんなことが起こるのかというと
まずですね、
アマゾンの方が信頼がある部分。
これが一つ上げられると思います

どういう部分で信頼があるのか?
これはですね、

例えば、
あるAという同じ商品がヤフーショッピングでは1万5千円
楽天では1万5千円
でもアマゾンでは1万8千円で売れていて
しかもアマゾンでも全然売れていくという状況があります。

その背景には、その商品を購入するお客様の信頼
アマゾンに対する信頼があると僕は思うんですね。

ていうのも、僕自身せどりをしている、せどらーであり
今は会社の代表として、小売業の事業主であり
でも一般消費者として、お客様の立場っていうのもありますし。
そのどれもがあるんですけれども。

ここでは、お客さんの立場から商品を購入するって事をした時に、
やっぱりですね、
アマゾンの方が商品届くの早いし、
でその商品に何かあった時でも、
返品とか返金の保証っていうのがすごく手厚いんですよね。

30日間の無償保証というか、
30日間であれば、言ってしまえば、
理由を問わず返金、返品を保証してくれている。

それに対して楽天とかヤフーに関しては
そのショップさんが、それを認めてくれなければ、
返品や返金できない状況がある。
しかも、そのやり取りにすごく時間が掛かったりするんですよね。

実際、僕経験があるんですけれども、
楽天で商品を購入して、実際に届くまでに2、3日かかったと。

その商品使ってみたんですけれども、不具合があって、
その不具合を相手のショップさん、
楽天に出店しているショップさんに伝えたんですけれども、
中々返事が来なくて
返事が来ても、返品とか、返金を渋るような内容だったんですね。

なので、そこで相手の会社に電話して
結構文句っていうか、「全然使えなかったですよ!」
っていう事を伝えて
やっとしぶしぶ認めてもらえたみたいな、
すごい労力とストレスを感じたんですよ。

実際に返品して、
商品を購入してからすぐ使いたかったんですけど
そのやり取りに何日かかかって、
商品を使えるまでに時間が掛かった状況があったわけですね。

それに対してアマゾンは
アマゾンに商品を納品して、プライムで発送される商品
要するにFBAで納品されて、
それでアマゾンから出荷される商品に関しては
言ってしまえば、有無を言わさず30日間の保証があります。

僕も商品購入して、
実際にアマゾンの商品で不具合があって
返品するときも、
返品の窓口もすごく分かりやすいですし、
すごくスピーディーな状況があるんですね。

なので、自分の中で
「返品してもらえる、返品を受け付けて頂ける」
っていう安心感があるので、
もう一個また新しいの買って、商品を返品した
っていう状況があるんですね。
届くのもすぐ届きましたしね。

一番びっくりしたのは、
夜中にですね僕、
電動歯ブラシ欲しいなと思って、
夜中の1時とか2時ぐらいに
商品をオーダーしたことがあるんですよ。

その日寝て、どうせ商品届くのその次の日だろうな
とかって思ったんですけども、
そしたらですね、その日の午前中に届いたんですよ。

要するに
1月1日の午前1時にオーダーしたなら、
1月1日の午前10時に商品が届いたんですよね。

9時間後ですよ
その日のお昼から電動歯ブラシ使えたみたいな状況があって
いや、めっちゃ早いなこれ、とか思ったんですね。

一回あの利便性を使ってしまうと
やっぱりもう抜け出せないですよ。

同じように商品買って、2、3日後に届くのと
遅くてもその翌日に届くっていうこのスピーディーさ

やっぱりそういった部分で
自分がそういう風に感じたように
他のお客様、アマゾン使ってるお客様も
商品オーダーしてすぐ届くっていうのは
すごくありがたいですし、その信頼があって、
やっぱり多少高くてもアマゾンで購入する
っていう状況があるんですよね。

なので、最初の話に戻るんですけども
販売価格がアマゾンを基準にしている状況がある。
何故ならば、高値で売れるから。

その高い値段で売った方が、
僕らせどりをするうえでは、
1円でも儲かることが多くなるっていうか
1円でも高く売れるので、そういった状況があるので
それを基準にしているっていう風なお話でした。

そういったモールといいますか
ショッピングモール使えるようになると、

お客様がどういった事を考えていて
どういった事を思っているのか
どういったサイトを使った方がいいのかっていうのが
色々分かってくるようになるので
お客様の心理がわかってすごく面白いですし。

そういった部分を考えて
自分なりに戦略を立てて商売するっていうのもまた面白いので
そういった面白み、醍醐味っていうのもまた
この話から少しでも伝わったらいいなと思います。

今日もありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】