amazonせどり、取引先/仕入先を開拓して売上を2倍以上にしたらどう?

 
こんにちは、つっちーです。

今日は「amazonせどり、取引先、仕入先を開拓して売上を2倍以上にしたらどう?」
というタイトルにてお話していきます。

よろしくお願いします。

メルマガ読んでる人とか、
後は、せどりの懇親会であった人とか、
コンサル生とかにもよく聞かれる事は、
「つっちーさんは、取引先とか仕入れ先ってどうやって開拓して増やしていったんですか?」
って聞かれます。

これは結論は、やりまくるしかないしかなかった
っていう状況ですね。

どういう事かっていうと、
家電量販店にも行きまくって、
店員さんと絡みまくって仲良くなって、
っていう状況もありましたし、

卸やメーカーとかにも、
契約取らせてもらって、
「なんとか御社の商品販売できないですか?」
っていう事を電話しまくったり、

あとは、東京ビックサイトとかでやってる展示会とかに行って、
そういった展示会で、
商品を仕入れさせてもらえないか
って事を交渉したり、

とにかく、
メーカー様とか物を売ってる会社さんと絡みまくった
っていう状況があります。

店舗に行って良かったのは、
店舗のその店員さん経由で
メーカーとか紹介してもらえたりしたんですね。

あとは卸会社とか、
でなによりも、
今僕はいくつかの家電量販店と
そのまま法人の契約をして、
取引させてもらってるという状況があるので、
店舗で余った在庫だったりとか、
不良在庫みたいなのを購入させてもらう、
っていう状況があります。

まあ卸とかメーカーとかも、
契約結んでるんで、
ある一定の商品が在庫減ってきたら、そこに電話して
この商品何個発注でお願いしますって言うと、

それが自分が契約してる出品の代行業者の倉庫に入って、
その代行業者が僕らの代わりに梱包とか検品、発送作業してくれて、
それがアマゾンの倉庫に入って、
お客様が購入してくれたら商品が売れていく、
っていう流れがあります。

取引先とか仕入れ先がしっかりして、
商品が入ってくる状況があったらですね、
もうめちゃめちゃ売り上げが安定します。

むしろ、せどりというビジネスは、
仕入れ先の確保がしっかりできれば上手くいくんですね。

まあ物販っいうのは、
仕入れが上手くいったら上手くいくんですよ、
ぶっちゃけ。

だって仕入れるものが無かったら売るものが無いから、
それは利益上げようがないじゃないですか。

むしろ商品ちゃんと仕入れられて、
それが売れてく物だってわかってたら、
勝手に売れていきますから。

もうアマゾン様が作ってくれた、
あれだけ利便性の高いプラットフォームがあるので。

お客様もやっぱりその利便性、
便利さがすごくありがたくて、

で、すぐ届くっていう事とか、
保証がしっかりしているって事が、
すごく魅力に感じて、
もうポチポチって買っていく、
そういう状況があります。

なので、こっちとしては、
仕入れ先さえ確保して、
商品の供給を止めなければ、
後は全自動で売れていくだけっていう状況があります。

で、じゃあどんな所から仕入れたらいいのかとか、
どういった商品を仕入れたらいいのか
っていう部分ですね。

卸もどういった卸会社さんと契約した方がいいのか、
メーカーもどういった会社さんと契約した方がいいのか、
っていうのは、

まずはですね1個前の段階の、
あなた自身がどういった商品が仕入れられるのか、
どういった商品がおいしいのかっていうのを、
自分自身で知る必要がある。

まあそれをお伝えしているのは、
本質せどりの部分なんですけれども。

そこを勉強すれば、
必然的にどの商品がいいのか、
どのジャンルがいいのか、
どのカテゴリーがいいのか、
っていうがすぐにわかるようになります。

でそれがわかったら、
それを専門に扱っている業者、
卸さんとかメーカーに問い合わせを
しらみつぶしにやっていけばいい。

でその問い合わせもですね、
最初はどういった感じで進んでいくのかっていうのを、
自分で理解するために、
50件とか、100件とか自分で電話してみるっていうのもありだと思います。

でもその後は、
電話営業してくれる業務とかっていうのも、
外注化すればいいので。

そこら辺のスキームっていうのも、
教材の中で説明しているので、
そうしたら、後は勝手にお金さえ払えば、
取引先の仕入が増えて、

仕入れられる商品が増えて、
売り上げも利益もどんどん上がっていって、
お金足りなくなったら、
また融資してもらって、っていう
もう会社が大きくなるだけの、
サイクルが出来上がるので。

そういった形で、どんどん、どんどん規模感を大きくしていけば、
どんどん、どんどん卸とメーカーとかの開拓、
とか取引先の開拓っていうのが出来るようになってくるので。
そういった流れでやっていくのがポイントになってきます。

ただやっぱり一番最初は僕も地道でしたけれども、
一人一人の店員さんと仲良くしたり、
営業の方と仲良くしたり、
そういった事があって今があると思うので。

そこが土台だって事、
そこから始めるって事をまた一つそこもポイントと思って、
頑張ってもらえたらなと思います。

僕も本当そこからやってきたんで、
コツコツコツコツ、
店頭に行って商品を1個買う2個買う
って所からはじめて、

今は会社として50個100個オーダーするとか、
もっと数多い数量を発注するとか、
そういった事が出来るようになってるので。

千里の道も一歩から、じゃないですけれども、
その一歩ずつっていう部分を、
大切にしてもらえたらなって思います。

今日もありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】