なぜ、せどりを始めてたった1ヶ月で、派遣社員を辞める決断ができたのか?

 

こんにちはつっちーです。
今日は、「なぜ、せどりを始めてたった1ヶ月で、派遣社員を辞める決断ができたのか?」
というタイトルにてお話していきます。

僕はせどりを始めて
1ヶ月で200万の売上を上げることができ、
その1ヶ月後には会社を辞めて
脱サラすることができました。

辞めるにあたって、
辞めても本当に大丈夫かどうか?
ちゃんと生活はできるのか?

という部分をすごく悩んで考えて、
自分なりに思い切った状況がありました。

今から振り返れば、辞めて大正解だったのですが、
僕は何を持って決断したのか・・・?

その時に自分なりに考えた事や、
計算しまくったお金の話などを踏まえた
僕の脱サラエピソードをお話します。

◆辞めても大丈夫か?とにかくお金、数字の部分を計算しまくった

改めて僕は、1ヶ月目にして200万円の
売り上げを上げることができ、40万ぐらいの利益がありました。

その金額だけを見れば、
辞めても大丈夫な状況があると判断できるかもしれませんが、
せどりは仕入資金が必要になってくるので、

利益を無駄遣いせず
どんどんどんどん投資していくことによって、
さらなる利益を生む状況があります。

だから上がった利益を使わずに、
どんどんぶち込んでまわしていきたかったし、
まだまだ派遣社員として続けていき、

そこで稼いだ給料をさらに商品の仕入れに使う。
という考えもありました。

しかしそのままずっと働き続けるより、
とにかくこの社畜の状況から、抜け出したい。
辞めたくて、辞めたくて仕方がない気持ちがありました。

そこで、自分の派遣社員としての給料とか、
通勤時間なんかを含めて、
色々と考えて計算しました。

◆1日のうちの約半分、11時間を仕事に拘束されていた。

自分の家から職場までは、片道1時間、往復で2時間。
会社には9時間拘束だったので、
1日のうち11時間を、仕事にとられるわけです。

もっと残業している上司とかいましたが、
他の人がどうだからという話ではなく、

僕は派遣社員として会社にいることが
本当に嫌で苦痛でしょうがなかったのです。

特にせどりをして、
1時間で1万円ぐらいの利益がでる事を知ってしまってからは、
余計ばかばかしく思えました。

拘束時間と給料を徹底的に計算しまくった。

その時、僕がもらっていた時給は1400円で、
9時間拘束のうち、1時間は休憩で引かれるので、
1400円×8時間労働で、日給は11200円。

しかしながら、
移動時間を含めて仕事に費やしている時間は
1日あたり11時間なので、
11200円÷11時間=約1000円

そう考えた時、
1日の半分近い時間を、派遣社員としての仕事にとられている。
それにも関わらず、副業として取り組んだせどりで、
40万円の利益を上げる事ができたのであれば、
会社を脱サラして自由になれば、もっと利益が出せるのではないか?

最悪、もし仕入れがうまくいかず、
せどりで10万ぐらいしか稼げなかったとしても、
その収入がベースとしてあれば、わざわざ往復2時間かけて
家から遠い会社に通うより、
自分の家の近くの、チャリで5分ぐらいの場所で、
1日4時間ぐらいバイトすれば、食べてはいけるだろう。

そんな事いろいろ考えて考えて、ひたすら考えて、
辞めても大丈夫だろう。
もしダメだったら、最悪またバイトすればいいや
という気持ちで、決断しました。

 

◆思い切った決断で脱サラ成功

その決断は間違っておらず、
その後バイトなどはする事もなく、せどりの仕事は順調に大きくなり、
小売業として会社を立ち上げることにも成功しました、

ちなみにそこまで色々計算した上で、
上司に会社を退社することを伝えたわけですが、
いざ辞める事を伝える時には、心臓バクバクで、足も震えて、
ド緊張したのを今でも鮮明に覚えてます。

しかも、お世話になった上司に、

「折り入ってお話があります。」
と伝えた後、

「なになにつっちー、
まさか辞めるなんて言わないでしょうね。キリッ」

と言われたので、余計にギクッ
とかなった状況がありました。

でも、快く受け入れてもらえ、
引継ぎの部分を考慮して、
1ヶ月後の退社という形で決まりました。

◆お金と数字の部分を計算しまくったからこそ、辞める事に自信を持てた

いざ辞めるとなった時は、不安な気持ちもありましたが、
それ以上に、この社畜生活から抜けられる、
嬉しいさでいっぱいでしたし、
自分で金額を計算しまくった部分も、
辞める事の自信になりました。

もしあなたが、まだ会社勤めとかしてて
いざ辞めるとなった場合、本当にやめて大丈夫なものかどうか
悩む乗用があると思います。

でも、自分のように色々計算したり、
自分自身でシュミレーションしたら、
それが本当に自信になって、一歩踏み出す事を
後押ししてくれます。

このメールを通して、
脱サラや一歩踏み出すキッカケになれば
僕としても嬉しいです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった理念や考え方を、下記の記事で公開しています。

年商1億、月収100万円になれた、つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記の画像をクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】