店員さんに他店舗データ聞いてウォークマンを89個かき集めたった

こんにちはつっちーです。
今日は「店員さんに他店舗データ聞いて、ソニーのウォークマンを89個かき集めたったww」
をお伝えしていきます。

店員さんと仲良くなると、本当にいいことしかありません。

こっちが知りたい情報を教えてくれるし、
おいしい情報があるときは事前にそれを伝えてくれて、

逆に何もないときは、僕が無駄足を踏まないよう、
「明日は何もないよ。」
「日曜のセール品は、おいしそうに見えて、全部開梱品だよ。」
といったことも教えてくれます。

店員さんと仲良くなっておけば、
得することはあっても、損する事は1つもありません。

僕が、すごく仲良くなって、
いつもお世話になってる店員さんがいます。

その人は、僕がせどらーとかそう言った事関係なく、
また、他のお客さんに対してもすごく接客態度が良く、

お客さんに商品のことを知ってもらおうと、
いつも一生懸命な店員さんです。

僕はある時、お店でリサーチをしていたら
めちゃめちゃおいしい商品を見つけることができました。

あまりにも美味しすぎたので、
どうしたらこれをたくさん集めることができるのか、
めちゃめちゃ考えて、考えて考え尽くしました。

自分の足でお店を回ったり、
片っ端からお店に電話したりしましたが、
はっきりいってスゲー時間がかかるわけです。

多店舗の在庫状況を店員さんに聞いても、
調べるのをめんどくさがられたり、はぐらかされたりで、
ちゃんとした情報は手に入らず。

いっそのこと、家電量販店の店員になって、
在庫管理システムをチェックして、情報抜いて
他店舗から根こそぎ集めてやろうかな。という事を考えたほどでした。

さすがにお店で働くのは、また社畜になるのでやめましたが(笑)

その時にふと、
いつも良い接客をしてくれる店員さんのこと思い出しました。
あの店員さんだったら教えてくれるかも・・・。

そんな期待を抱き、思い切って相談してみたところ、

「そんなの全然お安い御用ですよ。」

と言ってくれ、他店舗の在庫状況を全部教えてくれました。

その結果、出るわ出るわ金銀財宝が!
みたいな感じで、どの店舗にどれだけ在庫があって、
その商品が新品か?展示品か?という事までもがわかったのです。

在庫確認で電話してみると、「在庫1個だけあります。」
とか言われるのですが、実際の店行ってみたら展示品だった。
みたいなオチがあるので、

その店員さんに出してもらった情報は、
非常にありがたかったです。

あとはその情報を元にして、在庫がある店舗に電話をかけ、
まずはライバルなどに買われてしまわないよう、
在庫を確保をします。

この時もちょっとしたテクニックが必要で、
そのお店にある在庫数よりも多い数量を買いたい旨を伝えます。

どういう事なのかというと・・・

例えば、もう情報出してもらってるので
その店には在庫が3個ある事をこちら側はわかっています。

でも電話では、「◯◯の商品を訳あって10個買いたい」と伝えます。

すると店側としては
その10個を用意して売りたいものの、
在庫として3個しかないわけなので、

お客様の要望に答えらんない申し訳なさから、
3個全部購入させてくれるのです。

しかしこれが
3個の在庫に対して、3個買いたいと言った場合、転売対策として、
お1人様一つまでと言われる可能性があります。

そんな面倒くさいことを避けるために、あえて数量を多く伝える状況があります。

これは、心理的なテクニックとして非常に有効です。
他にも細かな技やテクニックがあるのですが、
長くなるのでここでは割愛させて頂きます。

そんな感じで、どの店舗にお宝が眠ってるのか?
在庫の数とその店舗がわかれば、
あとはそのお店に電話をして在庫確保して、買いに行くだけです。

中にはその店舗から近隣の店に取り寄せてもらったり、
ということもしました。

その結果、合計で89個もウォークマンをかき集めることができました。

で、かき集めた商品はもちろんこれだけに限らず
その後もいろんな商品に関して在庫状況を確認してもらい、
仕入れることができました。

僕も、いろんな家電量販店に行って、
何百人でレベルで店員さんと話してきましたが、
その人ほど接客態度が良い人はいません。

また、
いくらおいしい商品で、1個で5万円ぐらい利益が出たとしても、
1個2個しか仕入れられなければ、
そこで上がる利益もあまり大きい金額にはなりません。

逆に1000円ぐらいの薄利だったとしても、
その商品を1000個仕入れられるのであれば、
合計で100万円の利益になるのです。

数を集めて販売することは、
圧倒的に売上アップにつながるので、

ぜひあなたも今回の方法にプラスして、
自分なりに数を集める方法を考え、
実践し、売上を延ばしてもらえたらと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】