せどり完全自動化で、5時間の作業とおさらばし売上が2倍に

 

こんにちは、つっちーです。

今日は、「せどり完全自動化で、
5時間の作業とおさらばし、売上が2倍に」
とうタイトルにてお話して行きます。
 
 
せどりって、とにかく作業に時間を取られます。

仕入れ
荷受け作業
検品作業
商品登録
ラベル貼付
梱包作業
納品作業
発送作業
価格チェック
売上管理
などなど

本当に数多くの作業があります。
 
 
この一つ一つをどうやって自分の手から離していくか?

自分の手から離れれば、
空いた時間には、
会社を大きくする事に意識を集中できる。

作業から離れて自由な時間が増え、
なおかつ売上も増える。
という良い事尽くしな面があります。

今日はその作業の自動化について
お話ししていきます。
 
 

◆どうしたら、作業を人に任せられるか?作業を任せる鍵は?

 
せどりって
ほんとにほんとに作業に追われることばかりです。

その作業に時間を取られ、
自分が本当にやりたいことを犠牲にする面もあります。

でもせっかく独立して、
自由を手に入れるわけですから、

作業に追われて
自分がやりたいことができないなんて、
非常にもったいし本末転倒です。

そうすると、この作業を人に任せる事が
鍵になってきます。
 

作業を人に任せないと、実は損をしている状況がある

 
しかも作業を人に任せて、
自分は仕入に専念する事によって
仕入れる商品が増え、売り上げも増え、

結果、利益が増えるなら、
人に任せない事の方がもったいないわけです。
 
 
僕はその部分に気づき、
まず任せやすい出品作業を
主婦の女性と、
学生の男性に任せました。

しかし3人ぐらい任せてみたんですが、
お子さんの都合だったり、ご主人の転勤。

学生の子にいたっては、
仕事を投げ出して連絡つかなくなり、
1ヵ月後、何とか連絡がとれたら、

「いや、自分に合ってないと思ったんで・・・」

という始末・・・。
 
 
 
在宅で出来る事からも、
こちらとしても、費用を安く抑えられる、
また、簡単に始めてもらえる
メリットがある一方で、

相手の方の様々な理由があって
長く続かないという状況がありました。
 

結局、納品代行業者に依頼した方が結果コスパ良かった

 
そうなると、結局また新しい人を見つけ、
一から教えなければならず、
教育に時間とコストがかかってしまう。
 
それを踏まえると、
梱包や納品といった、出品作業をやってくれるプロ
「納品代行会社」に依頼した方が
良いと判断しました。
 
 
 
実際に、依頼してみて・・・。

その時の月商が400~500万ぐらいで、
商品も月に400~500個ぐらいの数が売れていく状況が
あったのですが、

それでも、代行業者にかかった費用は
月額2~4万円ほどで、
思ったほど費用はかからないし、

何よりも、相手はプロなので、
途中で辞めたり、仕事がストップする事がない。

ハッキリ言って
ちょーーーーーーーー楽っ(笑)
 
 
今後一生続くかもしれない納品作業から
おさらばできたのは、かなりの開放感だし、
負担減です。
 
 
 
個人の方にお願いしていた場合、

いつまた辞めてしまうのか・・・?

「辞めたいです」と。言われた時に
急遽、対応しなければいけないリスク。

という事を
考えなくて済むようになっただけで、
自分自身の気持ち的にも、
だいぶ楽になれたし、
余裕を持てる状況がありました。
 
 

◆納品代行に任せた事で、6つの作業工程を手放せた

 
今は、そういった納品作業を
やってくれる会社が数多くあり、
探せばいくらでも、
サービスを提供している会社を見つける事ができます。
 
そして、
業者さんに頼むと、上記で細分化した
「荷受け、検品、商品登録、梱包、納品、発送」
の作業をやってくれるので、
かなり自分の手が空くようなりました。
 

店舗せどりの場合

 
詳しく話すと、
例えば店舗に行って商品を大量購入した場合、
店員さんに「配送したい」という事を伝えます。

そうすると、
商品を入れる大きいダンボールを用意してくれて、
それに、購入した商品を詰め込み、
配送先を納品代行の会社宛にします。

送料に関しては、
お店のサービスで無料になる事もあれば、
実費を支払わなければならない状況もあります。

でも、払ったとして1000円、2000円ぐらいだし、
家に帰って大量の商品を
納品する作業に時間をとられるぐらいなら、

自分がリサーチして、利益が出る商品を見つけたら、
1000円、2000円の金額なんて、
あっと言う間に稼げてしまうので、

そんな感じで、
いかに利益を生み出さない作業から離れ、
自分自身はお金を発生させる仕事に
時間を割くか?

そういった考え方が重要になってきます。
 

電脳せどりの場合

 
電脳せどりの場合は、もうシンプルに
購入した商品の送り先を、
納品代行業者の住所にしてしまえば
OKです。
 
 
僕の場合、納品する際は、
例えば「A123」のような、
僕たちだけの専用コードが割り振られており、

それを、届け先の納品代行会社の名前に
プラスして書けば、他の人と荷物がゴチャまぜになって
しまう事はありません。

あて先
「東京都品川区品川○-○-○
株式会社 納品代行 (A123)」

みたいな感じです。 
 

卸、メーカー仕入の場合

 
卸やメーカーから仕入れる場合も、
基本的にやる事は変わりません。

海外からの輸入に関しても、
送り先を、納品代行会社にしてしまえば
いいだけなので、

荷物が自分の所に来ない以上、
半分以上の作業がなくなります。
 
 

◆納品会社とツールの併用で、外注の仕組みをパワーアップさせる

 
改めて、納品代行に任せると、

荷受け
検品
商品登録
梱包
納品
発送

という、6つの作業をせずに
済むようになります。

一番最初の作業項目にあった
ラベルの貼付は、アマゾンでもやってくれますが、
納品会社と比較して、
費用が安い所でやってもらえばOK。
 
 
商品登録については、
自分の会社でつけている、
エクセルの売上管理表と、
アマゾンのシステムを連動させ、

データをアップロードすれば、
商品登録が済むツールを使っているので、
それを納品会社さんに渡し、

さらに、
セラーセントラルへのログイン権限を
付与しておまかせすれば、
こちら側で何もしなくても、
代わりにやってくれる形で依頼できました。
 
 
価格のチェック、改定についても、
自動でやってくれるツールがあるので、
それに任せることによって
作用時間を減らせます。

ちなみに、自分が使っている価格改定のツールはこちら

・自動価格改定ツール マカドの紹介
https://www.infotop.jp/click.php?aid=240484&iid=66736
 
 

◆お金が絡む仕入作業だけは最後になる

 
こんな感じで作業を任せていくと、

どうしても
現金やクレジットなどを使って仕入をする、
お金が絡む決済業務だけが残ります。
 
 
しかしここも、
僕の場合は、信頼できるスタッフを雇い、
そのスタッフにすべてお任せする事によって、
自分の手から離すことができました。

この、人を雇う部分に関しては、
また別の記事で紹介しているので、
ぜひそちらをご覧下さい。
 
https://www.tsutti.net/sedori-jinzai-kakuho
 
 
https://www.tsutti.net/sedori-jidouka-sagyou-osaraba
 
 

◆自動化、外注化のポイントは思い切って任せてみる事

 
ズバリ、
自動化・外注化のポイントは

「思い切って仕事を任せてみる!」

という事です。
 
 
言ったら、僕も
個人事業主としてせどりをはじめ、
仕入から納品、売上管理表の入力など、

その全ての作業を、
自分1人でやってきました。
 
なので、作業にこだわりを感じ、
自分自身のやり方・・・
なんてものが発生してきます。
 
 
 
そして、それは同じように
ご自身でせどり作業を完結させている、
個人事業主出身の人に多く、

自分のやり方に、こだわりを持ってしまい、
作業を人に任せられない状況があります。
 
「この商品の検品の仕方は、こんな感じでやらなきゃダメだ」
「中古や、展示開梱品の写真は、こうやって撮影するんだっ!」
「ダンボールの詰め方は、隅までキッチリとやるっ!!」

みたいな感じで、
なんでも自分でやらないと気が済まず、
完璧主義になってしまう面がある事です。
 
 
 
今でこそ、こんな事を言って
全ての業務を任せてはいますが、

以前の僕自身も、上記のような形で
完璧主義で、さらにキレイ好きの部分が
マイナスに働き、
自分のやり方に、強いこだわりを持って
しまっていました。
 

とにかく任せてみる。ダメだったら、別の納品会社にお願いすればいい

 
今まで自分で全ての作業していると、
「人に任せて本当に大丈夫なものか・・・」と
心配になったり、
気になる面があると思います。

僕も自分でやってたから、
その気持ちはすごくよく分かります。
 
 
しかし、梱包・出荷作業などに関しては、
お任せする会社もそれで食ってるプロなので、

事前に打ち合わせをし、
実際に作業を進めて行く中で
すり合わせることによって、

こちらの要望に沿った形で、
業務を改善してくれます。
 
 
 
また、依頼したものの、
なかなかソリが合わない事があるかもしれません。

そんな場合でも、それを失敗と考えてしまうのではなく、
次への経験と捉え、また新しい業者さんに依頼してみる
気軽さが大事です。
 
 
今はかなり多くの会社・業者さんが
アマゾンのFBAに対応したサービスを展開していて、
僕らなんかよりも充分知識があるので、
トラブルになる事も少ないと思います。
 

ツールも効率よく使おう

 
せどりの作業を効率化、
自分の手から離すためのツールに関しても、

最初のうちはツールに学習させたり、
自分が慣れるまでに、
時間がかかる部分がありますが、

慣れてしまえば、非常に楽ですし、
圧倒的に効率も良くなります。

そのような形で
作業を人やツールに任せた事によって、

商品を大量に仕入れた時は、
1日で5時間ぐらいかかってた
せどりの作業からおさらばできたし、

時間の自由を手に入れた事によって、
自分が本当にやりたい事をやったり、

いつも楽しい社長連中と会ったり、
友達や仲間と遊びに行ったり、
さらに業務を拡大し、お金を稼ぐ為に
別の仕事が出来るようになりました。
 
 

◆作業から離れたからこそ、仕事を客観的に見れて売上が2倍に

 
そして、自分が作業から離れた事によって、
他にも、すごく良い点が生まれました。

それは、作業から離れて
せどり(物販)の仕事を、客観的に見れるようになり、
どうすれば売上と利益を増やせるのか?

という
思考の部分に時間を取れるようになった。
 
 
その結果、
完全自動化する前は、

一か月の売上が400~500万円ぐらいを
推移していたのですが、
自動化後は、一気に800~1200万円ぐらいまで
売上が2倍に伸びました。

作業に追われてしまっては、
自分の活動を振り返ったり、
問題点を考える時間がとれず、

ずっと作業地獄の
悪循環から抜け出せません。
 
 
 
もちろん、せどりの作業が好きで、
自分でやるのが楽しいって事であれば、
それはいい事なんですが、

中には、飽きを感じてしまう人がいます。

そうなると、
作業すること自体が苦痛になってしまいます。

そうなってしまう前に、
まだまだ作業を楽しいと感じるうちから、
自動化を考えて置く事が、
すごくポイントになってくるのです。
 
それを苦しく感じ、
売上を伸ばしたいのに伸ばせない。という
せどらーさんもチラホラ見かけます。
 

一時的な売上の減少を思い切って、割り切って覚悟する

 
また、外注化を進め、
組織を作っていくにあたっては、
今までやっていた作業が止まってしまうので、

一時的に売上が落ちる事に、
恐怖を感じる方もいます。
 
 
僕も隠す事無く、正直に言うならば、
他の誰でもない、つっちー自身も

外注化を進める中で、
売上が落ちる事への怖さを感じ、
後ろ髪を控える思いがありました。

しかし、作業に対しても
少し飽きを感じつつあった中で、

「このまま続けていてもしょうがないっ!」
「いっちょ、やってみっかっ!!!」

みたいに、ふっきれて
一時的な売上と利益の減少も
「仕方が無い事」と割り切った事で、
思い切り良く決断する事ができました。
 
 
その結果、組織が作れ、
完全自動化できた事によって、レバレッジが働き、
作業を全くしてないのに、利益や売上は上がる。

という、物販ビジネスにおける
理想の状態を築く事ができました。
 
 
 
僕自身の経験からも、
一番最初は、納品代行業者に依頼し
作業を任せる。

という事が、一番簡単でありがなら、
最も作業を手放せる手段になるので、
オススメです。

その一歩を踏み出した事で、
僕は、せどりで行う作業の半分以上を
任せる事ができるようになり、

自由への一歩を踏み出す事ができました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】