amazonせどりをやったことがなく、これから始めるのですが何から始めたらいいですか?

 

こんにちは、つっちーです。

今日は
「amazonせどりをやったことがなく、
これから始めるのですが、何からやったらいいですか?」
というタイトルにてお話していきます。
 
 
せどりをする上で何からやったらいいのか
っていうのを迷う方って、すごく多いと思います。

アマゾンのアカウントを作ったり、
お金が無いならクレジットカード用意したり、
梱包資材用意したり、
と、色々と準備が必要になります。
 
 
その中で、結論から言うと、
僕自身がそうしたように、まず思い切って
商品仕入れる事から始めるのがいいです。

それについて、今日は詳しく話していきます。
 
 

◆なぜ、いきなり商品を仕入れる事が良いのか?

 
アマゾンでの販売用のアカウントを作らずに、
いきなり商品を仕入れてしまって大丈夫なのか・・・?
と心配になるかもしれません。

僕もそういった気持ちがあったのですが、

師匠にコンサルをお願いし、
一緒にお店に行ったら、すぐに商品を買わされた状況が
ありました。
 
 
正直、
「えっ、まだ全然準備してないけど、もう商品買うのっ?!」
 
と驚いた事を、今でも鮮明に覚えていますが、

逆に商品を仕入れたら、
それをそのまま置いておくわけにもいかず、
もう販売するしかないから

アカウントを作ったり、
梱包資材の用意とかっていうのを
やらざるを得ない状況に自分を追い込める。

そういった状況がありした。
 
 

◆師匠のコンサルを受ける為、池袋におり立つ

 
改めて、僕が一番最初せどりした時に
最初、何から始めたらいいか分からなかった中で、

自分の師匠と一緒にお店に行って商品仕入れて
という流れがありました。
 
 
忘れもしないですが、
池袋駅の東口にある喫茶店ルノアールに集合。

その時には、師匠と僕と、あともう1人
子持ちのシングルマザーの女性が、
コンサルを受けました。

だいたい1時間ぐらいレクチャーを受けた後、
いざ、池袋のヤマダ電機へ!
 
 
iphoneなら「せどりすと」
アンドロイドなら「せどロイド」という、
商品をリサーチするツールがありますが、

それをスマホにブチこんで、いざリサーチへ。
 

商品を見つけまくる師匠に、強制的に買わされる

 
店につくやいなや、
師匠は片っ端から商品をリサーチしていき、

「コレ、メッチャいいっすよ!」
「土屋さん、コレちょー買いっすよ!!」

などと、利益が出る商品を
次々とカゴにブチこまれます。
 
僕は訳が分かってなかったので、内心
 「えーーー、最初からこんなに色々買うの!」
と、めっちゃビビりまくってました。
 
 
と感じつつ、僕自身も、
レクチャーの内容通りに調べた中で、
条件に合ったパソコン用のハードディスクを見つけ、
師匠に見てもらったら、

「おっ、なかなかイイじゃないですか!」

との事で早速購入。
 
 
 
その他にも、
パソコンで絵を描く為のペンタブレットや
CDやゲームなどをいくつか購入し、

一番最初の仕入れは
総額で10万円ぐらいの買い物だったと思います。
 
 

◆不安半分、ワクワク・ドキドキ半分

 
その時はまだ派遣社員で、
お金もカツカツだった時代なので、

最初から10万円分の商品を仕入れる事に対して
不安もありました。

でも、その不安と同じかそれ以上に

「この商品が売れたら、金稼げるぞぉーー」

という、ワクワクやドキドキといった
楽しい気持ち。高揚感の方が上回ってました。
 

仕入れた事で、プラスの強制力が働き行動できた

 
で、
アマゾンの販売用のアカウントもなく、
梱包資材なんかも、ぜんぜん用意できてなかったんですが、

商品を仕入れた以上は、
それをそのまま置いといたら、赤字になってしまうので、
そういった訳にはいかず、

そのような、こまごました事を、
強制的にやらなければいけなくなりました。
 
 
アカウント作成は、
パソコンでポチポチッとやればいいだけだったので、
30分~1時間ぐらいで完了。

梱包資材のダンボールを近くの薬局でもらってきて、
ガムテープや、カッターなど、
作業に必要なものは100円ショップで購入。
 
配送伝票なども用意して。
といった、他の作業なども、次々とこなしていけました。
 

行動できないからこそ、強制力の後押しを使う

 
僕は、自分でも自覚があるぐらい、
行動できない人間なので、

先に仕入をしないと、
馬力がかからない・・・、というか
きっと、商品を買っていなければ自分を追い込む事もなく、
ダラダラしてしまった状況があったと思います。
 
 
でも改めて、
仕入れとして、商品を先に購入してしまえば
もうそれ売らざるをえない。
売るしかない状況に、自分を持っていける。

そのように、
すごく良い意味で、自分を追い込む事ができ、

「よっしゃーーー、やるぞぉーーーーーーーー!」

という気持ちが沸きあがった事で、

せどりに関しては、一番最初に稼ぐまでが早く、
その後の一ヶ月目で月商200万、月収40万に
到達できたと言えます。
 
 

◆強制力やムリをさせる事で、自分の限界を突破できる

 
ある意味、せどりを教えてくれた師匠は

「一番最初に仕入れれば売るしかなくなり、強制力が働く」

という事を知ってた。
仕入れれば、必ず動くようになる。
と分かっていたからこそ、

いきなり仕入れる事への
負担や負荷がありながら、
先に仕入れさせた状況があると思います。
 
 
仕事やスポーツのトレーニング、
筋トレでもそうですが、
今まで扱えた事をやっていても、
「できる事しかやってない」
という状態から抜け出せず、何も成長しません。

やった事ない案件や仕事量をこなし、
筋トレでも、今までに持ち上げた事のない重量に対して、
ムリにでもチャレンジするから、
後々にそれに慣れて、パワーアップして行けます。
 
 
それと同じで、
せどりで稼ぎたいなら、必ずいつかは商品を仕入れなければ
ならない状況があるので、

先に仕入れてしまえば、
「出品しなきゃ!」
という気持ちになって、

他の作業をめんどくさく感じる事もなく、
馬力が働いて、
ガツガツやっていける状況があります。
 
 

◆自分のコンサル生に、1日で100万円の商品を仕入れさせる

 
その後、自分も売上を伸ばし、
コンサル生をとるまでに成長した中で、

僕も、その強制力を活用する意味で、
とある男性に1日で合計100万円の商品を
仕入れてもらった事があります。
 
 
彼は、
サラリーマンの仕事が忙しい状況があって、
僕のコンサルを受けてからも、
なかなか仕入に行く事ができずにいました。
 
なので、その限界を超えて
せどりは稼げるという事を、
自分自身の経験で感じてもらう意味で、

クレジットカードをフルにまわし、
1日で、100万円分の商品を仕入れて
もらいました。
 
 
その人自身、
僕の一番最初と同じ気持ちで、
 
「1日で100万使うなんてないから
不安な気持ちがあるけど、
これが全部売れたら、スゴイ事になりそう!」
 
という、
ワクワクドキドキ感の方が
強かったみたいです。
 

商品を全部売って、一気に120万の売上があがる

 
購入した商品を、その日のうちに梱包して、
全てをアマゾンに送ったのですが、

その時に仕入れた商品は、
売行きが良い商品が多かったので、
2週間で一気に売り切る事ができ、

それによって上がった売上は120万円。
 
 
その人自身も、

「すげーーーーーーー、何コレ!」

と、目ん玉飛び出るぐらい
一気に売上をあげる事ができたので、
 
そこからやっと火がついて、
せどりにガッツリと取り組むようになり、
勢いがついて、脱サラする事ができました。
 
 
こんな感じで強制力というか、
自分自身を、やらなければいけない状況に追い込むって、
すごく大事だしポイントになります。
 
その為の手段が、
まず最初に、商品を仕入れてしまう事。
という、すごくシンプルな方法になります。
 
 
繰り返しになりますが、
商品を仕入れるだけ。それさえやってしまえば、
後の細かい事はついてくる。

みたいな部分があるので、

僕自身や、僕のコンサル生がそうしたように、
ぜひ参考になれば嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】