amazonせどり、中古品の写真を撮影して利益30%up

こんにちは、つっちーです。

今日は「amazonせどり、中古品の出品は必ず写真を撮れ」
というタイトルにてお話していきます。

よろしくお願いします。

amazonで出品をする時に、
中古品を仕入れて
自分で検品とか修理、
綺麗にして販売する事ってあると思います。

僕も家電量販店で、
展示開梱品を仕入れて、それを綺麗にして、
amazonで中古品として販売する、
という事をやっていた事があります。

やっぱり中古品の販売でいいのは、
安く仕入れて高く売る、という事が出来る。

利益率も新品より高いですし、
何よりも、仕入れの幅が広がる、
色々なメリットがあります。

もちろん手間が掛かったりとか、
チェックしなければいけない。
故障していないか?
何か部品が欠けていないか?
付属品はちゃんとそろっているか?

そういった手間はかかるものの、
最初お金がない時にやるんだったら、
一ついい戦略になるんじゃないかなと思います。

今日はですね、
その中古品の出品について、
タイトルでもお伝えしたように、
写真を撮って出品する事、
この事についてお話していきます。

中古品を出品するにあたって、
写真を撮らない人って多いと思うんですよね。

実際にあなたにもamazonのページに行ってみて、
中古品を出品してる一覧、
そのページを見てもらいたいんですけれども。

コンディションがそれぞれ、
ほぼ新品、非常に良い、良い、可。
という形で、
色々なコンディションの出品者さんが出ていると。

それを踏まえたうえで、
説明文とかは書いてあるんですけども、
中々写真を撮って出品する人までは少ない。

なので、
本当にその商品が、
ほぼ新品なのか、非常に良いなのか、
それとも良いなのか、可なのかっていうのは、
画面を通しているお客様には、
本当にそれが情報として正しいのかどうかっていうのは、
やっぱり分からないし、心配な訳ですよね。

その不安をぬぐってあげる、
不安をなくしてあげるっていう意味では、
写真の掲載っていうのはやっぱり、
すごく大きな力を発揮します。

僕も過去において、
家電量販店から展示開梱品を仕入れて、
自分で綺麗にしていました。

そうすると、
本当に新品のように綺麗になる商品もあって、
中々その商品の新品がない、
中古品しか出品していない状況の中で、
ほぼ新品とか、非常に良い、
という形でコンディションが良い商品を出すと、
結構いい金額で売れてく状況がありました。

例えば、
新品の値段は4万とか5万とかするのに、
展示開梱品だから、
2万円とかそれぐらいで売られていて・・・。

でも、中古で販売すると、
3万円とか3万5000とかで、
売れるという状況があったり、
そのやっぱり価格差が大きいですよね。

繰り返しになるんですけども、
すごく大事なので、
何度もお伝えさせて頂きたいんですが、
お客さんはやっぱり、
買う時に本当にそのコンディションが、
ほぼ新品なのか、非常に良いなのか、
っていうのはすごく気になる訳ですよね。
 
 
自分もお客さんとして、
消費者として、amazonでじゃあ何か、
中古品を買いたいっていう時に、

これほぼ新品って書いてあるけど、
買ってみたら、
「非常に良いコンディションじゃん・・・」とか、
非常に良いで買ったけれども、
「これじゃあ良いのコンディションだな・・・」
とかって事は往々にしてある訳です。

表記されていたコンディションよりも、
実際に届いたコンディションの状態が悪い状況。

逆に、
非常に良いのコンディションで表記されていて、
自分もじゃあ納得して、
それを購入したけれども、
届いた商品はほぼ新品だった、
っていう事であれば、
逆のギャップが発生する訳ですよね。

良い方にふれる、
他にも「良い」のコンディションで買ったけれども、
届いたら「非常に良い」だったら、
すごい、めっちゃうれしいじゃないですか。

そういう形で、
お客様がうれしい方のギャップを用意する、
そういった事をすると、
お店としての信頼にもつながる。

逆に、分からない情報っていうのは、
やっぱりお客様は手出しにくい。

中古品買って、
少しでも価格が安い状況があるんであれば、
そっちを買いたいけれども、
中古品で出品している人の、
コンディションの説明がよく分からない。

そしたら中古品買うのやめて、
ちょっとお金かかっちゃうけれども、結局新品を買おうとか、
もしくはお客様は、
買わないっていう選択肢を取る事も大いにあります。

他にもいっぱい商品がある訳で、
例えばカメラでいったら、
同じレベル、同じ容量とか、
画素数だったりとか、
機能だったりとか、
そういったカメラはいっぱいあるので。

こっちのAという商品のカメラは、
中古品は全然出てないし、
出ていたとしても説明が不十分だっていう事であれば、

同じスペックで他に中古品で出してて、
安く買えて、
写真とかもちゃんと掲載してるお店がないかな、
とかっていう形で、
他に目移りしてしまう事よくあります。

僕もありますし、
あなたもそういう事あるんじゃないでしょうか?

で、あるならば、
自分が仕入れた商品にお客様を留める、
お客様にその商品を是非買って頂いて、
自分の売り上げ、利益を上げる、
っていう事を一生懸命頑張るんであれば、

やっぱり写真を載せたりする、
説明文をしっかり書く、
嘘偽りなく書くっていうのが、
すごく大事になってきます。

僕、展示開梱品仕入れてきて、
中古品として販売する、っていう状況があった中で、
ずっと売れ残ったりとか、
それを廃棄処分してしまうなんて事は、
一度もないんですね。

ていうのも、
必ずその説明文しっかり書いて、
正直に書いて、写真を掲載する。

amazonのページ、
商品説明のページには、
6個まで写真掲載できるんですね。

6枚をアップすると、
コンディションの説明の部分から、
6枚だけお客様にご提示できる、
確認して頂ける、
という状況があります。

なので、その写真も、
最初20枚とか30枚とか数多く取って、
その中の選りすぐりの6枚を、
ちゃんと掲載する。

付属品が全部載っている写真だったり、
本体、カメラだったら、
カメラを正面から見るのと横から見るのとか、
あとは引いた全体図だったりとか、
色々な写真を撮って、
お客様にこういう状態ですよ、
っていうのをちゃんと示します。

それを見たうえで納得して頂いて、
購入して頂く、っていう事を心がけています。

写真の撮り方とかには関しては、
色々ホームページとか調べれば、
ネットショップで出品するにあたっての、
写真の掲載方法とか、
そういったページっていくらでも出てくるので、
そういった物を参考にしてください。

あくまでも、
お客様あっての商売の部分があるので、
やっぱりお客様が納得して、
この人だったらすごくしっかりしているから、
ちゃんとこの人から買いたいな、
って思っていただけるように、
商品を掲載する。

そういった意味では、
amazonで販売するにあたっては、
評価の部分、
お客様から頂いた評価の部分も、
すごく重要になってきますし、

嘘偽りないコンディションの記述だったりとか、
商品の写真などを掲載する事によって、
評価が積み重なっていく、
良い評価を頂けるという状況があります。

だからそこで、
本当は良いのコンディションなのに、
非常に良いで売ってお金取ろうとか、
そんな事をしてると、
悪い評価がたまるので。
後々結局自分のビジネスが行き詰る。

それで本来売れるであろう物が売れなくなる、
ショッピングカートのカート取得率も下がって、
結局はマイナスになるみたいな、
そんな事も大いに考えられます。

なのでそこはしっかりと、
お客様にメリットがあるように、
そういった形でビジネスを展開していってください。

本当に僕がお客さんの立場だったら、
やっぱり写真が載っているか載ってないかで、
目を引きますし。

ある意味でですね、
写真を撮るひと手間をかけれる会社さん、
出品者さんだなってお客さんが思う。

商品の説明もしっかりしていたら、
「あ、この人はちゃんとしてる人だな」
「この会社はシッカリしてるから、ここから買いたいな」
ってやっぱりお客様は心の中で思いますし、
ここだったら安心して買えるだろう、
って思って下さる。

要するに、
買うにあたっての安心、
価値をちゃんと感じてくれるっていう事ですね。

このお店からだったら、
買う価値がある、
買うに値するっていう事ですね。

◆お金が無いなら、中古品を安く仕入れて高く売れ

何度も繰り返しになっちゃうんですけど、
最初お金がない時、
仕入れの資金も安くしたくて、
利益も高く上げたいって言うんだったら、
中古品とかやるの、すごくメリットがあります。

僕自身は、自分の手間とスケールを考えた時に、
卸とかメーカーと契約をして、新品だけを扱う形に
シフトして行きましたが、
最初はじめたばかりの時は、かなり中古品の販売をして、
稼いでいました。

今でも普通に
自分でamazonで販売している人、
amazonだけじゃなくてヤフオクとか、
ヤフーショップ、楽天とかを、展開している人の中で、
中古のカメラだけを扱っている方とかもすごく多いです。

日本のカメラは、海外にすごく人気があるので、
カメラの高額商品、一眼レフとかそういったカメラも、
キャノンとかがすごいシェアを握ってるので、
日本のカメラ市場っていうのは、
非常に熱い状況があります。

中古の市場が熱い、
カテゴリーとかジャンルもあるので、
そういったのを攻めると、ずっと利益が上げられる。

安い価格で仕入れて、
高く売るっていう事が出来るので、
そういったのを攻めていくっていうのもありですね。

自分で修理できたりとか、
部品を付け加えたりとかって、
そういった事が出来るようになってくると、
どんどんどんどん特化型の形になっていきます。

ちょっと余談ですけれども、
家電量販店で有名な、
ビックカメラとかヨドバシカメラ、
カメラのキタムラなんかも、
全部「カメラ」ってついてるじゃないですか。

それが物語ってるように、
カメラっていうのはいつの時代も熱い市場、
昔は一介のカメラ屋さんだったにもかかわらず、
今は家電量販店の大手として、
君臨できている状況がある。

それぐらいカメラってすごく人気だし、
いつの時代も人に求められる商品。

で、スマホが世の中に広まって、
シェア奪われてる部分はあるとはいえど、
やっぱり高級カメラ、
すごくいい画像を取る、
きめの細かい良い画質の写真を撮るっていうと。

やっぱり中々スマホでは追いつけない状況があるので、
そっち側の需要っていうのは、
まだまだあるんですね。

あとは色味だったりとか、
このカメラじゃないと、この風合いというか、
色が出せないみたいな部分もあるので。

そういったカメラを求めて、
愛好家の方たち、マニアの方たちが、
ずっとそういった商品を追いかける、
っていう状況もあるので、
そういった市場を狙うのもありですし。

ちょっと話がずれてしまったんですけども、
そういった形で中古になっても、
市場が熱い部分がある。

で、中古のコンディションって、
お客さんからすると、
本当によく分からない部分がある。

であるならば、
僕らがちゃんとこういった状態ですよ、
しっかりしてますよ、
付属品もそろってますよ、
っていうお客さんの不安、
心配を取り除いてあげる事が、
ビジネスをするうえで、
すごく上手くいく状況があります。

別にビジネスだけじゃなくても、
僕ら人と付き合うのでも、異性と付き合うのでも、
相手がどんな人なのか、んな趣味なのか、
ちゃんとしてる人なのか、お金遣い荒くないのかとか、
暴力振るったりしないのかとか。

そういった事って、
女性だったら気になるし、
男性も言葉遣いが荒い女性じゃないかとか、
部屋をちゃんと綺麗に出来る人なのか、
っていう色々な心配とか不安を考えていて、
それがクリアになるから、
相手に信頼価値を感じて、
付き合ったり結婚したりするわけじゃないですか。

それと同じように、
お客様が商品を買うっていうのは、
ある意味で、
その商品と結婚するじゃないですけど、
まあ付き合うみたいなもんですよ。

そのアイテムを手に入れて、
自分の生活を豊かにする、っていう意味では、
恋愛もビジネスも人付き合いも、全然変わらない、
同じ部分がある、共通点がある事なので。

あなたがビジネスするうえでも、
本当に相手にちゃんとメリット、
価値を感じて信頼を勝ち取れるように。

そういった部分を理解してもらうために、
その部分を伝えられたらなと思って、
中古品の出品は必ず写真をという形で、
お話させて頂きました。

本当に大事な部分です。

大事なので何回も言いましたし、
何回も何回も伝えていきたい部分です。

信頼、相手から、
「あ、この人本当大丈夫だな」
って思ってもらえないと、
中々商品買ってもらえない。
逆に新品は、そこがクリアになってるから、
お客様はすぐに買っていく。

同じ商品であれば、
リピートして安心感があるから買っていく、
っていう状況があるので。

その部分を本当に今日理解して、
僕自身もあなたに伝わったらいいなと思っています。

今日もありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】