アマゾンせどり以外のビジネスを始めるタイミングはいつなのか?

 
こんにちは、つっちーです。

今日は、せどらーさんのお悩み解決、ということで
「売り上げが伸び悩みだすと、他に稼げる手法や別のビジネスが気になってしまう。
他のビジネスをやるタイミングはいつなのか」というタイトルにてお話していきます。
よろしくお願いします。
 
売り上げが伸び悩んでしまうと
「他にも稼げるものがないかなー」って思って
別のビジネスが気になってしまう気持ちっていうのは
凄くよくわかりますよね。

僕もそういう風な部分があったので(笑)

せどりやってても、
せどりやる前にアフィリエイトとかFXとかやってたので、
売り上げが停滞っていうか、伸び悩んでいる状況の中で、
そういう、別のビジネスををやった方がいいかな
とか思う部分もあるんですけれども、

自分なりに年商1億行って、
その中で別のビジネスをやるタイミングっていうのは
いつなのか?っていう僕なりの結論は、

「その事業が完全に外注化出来てから。
せどりで言うんだったら月商一千万円達成できて、
土台が本当にしっかりしてからの方がいいんじゃないか」
と思います。

ていうのもですね、大体そういうの感じる時っていうのは、
月商2、300万とか、行っても500万円ぐらい。

自分一人でやってて、一人でやってると
その上に行くってのが限界になってくるんですね。

自分一人だけで作業をしてると、
それぐらいの金額が限界になると。

そうなってくると
それ以上、利益伸ばしたり売り上げ伸ばしたりするのが難しいので、
「他のビジネスがいいのあるんじゃないか?」って思いがちになるんです。
 
 
でも、実はそうじゃなくて
そこで外注化して、自分がその仕事をしなくても、
売り上げが上がるような仕組みを作るっていうか
それで土台をしっかりさせて、
土台がしっかりした上で自分が他の仕事する
っていうのが大事なんですよね。

僕がなんで月商で1000万円以上、
年商で1億円を達成できたかっていうと、
それぐらいの売り上げまでいくようになると、

ある程度自分でせどりしたあとは、
卸やメーカーから契約を取ったりしてて、
ある程度の仕入先って、土台としてすでにあるんです。

じゃないと、それぐらい積み重ねることは出来ない。

むしろ、2、300万とか500万とか
月の商いがそれぐらいのレベルっていうのは
仕入れによって売り上げが左右されたり、
売り上げの人気商品があるないとか、
仕入れられた、仕入れられない、数を仕入れられた、仕入れられない、
ていう風な要因によって、左右されてしまう状況があると思うんです。
 
 
でも、店員さんと仲良くなって仕入れ先として、ある程度の量を確保できたりとか
卸とかメーカーからリピート注文を取れるようになってくると
ある一定の売り上げのベースが出来るんで

そのベース、土台の上に売り上げを積み重ねることが出来るので
売り上げが落ちてこなくなります。

そうすると、
すごく精神的にも安定してメンタル面も焦りとか、
そういうのに駆られることもなくなるんですよ。

そのためにも、自分が手を離せるような状態になってから
他のビジネスした方がいいなと思うんですよ。
 
 
これも1個また悩みというか
経験したんですけれども、
外注化するときにですね、一時的に売り上げが落ちる状況があるんですね。

それは僕もすごく怖いっていうか、
そこを一歩踏み出す勇気っていうのが必要な状況がありました。

どういうことかっていうと、
コンスタントに300万400万の売り上げが上がってたとして
それは、自分一人で動いて頑張って、それぐらいの売り上げが上がると・・・。

でも外注化して、人を探したり、
外注化した先で人に仕事を教えたりするってなると、
自分が仕入れに行く時間が減るわけで、
作業する時間も減るわけで
人材を育てるっていうことに対して、リソース、作業が割かれるわけですよね。

てなったら、もちろん売り上げが減る、その売り上げが減るのが、
例えば100万とか200万円ぐらいまで減るってなったら
すごく怖いですよね、くいぶちが減るわけですから。
 
でも、そこは1歩踏み出すしかない、
自分の未来を見据える意味で、怖さを受け入れて乗り越えるしかないんですよね。
 
 
その相談もよく貰うので、その時に答えるのは、
村と水が汲める井戸に例えるんです。

どういうことかっていうと、
よくアフリカとか、まだインフラが整っていない国の村とかで
よくある話ですけど、 

村があってちゃんと飲み水、生活に使える水が汲める場所まで
歩いていかなければいけない、みたいな状況がありますよね。

例えばその場所が
村から5キロとか10キロの場所にあるとして、
1日に3往復ぐらいしか出来ないとしましょう。

バケツ1回汲んできて10リットルの水が汲めると、
1日に3回、汲みに行けるってなると、
30リットルの生活用の水を毎日確保できるわけです。

それは、自分自身が作業してるから
30リットル確保できるわけですけど、
でも毎日行ってたら、その量の水だけしか汲めないわけじゃないですか。

だから、それを何とか村まで井戸から水を引っ張ってくる仕組みを
作ることが出来ないかっていうことで、3回行ってた所、2回に減らすと・・・。

そうなった場合、今まで30リットル生活に使えるお水として使えてたわけですから、
減ってしまうのは怖いですよね。
節約しなきゃいけないですし、実際に仕組みを作り上げるまでに
どれくらいかかるかわからない。

ただ、もしそれを作ることが出来たならば、
水道、蛇口をひねれば、水が自分の所に来る
っていう仕組みが出来るわけであって、

しかも、必要最低限確保していた、
2回分の往復も必要なくなるわけですよね。

そういう未来を見据えるために
そういう選択肢を出来るのかっていう部分なんですよね。
 
 
あと1000万円行くっていうのは、
まずそこまで行く、月商でそこまでいくにあたって、
一点突破する方がいい部分があるんです。

それ書いた本で、
エッセンシャル思考っていう本がありますけれども、
別に読まなくてもいいんですけど、

書いてあることは、
「他に力を分散させるよりは、一点突破でやった方がいい」

っていうことを言及している本なので、
それさえ、そのエッセンスさえわかればいいんですよね。

ちなみに僕、「エッセンス」って言いましたし、
エッセンシャル思考ってこれ言葉似てますけれども、

要するにそれは本質っていうか、大事な部分を抜き出すみたいな、
そんな意味があったと思うんですよね。
エッセンシャル思考っていうのは。

その本質の大事な所だけを突き進めよう
っていう風な意味があるんですよね。
 
 
まずは、せどりでやるんだったら、
月商で一千万円ぐらい達成できてから、
一点突破してから、
他のビジネスやった方がいいんじゃないかなと。

外注化も済ませて、自分が手が空いた状態を作ってから
っていう方がいいと思うんです。
 
 
ちなみに今僕は月商で1000万売上げるようになって、
年商も一億円以上っていう状況があって、
しかも自分は全くせどりの業務を触らずに、
外注さんとスタッフに任せている状況があるわけで、

いったらお金も入ってくるし、
でも作業任せてて、やることないんですよね。

それで何もしなかったら暇なわけです。
でも、暇って苦痛なんで、やることないって人間苦痛なんですよね。

だから情報発信とか、コンサルしたりとかしてる。

それはそれで、その情報発信とか
コンサルの部分に集中できるので
別にメンタルの不安とかもないですし、精神的な不安もないですし、
今度はそっちに一点集中、一点突破できる集中力がある
っていう状況なんです。

そうした方が、本当にメンタルやられなくて済むし不安にならなくて済むので、
売り上げが伸び悩んで、他に目移りしてしまう気持ちもわかりますし、
ノウハウコレクターになっていまう気持ちも、すごく分かるんですけれども

あえてそこは、一点突破で、
ある程度の、売り上げの規模感が出来るぐらいになってからじゃないと
両方ともどっちつかずになって上手く行かなくなってしまう恐れがあるので、
その部分を今日の学びといいますか、
一個ポイントして押さえておいてもらえたらなっと思います。

今日も、読んでくださってありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】