amazonせどり、不良在庫の商品どのように扱えばいいのか?

こんにちは、つっちーです。
今日は「アマゾンせどりで不良在庫になってしまった商品は、どのように扱えばいいのか?」
というタイトルにてお話していきます。
よろしくお願いします。

せどりをやっていて、
もちろんみんな、最初は利益が出る商品
利益を出そうと思って商品を仕入れるわけですけれども、
出品者の大量増加とか
大量の在庫を持った人の出品によって価格の下落を余儀なくされる、
そういう事はよくある話です。

特にライバルとしてAmazonが出てきた時なんかは
価格の下落、価格競争に
必然的に巻き込まれてしまうので、
値段を下げざるを得ない状況があったりします。

そういったときに、
人によっては利益を出すためにずっと持ち続ける。
赤字になるのが嫌だということで
3ヶ月、半年、場合によっては1年ぐらい
持ち続ける人もいると思うんですけれども。

僕は早く売り切って資金を回収して
次の新しい商品に投資していくっていう
考え方がいいんじゃないかなと思います。

もちろん商品それぞれに違いはあるんですけれども、
回転率を上げていく、効率を上げていく方がいいんじゃないかな、
っていう風に考えています。

ここでひとつパターンをあげてみたいと思います。
あるAという商品を購入して、その商品の仕入れ価格が10,000円でした。
Amazonで販売する価格は12,000円を見込み価格としていて
今現在もその価格で売れています。

なので、その値段で売ったら10,000円で仕入れて
1,000円手数料を払って
1,000円が自分の利益になる
っていうような状況って非常に多いです。

そんなパターンばっかり、みたいな。
そんな金額帯って
家電を仕入れるとすごく多いです。

それで売れたら良かったんですけれども、
出品者がすごく増えてきて価格競争に巻き込まれて、
値段が下落してしまうっていうこと、
これも非常によくあります。

そうなった場合、とんとんで売り切れたら御の字で
場合によっては赤字になってしまう、
ということもよくあるんですけれども、

そうなったときに、
10,000円で仕入れて10,000円でそれを売った場合、
Amazonに手数料を取られてマイナス1,000円ってことは
10,000円で仕入れたのに9,000円しか返ってこない。
これはマイナス1,000円の赤字になってしまいますよね。

でも、それが嫌で
ずっと3ヶ月半年商品を売らないで持ち続けるよりは、
僕はある程度見切りをつけて売っていった方が良い、
不良在庫にしてしまうよりは資金を回収した方が良い、
って考えています。

というのも、9000円で返ってきて
そのお金で新しい商品を仕入れたとします。
同じように利益率10%だと
今度は9900円となって返ってくるわけですね。

その9900円で商品を購入して販売して
利益率10%となると今度は990円の利益になるわけです。

ちょっと990円だとわかりにくいので、
1000円の利益が出たと考えると、
その時点で10900円になるわけですから、
一番最初の10000円で仕入れたっていう事を考えると
900円の利益が出たっていう事ですよね。

1ヶ月に1回ずつ商品を販売していって、
回転させていったって考えた場合、
2ヶ月で当初の10000円から10900円になることができた
っていう風に考えられます。

でも、なんとかこの商品を黒字で売りたいんだ、
ってずっと保持していて
3ヶ月半年経っても商品をずっと持ち続けている。
となると本当に効率が悪いですよね。

資金効率も悪くなるし回転率も悪くなる。
商品もお金も両方が滞ってしまうので良くないですね。
本当に不良な在庫、
良くない在庫になってしまいます。

だからそういう状況にしてしまうのか、
それともお金を回収して次に投資していくのかどうか
っていうのは本当に
個人事業主であり経営者でもある
僕ら、そしてこれを聞いてるあなたの
判断になってきます。

その部分を考えたりとかデータを取ったりして
見極めていくっていうのは大事になってきます。

1つ、面白いのは、
これは本当に僕の感覚の中でしか言えないことなんですけども
何とか高値で売りたいとか
何とかこの商品は黒字にしたいんだとか
って言って留めておくと
なぜか他の商品の売れ行きも悪くなったりします。

でも、赤になってもいいから資金回収を早くして
効率を良くしてどんどんどんどん売っていくんだ
っていうふうなマインドでいると、
なぜか、なかなか売れ行きが良くない商品も
一緒に連れて売れていったりするみたいな状況があります。

これはなぜか分からないんですけども
本当にそういう状況があるんですね。

この状況を僕なりに例えてみるならば
「川の流れに似てるな」って思ったんですね。

川の流れって
チョロチョロ、チョロチョロ水の流れが少ないときは
なかなかその川のフチっていうか、川の端の方は、
汚い藻とかコケみたいなものが、ずっとそこに留まっていて汚いし、
なかなか流れていかないですよね。

でも雨が降った後とか
水の量が多くなって川の流れの勢いがあるときは、
そういった川のフチの汚い藻だったりとか、ゴミだったりとかっていうのも
綺麗に流れていきますよね。

それと全く同じで、
せどりっていうか物販のビジネスも
モノを自分のところに経由させていって流していく仕事
そういう感覚が僕の中にあるんですね。

商品を流していく、
実際に商品が売れていくことを
「商品の流れがいい」とか「売れ行きの流れがいい」とか
言うように、流していく部分がある。

その蛇口と言いますか、水を流す量っていうのは
経営者それぞれが考えていくべきこと、
判断によって決めていくべきこと。

だから、ある1つの商品だけが赤字になるのが嫌だから
価格を高いままにするって言うと
水の量を少なくしたり、蛇口を閉めるみたいな
そんな部分があるじゃないかなと考えています。

そこは総合的に判断しなければいけないんですけれども、
商品を流すと言いますか、水の量を調整するように販売していく。

赤になるのか黒になるのか
トータルで利益は出るのか出ないのか
っていうのを総合的に判断して、

「この商品は赤字になってもいいから、販売していって資金を回収しよう」
とか、
「この商品は売れ行きが悪くても、赤字になることを避けて高値で売っていこう」
とか、そういう判断を総合的にして
ご自身のせどりのビジネスをうまく回転させていってもらえたらな
と思います。
 
 
不良在庫になってしまう商品っていうのは
商品をたくさん仕入れれば仕入れるほど
やっぱり出てきます。
出てこないのは奇跡と言って良いほどですね。

なかなかやっぱりうまくいかない部分って言うか
そういった部分を経験すると思うんですけれども、

それさえも流していくことによってうまく行く、っていう考えを持つと
非常にビジネスがうまく回る、いい回転になるので、
そういうのを是非今回の話から理解と言いますか、
何か一つきっかけ、ヒントになればいいな、と思います。

今日もありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった過程を、下記の記事で後悔しています。

年商1億、月収100万円になれば、僕つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【こちらをクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】