なぜ、せどりを始めてたった1ヶ月で、派遣社員を辞める決断ができたのか?

せどり初めて1ヶ月で会社辞める

 

こんにちはつっちーです。

今日は、「なぜ、せどりを始めてたった1ヶ月で、
派遣社員を辞める決断ができたのか?」
というタイトルにてお話していきます。
 
僕はせどりを始めて
1ヶ月で200万の売上を達成し、
直後に会社に「辞めます!」と伝え、
その後の引継ぎもあり、1ヶ月後に脱サラできました。

せどり始めてから、2ヶ月で退社できたのですが、
なぜ、そんなにすぐ決断できたのか?
 
 
その背景には、
自分が働いている時間と、給料などを含めた数字を
徹底的に計算した事で得られた情報。
シュミレーションの結果が、大きな確信になった状況が
ありました。

なので、
今日はその事について、詳しくお伝えして行きます。
 
 

◆会社を辞める事に対して、大きな不安を感じていたつっちー

 
僕がまだ派遣社員をしていて、
せどりで稼いた事によって、
「これで辞めれるかも・・・。」

と考えていた時、

やっぱり、正直な気持ちとして

「辞めてもほんとーに大丈夫か?
ちゃんと生活はできるのか?」

という部分をすごく悩んで考えて、
自分なりに思い切った経緯がありました。
 

仕入資金確保より、とにかく会社辞めてぇーーーーー

 
改めて僕は、1ヶ月目にして200万円の
売り上げを上げることができ、
そこですでに40万ぐらいの利益がありました。

その金額だけを見れば、
辞めても大丈夫な状況があると
判断できるかもしれませんが、

せどりは仕入資金が必要になってくるので、
利益を無駄遣いせず

どんどん、どんどん商品を仕入れて
投資していく事によって、
さらなる利益を生せる状況があります。
 
 
だから上がった利益を使わずに、
どんどんぶち込んでまわして行きたかったし、
まだまだ派遣社員として続けていき、

そこで稼いだ給料をさらに商品の仕入れに使う。
という考えもありました。

 
 
しかしそのままずっと働き続けるより、
とにかく

「この社畜の状況から、1分でも1秒でも早く抜け出してーーー」
「さっさと仕事辞めてーーーー!!!」

という、
辞めたくて、辞めたくて仕方がない感情が
自分の心の中で爆発しそうな程ありました。
 
 
そこで、自分の派遣社員としての給料や、
会社での拘束時間にプラスして、
通勤の時間を含めて、
1日のどれだけを仕事の為に使っているのか?

という事を計算しました。

この計算が、僕の決断を後押しするのに
非常に大きく役立った状況があります。
 
 

◆会社に費やしている総時間と給料を計算し、明確な時給を割り出す 

 
それでは早速、
時間と給料をどのように計算したのか?

僕は自分の家から職場までは、
片道1時間、往復で2時間。

会社には8時間勤務で1時間休憩があるので
合計の高速時間は9時間。

上記の2つを合わせると、
1日のうち11時間を、仕事に関係する時間として
奪われていました。
 

仕事に費やしている11時間を踏まえた上で、お給料換算してみる。

 
その時僕がもらっていた時給は1400円で、
9時間拘束のうち、1時間は休憩で引かれるので、
1400円×8時間労働で、日給は11200円。

しかしながら、
移動時間を含めて仕事に費やしている時間は
1日あたり11時間なので、
11200円÷11時間=約1000円

そう考えた時、
1400円という時給は平均よりも高いかもしれませんが、
通勤時間や休憩時間を加味すると、
結局は時給1000円換算となり、

家の近所で、時給1000円の仕事を
11時間やってる事と変わらない状況がありました。
 

せどりの収入が10万円になったとしても、最悪食べていける

 
1日の半分近い時間を、
派遣社員の仕事にとられているにも関わらず、

まずは副業としてやり始め、
会社が終わった後の時間だけ
せどりをしているにも関わらず、
40万円の利益を上げる事ができたのであれば、

会社辞めて自由になれば、
もっと利益が出せるのではないか?
 
 
最悪、もし仕入れがうまくいかず、
今の4分の1に利益が減り、
せどりで10万円ぐらいしか稼げなかったとしても、

その収入がベースとしてあれば、わざわざ往復2時間かけて
家から遠い会社に通うよりマシなのでは?
 
 
仕事を選ばず、家の近くのチャリで5分ぐらいの場所で、
1日5時間のバイトをすれば、

時給1000円×5時間で5000円。
20日働けば、5000円×20日で10万円。

せどりの10万と合わせれば、
合計20万円の収入になる。
 
 
 
そうすれば、男の1人暮らしであれば充分に食べていけるし、
さらに、今まで仕事に費やしていた時間が、11時間なのに対し、

半分以下の5時間になれば、
もっとせどりをする時間が増えるし、
きっと大丈夫だろう!
 
 

最終的には、えいやーーー!という思い切りで、辞める決断をした

 
そんな事いろいろ考えて考えて、ひたすら考えて数字を出して、
最終的には、

「辞めても大丈夫だろう!」
「もしダメだったら、最悪またバイトすればいいや!」

という、えいやーーーーー
みたいな気持ちで、思い切って決断しました。

その決断は間違っておらず、
実際に派遣社員を辞めた後も、
バイトなどはする事もなく、

せどりの仕事は順調に大きくなり、
小売業として会社を立ち上げることにも成功しました、
 
 

◆いざ、辞める事を伝える時には、心臓バックバクだった(笑)

 
ちなみにそこまで色々計算した上で、
自分としても、かなり練りに練った数字ではありましたが、

いざ上司に辞める事を伝える時には、
今でも思い出すぐらい
心臓バックバクで、足もガクガク震えて、
ど緊張したのを今でも鮮明に、
ちょーハッキリと覚えてます。
 
 
しかも、お世話になった上司に、

「折り入ってお話があります。」
と伝えた後、

「なになにつっちー、
まさか辞めるなんて言わないでしょうね。キリッ」

との返し。

げぇーーーーーーッ
俺の心、読んでるのーーーーー

と言わんばかり返しだったので、
余計にギクーーーッ
と思った状況がありました。
 
 
でも、

「つっちーも、2年間頑張ってくれたしね!」

という事で、快く受け入れてもらえ、
引継ぎの部分を考慮して、
1ヶ月後の退社という事で、

無事に会社を辞める事が決まりました。
 
 

◆辞める事への不安と、辞めれる事へのワクワク感

 
いざ辞めるとなった時は、
正直言って不安な気持ちもありましたが、

それ以上に、この社畜生活から抜けられる嬉しさや、

これからも、せどりでガッツリ稼いでやるぞっ!
というワクワク感。色々な感情が入り混じってました。
 
 
でも、何より自分を後押ししてくれたのは、
改めて、上記で考えたお金のシュミレーション。

何度も、何度も計算しまくった点が
決断をする上での、非常に大きな自信となり、
自分のメンタルをサポートしてくれました。
 
 

◆仕事に費やしている時間が、1日合計16時間のTさん

 
つい先日も、
せどりでの脱サラを考えている方と
話す機会がありました。

その方は、朝の6時に家を出て、
帰ってくるのは夜の22時。

実に、1日のうち16時間も
仕事に費やしていました。
 
 
その内訳を聞いてみると、
会社までの通勤に往復で3時間かかっている。
残りの13時間は、会社での勤務、休憩時間、残業
という状況がある。

それだけ働いて、手取り前の総支給額は
残業代を含めて26万円との事。

なので、僕が派遣社員の時にやっていたように、
それを時給換算で計算してみました。

1ヶ月20日出勤するとして、
1日16時間を仕事の為に使ってるから、
1ヶ月だと合計320時間。

それを総支給額の26万円で割ると、
260000÷320=812.5円

要するに、トータルで仕事にかかってる時間を
時給換算で考えると、
時給812円ぐらいしか無かったのです。
 
 
 
その数字を見た時、
彼はひっじょーーーーーにビックリしていたし、
自分の今の仕事状況に愕然とし、
落ち込んでしまったのですが、
それは紛れも無い事実でした。
 
そして、その事実を踏まえた上で考えると、

Tさん自身は、家が都市部にあるので、
仕事を選ばなければ、いくらでも働く場所はある。

まだ家から5分ぐらいの場所で、
時給1000円の仕事してた方が、
通勤時間まで含めるとコスパ的に
良い状況があると言えます。
 
 

◆ちゃんと数字で出すと、大きな自信になる

 
もしあなたが、まだ会社勤めなどをしていて、
いざ辞めるとなった場合、
本当にやめて大丈夫なものかどうか・・・?

悩む状況があると思います。
 
 
でも、僕のように色々計算したり、
自分自身でシュミレーションしたら、
そこで出る数字が、本当に大きな自信になって、
一歩踏み出す事を後押ししてくれます。
 
 
ちゃんと時間の概念を持って、計算したり
お金の数字を出すと、
よりリアリティー出ますし、

「この数字であれば、辞めても大丈夫」

という、大きな自信。
辞める事への確信を持てるようになります。

僕自身もそうやって、自分で自分の事を
後押ししましたし、
この考え方が、あなたが一歩踏み出すキッカケになれば、
すごく嬉しいです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここまで読んで頂きありがとうございました。

僕、つっちーはLINE@とメルマガをやっております。
LINE@では「この商品利益が出ておいしいよ!」と言ったリアルタイムな情報や、
ブログでは書けないマル秘のウラ話を。

メルマガでは、どういった考えや行動をすれば、
自分が全く仕事をしなくても年商1億円、月収で100万円以上を達成できるのか?
という内容をお送りしています。

基本的に登録しておけば、楽しい事や面白い事しか起きないようになってます(笑)


「つっちーマル秘ウラ話」LINE@の登録はこちら

友だち追加

メルマガの登録は下記のアニメ画像
「月収100万円稼ぐつっちーの無料ビジネスメールマガジン」
からもできますし、
LINE@登録後のご案内からでも可能です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業の会社を経営
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

でも僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた能力が
あった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、派遣社員で働くという選択は
しなかった事でしょう。

たまたま良い師匠に巡りあえた事で
こんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】

 

せどり初めて1ヶ月で会社辞める

コメントを残す