お金と時間があって心身ともに健康でも、女にモテず友達もいないとか人生100倍損してるぜ

 

こんにちは、つっちーです。

今日は
「お金と時間があって心身ともに健康でも、
女にモテず友達もいないとか人生100倍損してるぜ」
というタイトルにてお話していきます。
 
 
このお話では、
友達とか人間関係、
そしてモテの部分について話していきます。

僕は
お金、時間、心、体(心身の健康)の自由に関して
お伝えしていますが、
それに付随して人間関係について。

さらに、男だったら女性にモテるとか、
もっと広い面で言えば、友達を作っていく事は、
すげぇ大事だなと思ってます。
 
 
だって、金があるから時間にも余裕があり、
心身共に健康であるにも関わらず、
友達が1人もいない・・・。とか
残念すぎやしませんか?

でも、そういう人っていますし、
悩んでいる人も多いです。

だから、今日はそれについてお話していきます。
 
 

◆ミスや失敗を極端に嫌う、日の本ニッポン

 
さっそく結論から話すと

お金も時間も両方あって、
心も落ち着いていて、精神・メンタルが穏やかで、
体も健康なんだけど、
友達が1人もいない・・・。

結婚できない・・・
人生振り返って、結婚できなかった・・・

という人は腐るほどいます。
 
 
占い師をしていたので、
そういったご相談は本当にたくさん頂きました。

だから、昔から結婚相談所がありますし、
今の時代であれば、出会い系サイトやアプリ、
マッチングサービスなど、

出会いに関するビジネスは
いつの時代も流行るんです。
 
 
 
金もある、時間もあるのに、
コミュニケーションの部分でうまくいかなくて、
結婚できない・・・、みたいな。

そんな人いっぱいいます、
それは女性でもそうです。

ルックスも悪くないし、スタイルもいい。
カワイイ、キレイだけど、
結婚できない・・・みたいな。
 
 
でもそれって、
もちろん、本人の問題もあるんですが、
それ以上に、日本の文化や考え方に
問題や根本原因があると、僕は思っています。
 

チャレンジする事に対して、笑ったり冷やかしす悪い風習がある

 
日本って、よく恥の文化だと言われます。

その文字通り、
世間や社会の目を極端に気にするし、
だからこそ、学校教育でも
極端に失敗を許さない教えだと言えます。
 
 
例えば、何かの物事に
1、2回チャレンジしてダメだった場合、
「○○ちゃんは、これ向いてないね・・・。」
という事を、友達や先生に言われます。

そう言われたら、
言われた本人は、その言葉の通りに受け取り、
チャレンジする事を辞めてしまう傾向があります。
 
 
授業の中で手を上げて発表し、
間違っていようものなら、友達にクスクスと笑われたり
からかわれたりもします。
 
 
 
でも、チャレンジや挑戦する事に関して・・・。

もしあなたが赤ちゃんの親だったとして、
自分の子供が、1、2回立って歩こうとし、
転んでしまった時に、

「この子に歩く事は向いてないから、やめさせよう・・・」

なんて事言います?
クスクス笑って、からかいます?

絶対そんな事しないですよね。
 
 
 
はじめて自転車に乗る時も同じです。

1、2回転んだからって、
それで辞めさせる人はいないし、
例え失敗しようとも、何度もチャレンジするから
乗れるようになる。
 
 
でも、学校教育だったり、
日本の社会の風潮として、極端に失敗を嫌い、
試して、チャレンジする事を
辞めさせようとする傾向がある。
 

失敗を認めない事が、モロに対人関係にも影響を与える

 
だから、
対人間のコミュニケーションの部分で
1度や、2度の失敗を笑われたり
怒られたりする事で、
一歩踏み出せなくなってしまう。

それって特に、異性関係でちょー多いです。
 
 
男性だったら、女性を口説いたり
アプローチしたのにうまく行かない事ってあります。

でも、それを笑われたり、からかわれたりする事で
次のチャレンジをやめてしまい、その結果
女性にどうアプローチしたらいいのか
分からなくなってしまう。
 
 
女性の場合も同じような経験をする事で、
男性に対してどう接したらいいのか分からなく
なってしまう。

で、それ以降、行動を起こせなくなり
悩んでる人ってかなり多くいます。
 
 
そんな、
極端に失敗を認めない風潮がある事で、
人との距離感がつかめず、
相手の気持ちが分からない、考えられない。

わたままだったり、自己中だったり、
逆に、強く言うべきところで言えない・・・。

といった悩みから抜け出せなくなってしまうのです。
 
 

◆つっちー自身も、女性恐怖症だったけど克服した

 
一度染み付いた、
対人関係における失敗への恐怖って、

なかなか修正する事は難しいと思います。
 
 
今でこそ、
こんな事言ってる、つっちー自身も、
女性恐怖症の過去がありました。

カワイイ女の子と話す機会があると、
ちょーーーーード緊張してしまい、
まともに目も見れず、何を話していいのかも分からず、
緊張して、カチンコチンになってしまう・・・。

カチンコチンにするのは、チンコだけでいいのに(笑)
 
 
 
普段、男友達などと話す時は、
特に何も意識する事無く、
いつも通り普通に話せるのに、

女の子の前だと、急に何話していいのか
分からなくなってしまう。
 
 
飲み会や合コン、
街コンパーティーなどで、いろいろとカワイイ女の子と
会う機会があるにも関わらずうまく喋れず、
もがいていた僕は、

「このままじゃ、いけない!」
「今のままじゃ彼女もできない・・・」

と思って、その現状に恐怖を感じていました。

そんな時に、
自分の意識を変えてくれた言葉に出会います。
 

人も人と接して傷つく事をしないと、自分を磨く事はできない

 
その言葉とは、

「ダイヤがダイヤでしか磨けないように、
人も人と接する事でしか磨けない。」

という言葉になります。
 
 
どういう意味なのか・・・?
 
 
ダイヤモンドって、
最初掘り起こした時は、
透明のガラス石みたいな感じなんですが、

ダイヤモンドカットって言ってキレイに削ると、
美しく虹色に輝く宝石になります。

で、世界で一番硬い宝石がダイヤなんですが、
その硬さゆえに、ダイヤを削るのって、
同じダイヤじゃないと削れないんです。
 
 
ダイヤモンド自身を削って磨くには、
同じダイヤモンドで削って、傷つけて、磨いていく事が
必要であると・・・。

で、それと全く同じように、
人も人と接して、傷つくような経験をしたり
心が削られたりする事でしか
人間としての魅力を磨くことができない。

という事を伝える言葉になるんです。
 

失敗しても、別にいいじゃん。っていう考え方を持てた!

そして、 
その言葉と、その意味を知った時、僕は

「あっ、傷つくからこそ、自分が成長できるんだ・・・」
「心が削られる事があっても、それが自分磨きに繋がるんだ!」

と、たとえ失敗やミスをして
傷つく事があったとしても、それが自分自身の成長になると、
前向きにとらえる事ができたんです。
 
だから、
チャレンジをしないと、自分の成長が無いから、
どんどん挑戦していこうと思えた。
 
 
 
なので、飲み会とか合コンに言ったら、
例え会話につまるような事があっても、

「次こそは、話が途切れないように何かネタを仕込もう!」

と思って、女性が興味ある事を
ネットで情報収集し、めげずに声をかけたり、
 
 
スイーツのお店に詳しくなってみたり、
女性が好きなアーティストなど、音楽に詳しくなってみたりと、
女の子が好きそうな情報を集めただけですが、

その結果、女性との会話に困らず、
また、話がいつも盛り上がり、

気付いたら、苦手意識を克服する事が
できるようになりました。
 
 

◆失敗したって、ミスしたっていい。何もチャレンジしないよりマシ

 
ある意味で、僕は女性恐怖症で、
女の子と接すると緊張してしまう・・・という
女性に対するコミュ障の部分が強かったわけですが、
 
結局は、何度も何度も話していくうちに慣れて
自信がつき、問題を乗り越える事ができました。
 
 
要するに、
赤ちゃんが歩けるようになるまでと同じで、
1、2回の失敗でめげる事なく、
何度も立ち上がって練習した。

って事につきます。
 
 
 
それと全く同じように
もし対人関係で何かしらの問題を抱えていたり、
コミュニケーションがうまく取れないのであれば、

ビビる事無く、少しずつでもいいから、
無理のない範囲でチャレンジしてみればいいんです。
 
 
 
で、もし職場での
上司や同僚との人間関係に困っているのであれば、
そんな会社、さっさと辞めてしまえばいい。

「いやいや、それができないから困ってるんでしょ・・・」

って言われるかもしれませんが、

その為に、まず最初にお金の自由をつかみましょう。
という事で、僕はせどりをして
自分でお金を稼ぐ事をオススメしている。
 
 
 
お金を稼いで、自由と余裕を手に入れ、
会社を辞める事ができれば、
嫌な人間関係で悩む事も無くなるし、

もし、コミュニケーションに不安を感じるならば、
それを改善する為に、
毎日、飲み会とか合コンに行ったとしても、

お金に余裕があって会社辞める事ができれば
誰にも文句言われないし、

お金を使う事に関しても、心配せずに済むし
コミュ障を改善する為に集中する事ができる。
 
 
そんな好循環に持っていける状況があると
言えます。
 
 

◆仕事で成功すると自信になり、人間関係もよくなる

 
で、自分でビジネスをして良かった事は、
仕事での成功が、自分に対する自信に
大いに繋がったと言えます。

ビジネスでの成功。
言うなればお金を稼ぐ事って、
人に価値を提供しなければいけません。
 
 
なので、自分でビジネスやってると、
自然と、コミュニケーション能力がアップする
側面もあります。

現に、
自分で仕事をしてから、個人事業主の方であったり、
会社の社長さんと会う機会が多くありますが、
うまく行ってる人は、やっぱりコミュニケーション能力も高い。

仕事でうまく行ってる事が、
その人の自信に繋がっているって強く感じます。
 

自分の好きな事をして、自分自身を好きになり、自分を信じる事が自信に繋がる

 
で、自信がある人って、
例外なく、自分の事が好きです。
 
 
物事に一生懸命に打ち込んでる自分が好き。
仕事で結果出してる自分が好き。

みたいな感じで、
自分が熱中できる何かを持っている。

もっと分かりやすく言えば、
自分の好きな事を一生懸命にやって、

好きな事できてるから、
自分の事を好きになれて、

そんでもって結果も出るから、
自分の事を信じている。それが自信に繋がる。
 
 
自信があるから、
「輝いている自分は、人にも好かれる!」
という事に繋がり、恋愛や友人といった人間関係が
すべて上手くいく。

そんな好循環な流れがあります。
 
 
 
だから、人間関係を上手くしたい。
という事であれば、

1日に10分でもいいから、自分の好きな事に打ち込んで、
自分を好きになれる時間を作るだけでいい。

マンガ読んで、そのマンガについて語れるようになってもいいし、
好きなミュージシャンの音楽聴くでもいいし、
体動かして筋トレするでもいいし、
本当に何でもいいんです。
 
 
僕は、ジム通いとか、
何よりも仕事が楽しくて、面白いので、
今は、それに打ち込めてる自分が好きだし、

好きな事を一生懸命に頑張っている自分に対しても、
自信が持てるようになってますし、
色々な方と接する事によって自分が磨かれて、
成長できている事も、すごく実感する面があります。
 
 
 
そんな感じで、
僕自身の体験談や、今の現状を交えて
人間関係、人脈の部分に関してお話させて
頂きました。

シンプルに、
自分の好きな事をしようよ!

そして、色んな人と接する事は、
自分の成長に繋がるし、自分磨きになるよ。

って事で、
今回のお話も、あなたのお役にたてたなら
嬉しいです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】