Amazonせどり、FBAとはそもそも何なのか?

 
こんにちは、つっちーです。

今日は「Amazonせどり、FBAとはそもそも何なのか」
というタイトルにてお話していきます。

よろしくお願いします。

Amazonせどりを始めるにあたって、
FBAという言葉を耳にする事があると思います。

これはですね、
フルフィルメント バイ アマゾン、
という文字の頭文字となっていて、
フルフィルメントをAmazonが提供してるって事なんですね。

このフルフィルメントっていうのは何なのかっていうと、
ウィキペディアみたいな感じになっちゃうんですけれども、

商品を受注してから決済までの業務を、
全部代行してくれるよって事なんですね。

お客様からの商品を受注して、
それを商品梱包して、
お客様の届ける配送までやってくれて、
しかも入金管理も、
お客様からのお問い合わせとか、
クレームとかも全部やってくれる。

そういった事務作業を全部Amazonがやってくれる、
それがフルフィルメントバイアマゾンって事で、
FBAっていうんですね。

本当に非常に便利なサービスなので、
僕はこれなしでは、
派遣社員辞めれなかったんで、
つくづく思います。

FBAはそもそも何なのかってよりかは、
そこをうまく活用して欲しいっていう事を、
ちょっと今日は、
メインで話していきたいと思っているんですね。

Amazonでそれを提供してて、
ある意味僕らは、そういった業務を、
Amazonに外注できるっていう価値観、
そういう部分を持ってほしいですね。

例えば、ヤフーショップとか、
楽天市場とかで同じように商品を販売する、
出店型っていう形で商品を販売しても、
お客様とのやり取りとか、
受注とか、入金管理っていうのは、
全部こっちでやらなきゃいけないんですね。

それってまあ、
手間がかかるし、何かあった時、
すぐに対応しなきゃいけないので、
結構自由が利かないんですよ。
時間も拘束時間すごく取られたりしますし。

その点、Amazonで注文が入ったら、
すぐにお客様に発送して、
入金されたかどうかって、しっかり管理してる。

Amazonがやってくれるサービスっていうのは、
すごく便利なんですよね。

僕らお金稼ぎたいのはもちろんですけれども、
時間的な余裕もほしいですよね。

お金稼げるのはいいけど、
ずっと作業ばっかりで一日潰れて、
1週間休みない、
1か月休みないとかってやっぱ嫌じゃないですか。

そうじゃなくて、金銭的な余裕、
お金も入ってきて、
そのお金を使う時間的な余裕も、
もちろん欲しいじゃないですか。

家族と旅行に行ったりとか、
友達とご飯食べに行ったりとか、
彼女とか恋人とか、
嫁さんにね、家族サービスしたりとか、
恋人と一緒に遊びいくとか、
恋人なんかしんないけど2回言いましたけど。

そういう時間的な余裕が欲しいですよね、
そうなった時に、
色々な業務って外注できるんですよ。

仕入れはね、ちょっと難しいんですけど、
仕入れを外注するって、
でも究極言ったらそれを人にやってもらうって事で、
自分が手を空けるっていうか、
自分の作業から離すっていう事も大事ですし。

考え方、概念として、
Amazonは僕らに商品を納入する、
って事を外注してるわけですよね。

Amazon自身で仕入れられないような商品を、
「お前ら仕入れて来いよ」って言って、
僕らは「じゃあ分かりました」って言って、
商品仕入れてくるわけじゃないですか。

それをAmazonの手順に沿って納品してる、
それがAmazon側から、
僕らに投げられてる外注作業っていう事ですよね。

僕らは手数料取られる代わりに、
集客の部分もそうですよね、
Amazonほど集客できるかって言ったら、
なかなかできないですから。

集客とか販売とか受注とか、
そういうのも全部やってくれる。

僕らせどりしてる人は、
Amazonにそういう部分を外注していると言えるわけですね。

そういうお互いが
外注で持ちつ持たれつという関係がある、
Amazonが僕らに、こういうふうにやってください、
っていうマニュアルっていうか
FBAを使ってAmazonで商品を納品する場合には。

このやり方でやって下さいって事を振って、
僕もそうだし、
もしあなたがせどりを実践してるんだったら、
あなたもそうだし、
他のせどらーさんとか業者さんとか会社さんがそれを、
滞りなく遂行できてるって事は、
それさえも外注化出来るわけですよね。
自分以外の人に。

だから僕は自分の会社でスタッフ雇って、
そのスタッフにやらしてる状況がありますし。

さらに卸とかメーカーから一回商品が入ってきて、
その商品の納入先を、発送代行業者にしてるので、
自分の会社を経由する事なく、
Amazonに商品を納品するっていう。

そういった流れが出来てしまってるんで、
そういうふうに、どんどん、どんどん外注していく、
っていう考え方が大事なんですよね。

自分の手を空けるっていう考え方です。

そしたら自分はどうやったら仕組化が出来るか、
外注化が出来るかっていう事に、
頭の中に考えてリソースを割けるので、
そういうふうにしていくと、
どんどん、どんどん売り上げも利益も大きくなっていくって事です。

フルフィルメントバイアマゾン、
FBAの仕組みが無かったら、
やっぱりなかなかここまで、
会社大きくならなかったですし、
自由にもなれなかったですし。

本当に便利な状況があるので、
中には、自己発送とか自社発送しなければいけない商品とか、
訳あってする商品だったりとか、
高額で心配な物なんかは、
自己発送する事はあるんですけれども、

なるべくその仕組みっていうか、
サービスを活用してですね、
是非お金だけじゃなくて、
あなたの時間的な余裕っていうのも、
手に入れて頂けたらなと思います。

今日はFBA、
フルフィルメントバイアマゾンに関する説明でした。

今日も聞いてくださって、
読んでくださってありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は30歳を過ぎて派遣社員として働いていたものの、
そこからせどりをはじめて、たった1ヶ月で月商200万
利益では40万を稼ぎ出し、2ヶ月で脱サラする事が
できました。

今は、せどりからステップアップして物販、小売業を営み
年商1億円の売上を達成しています。
しかも、完全自動化、外注化の仕組み・システムを作ったので、
自分が働く事は全くありません。ノータッチです。

すんんっっっっごく怪しいですよね。
「そんなんウソでしょ?」、「どうせ詐欺でしょ?」
といった事も言われます。

僕はもともとビジネスが得意だった訳でもなければ、
お金を稼ぐ方法を知っていた訳でも、何かに優れた
能力があった訳でもありません。
もしそんな能力があったなら、安い給料の派遣社員で働く
なんて選択はしなかった事でしょう。

そんな僕でもビジネスに取り組む過程で
自分に自信が持てるようになり、年収で1億円以上、
月収でも100万円以上を稼げるようになりました。
仕事だけじゃなく、プライベートもすごく充実してます。

こうなれたのは、結局は慣れの部分です。
どんな人でも稼げるようになるし、
ちゃんとした知識を学べば、自信を得て稼げるようになる。

僕、つっちーが慣れて、年商1億、月収で100万円を稼げる
ようになった過程を、下記の記事で後悔しています。

年商1億、月収100万円になれば、僕つっちーの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【こちらをクリックして、派遣社員月商200万物語の続きを読む】