店員さんを味方につけて、情報と商品の2つをお得に仕入れろっ!

 

こんにちはつっちーです。
今日は、「店員さんを味方につけて、情報と商品の2つをお得に仕入れろっ!」
と言うタイトルにてお話ししていきます。

僕は本当に
店員さんネタ多いと思うんですが、
それは店員さんといろいろ話をすることによって
情報を得てきたからです。

もともと人と仲良くなるのが得意だし、
誰とでも仲良くなれる性格なんですが、
コンサル生やせどり仲間からも、

「どうしたらそんなに仲良くなれんですか?」
「店員さんと、どんなこと話すんですか?」

みたいな事を聞かれます。

なので今日は、仲良くなるコツみたいなものについて、お話していきます。
店員さんを味方につけたら、本当に話早いです(笑)

◆最初は店員さんとバチバチだった

当初はせどらーとして
お店の人にうっとおしがられていた僕ですが、
今ではめっちゃ仲良くて、お店に行けば

「おっ、土屋さん元気?」

と、向こうから声をかけてもらえます。

最初の頃は、商品を購入させてもらえなかったり、
意地悪をされたりすることがあったので、
店員さんとプチバトルみたいなの事も
しょっちゅうありました。

僕らが仕入で商品を買うのって、
1個、2個の話ではなく、利益が出るとなったら、
20個でも30個でも買うレベルです。

なので店員さんは後付けで、
一人1台しか買えないとかレジで言ってきます。

それに対して、

「いや別に、これ1人1台って書いてないので、何台買ってもいいじゃないですか?」
「なんでこれ買わせてもらえないんですか?」

などなど、こっちの都合を主張して、
何とか会計を通すみたいな事もありました。

でも買わせてもらった最後には、
必ず「ありがとうございます」という感謝の言葉を述べて、
頭を下げて帰ります。

やっぱり商品を仕入れられなければ
売上は立たないわけで、利益も出ません。

そういう意味では、
なんだかんだで買わせてもらえるのは
すごく有難い事なのです。

また、店員さんだって人間なので
バチバチした後で丁寧な対応されたら、
「まぁ、しょうがないか・・・」と思ってくれるものです。

で、次にお店にいった時、その店員さんに会ったなら、
「いや~、この前はわがまま言っちゃってすいません。」
みたいな感じで、丁寧な対応をします。

これはギャップ理論といって、何にでも言えることですが、
最初悪い印象だったのに、その後良い対応をされる事によって、
相手の印象が非常によくなる。という法則があります。

店員さんに悪い印象を与えた後、良い対応を心がける。
そうすることで一気に仲良くなれるわけです。

◆あえて、自分が使われる事を意識するのも一つ

また、あえて自分が使われる事を意識する。
っていうのも大事です。

例えば僕の場合、、、
家電量販店に行くと商品の購入と併せて、
au やソフトバンクの
インターネット加入の勧誘を受ける事がよくあります。

あれって、家電やパソコンを買いに来た人の
ネット回線を獲得するためにやってますが、

販売員さんは、そこにどれだけ誘導したのかというのも、
成績として判断されます。

なので僕は、必要ないのが分かっているけども、
あえてその勧誘を受けることがあります。

「今、インターネッとにご加入頂くと、
ご購入予定のカメラを、3万円値引きさせて
もらいますがいかがでしょう?
ぜひ、インターネット切り替えませんか?」

みたいな感じです。

話を聞くだけで、もちろん契約はしませんが、
それでも店員さんにとっては1件プラスになるので、
僕に対して貸しができるわけです。

でも僕は、貸しができたからといって、
そこで「何か商品を安くしてよ。」なんて、
ちっちゃい事は言わず、

それきっかけで仲良くなれたこと良しとし、
その後世間話をしたり、ということに繋げます。

そうすると、いざ何か欲しい情報があった時、
店員さんに聞けば、快く教えてくれるのです。

◆商品を1個、2個値下げしてもらうより、情報をもらった方が価値がデカい

その情報は
商品を1個や2個値下げしてもらった金額とは、
比べ物にならないほど利益になるのですが、

店員さんからすると、
別に知ってる知識を伝える事は
特に難しい事でもないので、
色んな情報を教えてくれます。

例えば、
「○○のゲームは在庫無くなってきてるけど、
次の入荷もウチに入ってくる量が少ないから、
市場に出回る数も少ないし、今以上に品薄になりそう・・・」

とか

「人気シリーズのキャノン□□のカメラだけど、
このモデルは今回作っているシリーズで最後だから、
後継機がでない。
すごく人気で機能も良いんだけど、スマホとユーザーがかぶるから
もう販売しなくなるらしい。」

みたいな情報をつかめば、
あとは、ちゃんとその商品をリサーチし、

本当に市場から少なくなり始めて、
いよいよ値上がりしそうな時に、
色々なところからかき集めれば、

短期間で一気に利益を積み重ねる事ができるのです。

◆相手にとって、軽い事を選択してあげる

ここで重要になってくるポイントとして、
相手にとってそれがどれだけ重いことなのか、
というのを見極める事です。

店員さんからすると、値下げをするのって、
まず赤字にならないか、粗利率は大丈夫か?
っていうのを確認し、
さらに上司にお伺いを立てて、了承をもらって・・・。と、
けっこうめんどくさいんです。

価格を決定する上司が忙しいと、
値下げ交渉自体に、20~30分かかり、
店員さんもバタバタしてしまう状況があります。

何より、本音を言えば、
やっぱり値下げはあんまりしたくないものです。

その一方で、知っている情報を伝えるのは、
聞かれた事に対して答えるだけで、
特に何かの作業が発生する訳ではないので、
その方が気楽で、全然OK だったりします。

つっちー「ちわーっす、元気?!
なんか、最近おもしろい情報ないの?」

店員「そういえば、○○の商品なんだけど、
ネットでは今けっこう価格が上がってる。

さっきマネージャーが、○○カメラに価格調査に行ったんだけど、
ウチは他店対抗で値段あげれないから、
ウチの店と〇〇カメラで買えば、それだけでけっこう稼げるんじゃない?」

つっちーの心の声「ほぉ~、しめしめ(笑)」

みたいな事を、向こうから教えてくれます。

だったら、そういう情報をもらった方が、
相手に労力を掛けなくて済むし、
最終的により大きな利益につなげられる面があります。

◆店舗の中でポケモンgoをやってた店員さん

あと、ポケモンgoがはやった時、
店員さんとかも、みんなメッチャやってて、
お店の中を、グルグルグルグル歩き回る店員さんが増えて、
その話題で盛り上がったりしました。

つっちー「○○さん、さっきから何してるの?」

店員「いやー、ポケモンgoリリースされたから、
なんとかポケモンをゲットしようと思って。
あれって歩かないと、次のポケモンでないでしょ(笑)
息子に色々捕まえてきて!!ってせがまれちゃってさ(笑)」

みたいに、
店員さんだって、人の子ですから、
家族を大事にしてる人もいるので、
そういった店員さんには、逆に僕が色々調べて、
新宿御苑がピカチュウの森になってるから、
めっちゃオススメだよ!

って教えげあげたら、
数日後、めちゃめちゃ喜ばれたりとか。

ほんとに話題は何でもよくて、
「商品を安くしてもらおう・・・。とか、情報を聞きだそう」
なんて事は考えず、

最初のうちは
ただただ仲良くなることだけを考え、
相手にも情報や価値を
提供できる存在になれる事を
心がければ、

向こうだって人間なので、
情報だったり値下げだったり、数を買わせてくれたり、
欲しい商品を、なんとか頑張って
他店舗から取り寄せてくれたり、
他のせどらーに商品を買われないよう、
僕だけの為に商品をキープしておいてくれたりと、

本当にこっちの味方になってくれます。

◆仲良くなる為の話題は、なんでもいい

他にも、
僕は花粉症なのですが、花粉の季節に
急にマスクをする店員さんがいたならば、

「花粉症なんですか?」

って聞いて、話題を振ってみたり、

店員さんが髪切ったら、
「髪切ったんですかっ?」、って聞いたり、

女性の店員さんが、髪型やネイル変えてたら、
それに気づいてあげたり、

男性の場合は、ワイシャツだったりネクタイだったり、時計だったり、
身に付けている小物が変わる時があるので、そこに気付いてあげたり、

話題は本当に何でもいいんです。

そういった小さいところから入っていって、
仲良くなればいいと思っています。

◆改めて、店員さんだって人の子だもん!優しくされたら嬉しいのです。

お店に行ってるとわかるのですが、
店員さんって、自分に非がないのに、
感情的になったモンスタークレーマーに
ギャーギャー言われて、

見ていてほんとに
かわいそうだなと感じる状況があります。

改めて、店員さんも人間な訳ですから、
1人の人として大切に接すれば、すごく感謝される。
それはちゃんと自分に返ってきて、お店に行った時に、
自分の味方になってくれます。

何よりも、店員さんと仲良くなれば、
本当に気軽に情報を仕入られるようになり、
条件が会えば、
商品を安く購入させてもらえるようになる事は、
朝飯前になります。

そうなったら、お店に行く事がすごく楽しくなるので、
単調なせどりをワクワクするものに変えるキッカケとして、
小さなことからで全然大丈夫なので、
ぜひ、実践してもらえたら嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】