アマゾンせどり、転売に否定的な考えのあなたへ

せどり、転売が「悪」だというのは、洗脳以外の何物でもない。

こんにちは、つっちーです。
今日は、アマゾンせどり、転売等に否定的な考えや、
「悪」だと思われている事について、
僕なりの考えをお話していきます。

◆せどり、転売は悪でカッコ悪い

せどり、転売をするのは「カッコ悪い」と
思ってる人、非常に多いと思います。

っていうか、
僕もやる前は正直そう思ってたんで。

せどりの前にも、
アフィリエイトや、株やFX、ポイントサイト等々、
いろんな事をやっても、
けっきょく派遣社員辞められず、

とにかく簡単で稼ぎやすい。
と言われている、せどりを実践してみたのです。

そしたら、あれよあれよという間に商品が売れ、
売上があがって利益も出て、
はじめて2ヶ月で会社を辞める事ができました。
 
 
もし、あの時
カッコ悪いから、ダサいから・・・。
みたいな、くだらない、しょっぱい理由で
何も行動を起こさなかったなら、
 
今も派遣社員をずっと続けていたかも
しれません。

そう考えると、
親にも心配かけ続けただろうし、
そっちの方がゲロ吐きそうで、
気持ち悪い状況があります。

 

◆実は、転売は悪って思わされているだけだった

 
で、自分でビジネスをして分かった事は、
実は、「転売は悪」という事を、洗脳され、
そう信じ込まされていただけだという事を、
本当に思い知らされる状況がありました。

というのも、
世の中にある商社は、みんな転売をしている訳で、
不動産会社も、土地や建物を転売し、
小売業は、メーカーから商品を安く仕入れて高く売ってるだけ。

そのメーカーも、原材料を安く仕入れ、
加工した後、高値で売っている。

スーパーだって、料理屋さんだって
そういった状況がある訳です。
 
 
それを踏まえた上で考えて見ると、
企業として、何かしらの経済活動をしているのであれば、
利益を出す為に、安く仕入れて高く売る。
という転売をしている。

そして、会社勤めをしている人というのは、
それを、会社の名前借りて、会社の傘のもとに
やってるだけだと言えます。

でも、そういった会社員の人、
全員が全員、せどりをやってお金儲けをする。
 
という事が正義であり、正しい事だと認識した場合、
当然、会社で働く人は少なくなります。
 
 
会社で働く人が少なくなるという事は、
その会社の社長や取締役といった、
経営者側の立場の人からすると、
 
自分のコマとなって、代わりに働いてくれる人が、
いなくなってしまう訳です。
 
そうすると、
めんどくさいデータの入力や、
電話対応、営業での外回りなど、
全部、自分でやらなければならなくなります。
 
だから、
「転売は悪」という事を言えば、
自分でビジネスする人を減らせる。
 
結果として、会社で働く事を選択する
社畜が増えるのです。
 

◆本当に転売は悪なのか?

で、僕がせどりをし、
商品を販売してみて、

お客様から、
「転売なんてしやがって、このクソ野郎!」
みたいな事を言われたかと言えば、
 
そんな事言われた状況は
一度もありません。
 
むしろ、お客さんに喜ばれる事が
非常に多いのです。

ある時、アマゾン上で
かなり長い期間在庫切れを起こしていた
商品を出品した事があります。
 
しばらく経ってから商品が売れ、
お客様から頂いた言葉は、

「ずっと探してた商品を見つける事ができました。
ありがとうございます。マジで神です。」

みたいな、めっちゃ喜んでもらっている
コメントを頂いた事があります。
 
 
ある意味、店舗でなかなか売れなくて、
眠っているような商品を掘り出し、
ちゃんと欲しい人の所に届けられる。

リサイクルショップ、のような役割が
できているとも言えます。
 
それは、お店にとっても、在庫が処分できて嬉しいし
お客様も、探してた商品が見つかる。
僕らも利益が出るので、三方良しな状況があります。
 
 
まぁ、よく例えられますが、
転売が悪かどうか?というのは、
包丁が悪かどうか?と言ってるのと同じな訳です。

料理に使えば、非常に便利な道具だし、
逆に人を傷つける道具にもなりえる訳です。
 
だから、使い方次第。
考え方次第だと言えます。
 
 
 
「転売が悪」だという考えは、
その考え方自体が、洗脳されてるよ。

自分で考えず、周りの意見を鵜呑みにしていると、
結局は、自分が搾取されるだけだよ。
 
 
転売であろうが何だろうが、
ちゃんと相手に価値を提供できていないのであれば、
それで儲けるなんて不可能。
 
逆に儲けを生み出せているのであれば、
ちゃんと、世の中に価値提供できているのだから、
それは立派なビジネスだと言えます。
 
 
否定的な考えで、
自分で思考する事を放棄してしまうのではなく、
なぜ儲かっているのか?
 
そういった部分まで考える
キッカケになれば嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】