台風で大雨洪水警報発令中の中。一人1台しか買えない商品を8台買ってみた(笑)

こんにちは、つっちーです
今日は台風で大雨洪水警報発令中の中、一人1台しか買えない商品を8台買ってみた(笑)
というタイトルにてお話してきます。

この方法を実践できたのは
台風ということもありますし、
お店の従業員が客の何を見てるのか、
いつも観察していたからこそ実現できた方法になります。

それでは一人1台しか買えない商品を、
つっちーはどうやって8台も購入したのか?

その日に販売されたのは任天堂3DSで、
○○○電機のリニューアルオープンの目玉品として
かなり安く販売され、
一つ売れば6000~7000円ぐらいの利益が出ました。

なので8台購入できるとなると
1日で5、6万ぐらいの利益が出る計算になります。

僕は他にもホームレスや他の人を使って、
複数台購入することはよくありますが、
これに関しては自分一人という1馬力で行いました。

まずその日は台風で、
雨もバケツをひっくり返したような大雨だったし、
自転車では進めないぐらい強い風の日でもありました。

大雨洪水警報も発令されていたので、
要するに外出するなってことです(笑)

だからこそ僕はまず、
カッパを来て全身防備でお店に行きました。

顔もマスクで隠して、服もカッパなままなので、
まずはそれで1台目を購入しました。

ちなみにそのお店は、新宿の東口と西口に店舗があるので、
同じ事を2店舗で4回ずつ行い、
合計8台手に入れた計算になります。

改めてまず僕は東口に行き、
マスクをして全身カッパのまま、
誰だかわからない見た目で1台目を購入し、
同じ事西口にあるお店でもしました。

その日に同じように買いにに来ていた、
せどらー仲間に会ったのですが、
こちら側が手を振っても、
相手は全然気づきませんでした。

で2回目、今度は別のカッパを着て
マスクをつけて行ったのですが、
1回目が本当に誰だかわからない状態でいったので、
全く怪しまれることもなく、東口店、西口店ともに
両方共にすんなりと買うことができました。

これで合計4台手に入れたわけです。

で3回目。
今度はお出かけ用の割ときっちりした、
カジュアルスーツのような格好で買いに行きました。

この時にちょっと、
疑いの目を持って見られた部分があるんですが、
なんとか乗り越え、購入することができました。

ちなみに3回目西口店にいった時は、
運良くお店のレジの人が変わっていたので、
こちらはなんなく購入できました。

これで6台です。

最後はジム帰りのような、
かなりスポーティでラフな格好でお店に行きました、

その時にはニット帽とマスクをして、
また変装していったのですが、疑いの目がもたれながら、
なんとかばれずに購入することができ、東口店をクリア。

西口店でも同じように疑いの目がもたれながらも、
なんとか購入することができ、
無事にトータルで8台ゲットすることができました。

今は、卸やメーカーから、
直接商品を買える立場になってるので、
この時のように足で稼ぐという労働はやっていないものの、
ある意味自分なりにガツガツしていた状況がありました。

で、お店の人というのは、ぶっちゃけ言うと
ポイントカードとかクレジットカード出さなければ、
誰がいつどこで買ったのかなんか把握できないわけです。

そういうのをわかった上で、お会計は全部現金でした。

で、その何ヶ月後かなんですが、
ゲームコーナーの店員さん仲良くなり、
この日の事というか、複数台購入したことに関して
聞いたことがあるのですが、

大雨や台風の日の時は本当にお客さんが来ず、
売り上げが立たない状況があるので、
逆にありがたいとの事(笑)

そういう意味ではお店に貢献できた状況があった訳です。

また○○○電機においては、
パシフィコ横濱などで、
在庫一掃処分の蚤の市を開催することがあります。

その在庫の山というのは、
いつも膨大な数があり、
それをストックしておくだけでも、
お金の回転率が悪くなり
倉庫の費用がかかったりします。

よく話す店員さんからも、
店舗のバックヤードにはいつも大量の在庫が眠っていて、
それを整理することさえも大変だという話を聞きます。

その部分からも、商品を買う人が全くおらず、
そのまま在庫として眠ってしまうよりかは、
社会に流通させる事ができました。

自分主導で考えてしまと、そこまでのガッツって
なかなか発揮できなかったり、
アクションを起こす前に、諦めてしまう状況が
あるかもしれません。

でも、視野を広く持ってみると、
それを最終的に購入したお客さんも
商品を手に入れる事ができてハッピーで、
ヤマダも商品を販売できて、
僕としても利益が出せ、
お互いがウィンウィンな状況がありました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】