おいおい100円で仕入れた録音機が、44800円だと?!ファッ

 

こんにちはつっちーです。
今日は「おいおい、100円で仕入れた録音機が、44800円だと?!ファッ」
というタイトルでお話していきます。

せどりをしていて
ワゴンセールの中身を色々調べるのは鉄板です。

100円や500円という、大処分価格で売られている商品が、
アマゾンに出品したら2000円、3000円で売れることは、
山のようにあります。

そういった美味しい状況にありつけるのは、
毎日、根気よく地道にリサーチするからこそ
そのようなお宝に出会える状況があります。

 

◆ワゴンセールで100円で売られていた商品なのに・・・

この日も何かおいしい商品はないかと思い、
ワゴンの中にある商品をリサーチしていたのですが、
とある録音機をリサーチした際に、

「えっ?マジっ?!」

と、思わず声を上げた商品があります。

その録音機は、ソニーのカセットレコーダーなのですが、
めちゃめちゃ価格が高騰していました。

http://mnrate.com/item/aid/B00008B4VC

プレ値になっている分、
売れ行きはあまりよくないんですが、
1ヶ月に2回ぐらい確実に売れている商品です。

仕入れて置いておけば
確実に売れるだろうと思い購入し、早速出品。

売れるまでの間、なぜこの商品がここまで高騰し、
それでも売れているのか、自分なりにリサーチしていました。

 

◆高値で売れるのは必ず理由がある

まず分かったのは、年配の人は今も録音に、
カセットテープを使ってる状況がある事がわかりました。

写真も音声もデータで保存する時代、
録音するのであれば、スマホ使ったり、
ICレコーダー使う人がほとんどだと思います。

しかし年配の方にとって、
スマホは元々持ってないし、
ICレコーダーのボタンは小さ過ぎて、
うまく操作できない状況がある。

なのでボタンが大きい、
カセットレコーダーを今も使っている人は
まだかなり多くようでした。
 
そこら辺の詳細は、
アマゾンのレビューを見ても書いてあります。

そしてもう一つの理由として
その録音機の機能に、
倍の時間を録音できる
という機能がありました。

例えば90分テープであれば、
2倍の180分の時間、録音できるということです。

カセットレコーダーはまだあるものの、
同じカセットテープに
倍の時間分録音できる機能というのは、
なかなかなく、また年配の方というのは、
使い慣れた商品を使いたい傾向が強く、
モノが壊れた場合、以前に使っていた商品が高くなっても、
全く同じか似てる商品を購入する傾向にあるようです。

そのような点において
自分自身まったくの盲点だったので、
非常に驚いたとともに。
なるほど。こういう理由で高騰するのかと。思いました。

 

◆価格が高騰する条件は、人気×在庫の数

他にも、在庫の数が少ない、テレビでの紹介、人気に火がついて・・・
といろいろな理由で商品が高騰してる状況を見ると、
なぜ価格が上がっているのか、逆に下がっているのか。

他にも、人気の理由は何なのか?
自分が今まで考えたことがないような視点に気づくので、
すごく勉強になります。

さらに、よくよく見ていくと、そこに共通点が見えてきます。

例えば、人気シリーズの商品だったものの、後継機が販売されないパターン。

僕が得意なジャンルのデジカメは、スマホに押されて、
そういった機種が非常に多い傾向にあります。

ゲーム機本体で言えば、昔のモデルだったり、
ゲームソフトと一緒になったコラボモデルなどは、
後で欲しくても手に入らないので、
しばらく置いておくことによって価格が高騰します。

せどりしてる人は、モノレートの存在を知っていると思いますが、
グラフを見てれば価格が上がりそうな兆候などが、
自然とつかめるようになってきます。

結局、その商品に人気があるのかどうか?
そして、現在の在庫状況がどうなのか?
そこが密接に関係して、価格が上限したり、
プレ値になる状況があります。

 

100円で仕入れて、
44800円で売れるという商品はなかなかないかもしれませんが、
冒頭でも伝えたように、ワゴンセールの中身で、
100円、500円で仕入れて2000円、3000円で売れる商品なんてのは
ゴロゴロあります。

他にも、5000円で仕入れて、10000円で売れる商品を
色んな店舗まわって、数多く仕入れたりと、
やり方は人それぞれ、千差万別です。

とりあえず、手っ取り早く脱サラしたり、
収入の柱を作りたいのであれば、せどり・物販は、
本当にオススメです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】