Amazonせどり、商品はぶっちゃけどこで仕入れればいいのですか?

 
こんにちは、つっちーです。

今日は「Amazonせどり、商品はぶっちゃけどこで仕入れればいいのですか?」
というタイトルにてお話していきます。

よろしくお願いします。

せどりをするうえで一番重要なのは、
仕入れですね。

仕入れをしっかりできれば、
もう勝ったも同然です。

なぜならば、仕入れられなければ、
商品売れないですし、
売り上げも立たず、利益も立たない、
っていう状況があるからです。

例えば利益が出る商品を、
1個仕入れられるのか、
10個仕入れられるのか、
100個仕入れられるのかで、
もう勝負決まってきますし。

例えばプレミアム価格になっていて、
1個1万円が利益出る、
おいしい商品見つけられたとしても、

1000円利益が出る商品を、
1000個仕入れるだけで、
100万になるんですかね。

1000円の利益が出る商品を、
1000個仕入れるだけで100万になるんで、
もうそれで勝負決まりじゃないですか。

プレミアム商品になる、ならない、
とかっていう商品もちろん狙っていくのアリですけれども、
それ以上に物量を捌く、
仕入れの数で捌く、
数で戦っていくっていうのが大事なわけですよ。

一人めちゃくちゃ強い人がいたとしても、
いくらなんでも、
100人で襲ったら死んじゃいますよね。

それと同じなわけですよ、
数を仕入れる、
っていうのが大事になってくるわけですね。

じゃあその商品を、
ぶっちゃけどこから仕入れてくればいいのか
って事何ですけれども。

今僕は、株式会社にして、
卸とかメーカーとかから、
仕入れてる状況があります。

最初はね、
やっぱりせどり始めるってなったら、
店舗で仕入れるっていうのが、
一番最初のスタートだと思います。

ビックカメラ、ヨドバシ、ヤマダとか、
後はネットショップとか、
色んな所あると思うんですけれども。

まあ、まずはそういう所からやっていって、
お金がないんだったら。

その少ない数を、
まあ自分のその扱える範囲内で、
クレジットカードの範囲内とかで、
そういった枠の中でやってみて、
試していくっていう考え方が、
ファーストステップとしては良いんじゃないかなと思います。

そこで慣れてきたら、
融資とかしてもらって、
金額をどんどん、どんどん大きい金額回していく、
っていう考え方が大事ですね。

僕も本当最初は、
店舗で1個2個買って、
それで様子見て、
っていう所からスタートしたんですけれども。

そこで勝手がわかってきたら、
もう店員さんと交渉してですね、
「これ何個買える?」
とかそういった事をやってました。

ある時ですね、
すごくおいしい商品が見つかって、
1個の商品で3000円から4000円ぐらい、
利益でる商品が見つかったんですね。

それを何とか集められないかという事で、
それぞれの家電量販店の、
店員さんに、
どこに何個在庫あるのかっていうのを
全部聞きました。

あるお店では
すごく仲のいい店員さんがいたので、
じゃあ多店舗から取り寄せますよ、
って言って、
結構20個30個ぐらい集めてもらった事がありましたし。

僕自身が回って、
全部で60個とか70個とか商品集めてですね、
それをバーッて捌くみたいな状況がありました。

だから、商品の数を仕入れたい、
って事であれば、
やっぱり在庫として持って無い事には、
仕入れられないので、
そこにフォーカスするっていうか、
どこにどれくらいあるのか、
っていうのをリサーチするっていうのは大事ですよね。

数を捌く、
じゃあその数を持ってるのどこなのか、
っていう部分では、
家電量販店に在庫があれば、
そういう所から仕入れればオッケーですし、
もし可能であれば、個人事業主として、
法人の契約を結んでみたりとか。

後はですね、
やっぱり卸とかメーカーとか、
そういう所と契約するっていうのが、
やっぱり一番早いですよね。

だって、
数言ったらくれるんだよ、
お金さえ払えば。

そういうのをまとめて、
やってくれてる、
みたいなサービスがあるんですね。

どういう事かっていうと、
要するに僕ら一般の個人が、
メーカーと直接やり取りするのは難しいだろうから、
私たちが間に入って、
そういった注文とかオーダーを、
個人の方から集めて、
それをメーカーとか卸に直接流しますよ、
みたいな、そんなサービスもあるんですね。

まあ代理店とか、
加盟店みたいな、そんな役割があるんですけれども、
そういうのもネットで検索すると、
色々でてくるんで。

まあそういう所と契約して、
どんどん、どんどん開拓していけば、
仕入れの数とか、
仕入れのルートを確保できるので、
そこは1個調べてみるのはお勧めですね。
 
 
ある意味、僕ら人間として、
生命の活動維持するって意味では、
お水とか、水道ひねれば出てきますけれども、

毎日の食事、
ご飯とかパンとかおかずとかっていうのは、
スーパーから仕入れているわけですよね。

僕はお水いつも買ってるんですけれども、
ある意味で、
お水もスーパーとかドラックストアとか、
後はネットショップから仕入れているわけですよ。

で、体という機能を正常に維持させている。
 
それと全く同じように、
店舗っていう一つの体というか人間を、
正常に維持させる、
利益を出させるっていう意味では、
ちゃんとした仕入れ先から、
仕入れる事っていうのが大事になってくるわけですよ。

その流れっていうか、フロー、動きっていうのは、
人間と店舗ってそんな変わらないなと。

人間も、
あんまり上手く仕入れが出来なければ、
餓死していって、
血ヘド吐いて終わりですけれども。

その仕入れが上手くいかなければ、
店舗の方でも赤字っていう、
血を垂れ流すわけですね。

まあ実際は血じゃないですけれども、
赤い字ってまあマイナスっていう事ですけれども。

そうならないようにするために、
やっぱり仕入れが大事。
 
仕入れ先っていうのを確保したら
もう、
本当にせどりの勝負は勝てるので、

そこをまあどうやって上手くやるのかっていうのは、
今回の話は一つきっかけっていうか、
気づきっていうか、
アドバイスになったらうれしいですし、

自分なりにいろいろ考えて、そういった所を、
開拓していってもらえたらなと思います。

今日も聞いてくださって、
読んでくださってありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】