ビームせどりとは、何ぞや?

 
こんにちは、つっちーです。

今日は「ビームせどりとは、何ぞや?」
というタイトルにてお話ししていきます。
よろしくお願いします。。

ビームせどりってなんですか、って聞かれることががあるので
今日はそれについてお話ししようと思ったんですけれども、

結論から言うとですね、ビームせどりのビームは
バーコードリーダーのことになります。

バーコードリーダーから放たれる
赤外線のビームのことを取って
ビームせどりって言うんですけれども、

非常に効率が上がるツールとして
せどらーさんが使っている事が本当に多いです。

僕も使ってますし、作業効率が上がるので、
もし、せどりやる事を考えている方は
ぜひ買うことをオススメします。
 
おすすめするんですが、実際ちょっと高いんですよね、
「KDC 200」っていうイイやつは3万ぐらいして、
ちょっとグレードが落ちると言いますか、安いやつがあるんですけども、

「MS 910」っていうのは15000円ぐらいだったかな、
それぐらいの価格で買えるんですね。

僕は最初本当に本当にお金がなかったので
欲しいな・・・、と思いつつも買えない状況がありました。

なので、とりあえず、
まずは自分のスマホで、チマチマ、チマチマ
スキャンして、それでなんとか3万円稼いでから
高い奴の方を買った状況があったんですね。
 
 
っていうのも、スマホでリサーチして、3万円稼げたのであれば
バーコードリーダーというツールを手に入れたら、
もっともっと稼げるようになるだろう。

という判断で、それを購入する事にしました。
 
 
実際に、スマホだけでリサーチして3万円利益が出た後に
ツールを買ってもトントンって言うか・・・。

時間はもちろん投資してますけど、
金額の部分ではそれでプラマイゼロになったので、
そういった考えで3万円稼いでから購入したんですね。

もし、これを聞いてるあなたが
本当に自分にはお金ないんだ・・・
という状況があるんであれば、

そういうふうに、まずはスマホのみでリサーチして
それでお金を稼いでから、バーコードリーダー買う
っていうのもアリだと思います。
 
「KDC200」と「MS910」
どっちがいいですか?

っていうのをよく聞かれるんですけれども、
僕はKDC200の方が高いけれども
良いモノなのでこっちをお勧めしてますね。
 
 
っていうのも、一番の違いはバーコードを読み取る時の
読み取れる距離っていうか、そこに違いがあるんですね。
 
 
KDC200の方は
割と距離があってもちゃんとスキャンしてくれるので、
ショーウィンドウ、ガラスケースの中に入った商品でも
ちゃんとバーコードをスキャンしてくれる。

ガラスがあるんで、もちろん商品との距離があるので、
読み取りづらいんですが、
ある程度の距離でもスキャンしてくれるんです。
 
 
一方、MS 910の方はですね、
ちょっと距離が開くともう読み取れなくなってしまうんですね。

大体 MS 910は改めて15000円ぐらい、
KDC200が3万円ぐらいでその差額が15000円ぐらいあるんですけども、

それぐらいの差額分っていうのは
ショーウインドウの結構単価が高い商品だったりとか、
美味しいものが入ってる、お宝商品が入ってるショーウインドウの中、
ガラスケースの中の商品とか仕入れたら
すぐに取り返せたりするんですね。

何よりも通常時のリサーチ作業、
商品の検品作業などにおいて、
バーコードでスキャンした方が圧倒的に効率が上がるので、
そういった部分を加味すると

差額の15000円ぐらいの投資っていうのは
すぐに回収できる、
僕は、よりそちらの方が効率よく回収できて、
さらに今後の作業においても、
どんどん、どんどん効率が良い作業が続けられるので
僕は値段は張りますけれども、

そっちを買って実際に結果が出たので
KDC200を購入されることをオススメします。
 
 
一番はやっぱり繰り返しになっちゃいますけれども、
せどりやって、「これで稼ぐんだ!」っていう気持ちがあるんだったら
最初から買うことおすすめします。

けれど、実際に稼げるかどうかわからない
っていう心配な部分もある・・・。

自分もそういう部分を感じて、
「最初から3万投資して、もし万が一稼げなくて
それが無駄になっちゃうっていうのは嫌だな」
という気持ちがあったっていうか・・・。

ちょっと前の事なんで、
その時そう思っていたかどうか覚えてないですけど
たぶん、そう感じていて、

だからまず、スマホだけにしよう、って考えだったと思うので、
そういう風に考える人も、これを聞いてる読んでる人でも
同じように考えている人は、当然いると思うので、

改めて、そういう人は、まずスマホだけでやってみて
お金稼いでから、バーコードリーダー購入して
ビームせどりをやってみることをお勧めします。

本当に作業効率が違うので
おすすめのツールなんで、
是非せどり頑張るんであれば取り入れてみてください。

今日もありがとうございました。
 
 
 
◆追伸

作業の効率化を図り、より大きな売上や利益を
出していく為には、投資の考えが非常に重要になってきます。

今回紹介した、バーコードリーダーも
投資の一つですし、

あなた自身が勉強して情報を得て、知識を吸収する事も、
自分自身に対する投資になります。

僕は、とにかく投資マインドを持ち、
自分自身に投資しまくってます。
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】